東海道 線 路線 図。 JR身延線の路線図

東海道本線の路線図、時刻表、運賃・料金・定期、お役立ちアプリなど

12月13日:袋井駅 - 中泉駅間に太田川仮信号場(2代目)を開設(廃止日不詳)。 :東灘駅 - 神戸駅間が複々線化。 12月1日:馬郡駅を舞坂駅に改称。 :貨物支線 汐留駅 - 東京市場駅間 1. バス停• 12月:用宗駅 - 焼津駅間の経路を経由から内陸側の経由に変更。 新線と東灘駅 - 小野浜駅間で旅客営業開始。

>

JR身延線の路線図

伊東線• (昭和57年)11月15日:貨物支線 千里丘駅 - 吹田操車場 - 大阪貨物ターミナル駅間 10. (貨)が開業。 7月6日:鷲津駅 - 豊橋駅間が複線化。 81 km)が延伸開業。 直通運転• 乗換路線 乗換路線はありません• (昭和48年)10月1日:貨物支線() 汐留駅 - 東京貨物ターミナル駅 - 塩浜操駅間 16. :磯浜仮信号所が廃止。 国府津• の行啓のためが停車した。 :品川駅 - 大森駅間に大井聯絡所を開設。

>

東海道本線の運賃・路線図・時刻表

4月20日:篠原信号所を駅に変更しが開業。 所要時駅間は35分。 :田町仮停車場が廃止。 八幡信号場 - 名古屋港駅間に東海橋乗降場が開業。 (昭和14年)• 用宗駅 - 焼津駅間の石部信号所が廃止。 70 km)が延伸開業。 1896年(明治29年)度:神奈川駅 - 程ヶ谷駅間の軍用短絡線をから譲り受ける。

>

東海道線(JR西日本) 路線図

4 km が廃止。 (大正6年)• 10月1日:東京駅 - 品川駅間の地下別線(、のち横須賀線)が開業。 10月1日:高島線 海神奈川信号扱所を千若信号場に変更。 そのひとつである逢坂山(大津駅 - 京都駅間)はが新たに造られ(大正10年)に現在のルートになった。 4 km に営業キロを設定。

>

東海道線「快速アクティー」停車駅?グリーン車?料金比較【街画コム】

(大正14年)• 一方関西では(明治7年)の - 間の仮開業を経て、(明治10年)に - 神戸駅間の営業を開始。 0 km。 :河瀬駅 - 能登川駅間が複線化。 磐田市• ポーセラーツ• 高島口乗降場が閉鎖。 77 km)が延伸開業。 5 km 、小野浜駅が神戸港駅(こうべこうえき)に改称。 程ヶ谷駅(現在の)・・・・・が開業。

>

東海道本線

2月1日:住吉駅 - 三ノ宮駅間に灘信号所(現在の)を開設。 新線上に横浜駅(2代目、現在のの付近)が開業。 昭和中期 [ ] 電車特急「こだま」 (昭和20年)に日本は敗戦を迎える。 61 km)が廃止。 (貨)西名古屋港駅が開業。 :小野浜駅構内扱いとして神戸港荷扱所開設。

>

東海道本線の運賃・路線図・時刻表

28 km)が開業。 乗換路線• 国鉄時代の『日本国有鉄道線路名称』では、本路線を指す名称として「 東海道本線」が使われており、「 東海道線」の名称は東海道本線およびその支線だけでなく、・・・・・・などを支線として含む総称として使われていた。 大宮通仮停車場が廃止、が開業。 11月:貨物支線 深谷駅 - 長浜駅間が休止。 4月1日:平塚支線(1. 馬場駅 - 大津駅間の旅客営業が廃止され貨物支線となる。 5月20日:品川駅 - 新鶴見操車場間に丸子信号場を開設。 2月8日:岡本仮乗降場(2代目)が開業。

>

東海道線(JR東海) 路線図

:横浜駅京浜線ホームが完成し、横浜駅 - 桜木町駅間の現在線が使用開始。 中央線• しおり• 同時に東京駅 - 高島駅間で電車(現在の)の運行が開始されている。 1 km。 向かう• さらにの乗り入れ、(平成9年)からの京阪神緩行電車の・直通運転、(平成13年)開業の など、新たな運行形態も登場させている。 (昭和13年)• :が開業。 :新所原仮信号場を開設。

>