スタンリー マイヤー。 フリーエネルギーが広まれば闇の世界支配はすぐに終わる~水が燃える仕組み

かなり昔なんですが、水で走る自動車が開発された!と聞いたような覚えがあ...

このタンパク質分子は158からなり(配列は最後に示す)、4本のがループ(ウイルス粒子軸の側に突き出る)を介して連結している。 - アメリカの推理作家。 作業方法が 簡単で、わかりやすい写真付きのマニュアルも商品に付いており、わからないことは問い合わせれば、プロの方に答えてもらえるので、初心者でも安心して取り組むことができます。 同氏は英国人で、米ゼネラル・モーターズ(GM)などを経て2012年10月にタタ自社長に就任した。 謎の死の理由に対する意見 水で走る車が流通すると、石油メジャーや産油国は商売ができなくなります。 世界中の企業がこの技術を欲しがります。 第一ガソリン代に比べれば水道代なんてタダ同然じゃないか。

>

ガソリン利権の関係者による殺人!?謎の死を遂げたスタンリーメイヤーと水素自動車

しかしながら、いまだに実用化されたという話を聞きません。 この記事の目次• ところが、そのお祝いの席で出されたジュースを飲んだところ、急に苦しみだして死んでしまった。 スタンリーがジュースを飲むやいなや 喉をかきむしり 激しい嘔吐にみまわれました。 この事実に着目したのが天才物理学者ニコラ・テスラであった。 だから実用化される前に殺してしまえ、潰してしまえ。 発明者が死んでしまったので、どんな方法で水を分解するかよくわかりませんが、だとしても、水を分解するには必ずエネルギーが必要になります。

>

フリーエネルギーを公表すると殺される。!!! (飄(つむじ風)) 忍

。 著書『水を燃やす技術』(2008年、三和書籍)には、具体的な原理とノウハウが詳述されている。 水から走行エネルギーを取り出すことはできません。 - アメリカのアニメ。 「『水』を燃やす! 水エンジン車も登場」(2014年12月号)、「やはり『水』は燃える! 〝オオマサ・ガス〟の奇跡」(2015年2月号)。 TMVの構造 TMV Virus Super Resolution Mikroskopie TMVのウイルス粒子は棒状の外観を示し、長さ約300 nm、直径約18 nm。 その記事によると、電気分解エネルギー<<<燃焼出力エネルギーなのだと言うものらしい。

>

フリーエネルギーが広まれば闇の世界支配はすぐに終わる~水が燃える仕組み

彼らは、水で走る車 を開発していた、という噂がある。 つまり、1リットルの水でこれだけ走れるのだ!マイヤーの水エンジン車が83リットル弱の水で大陸横断できるののも当然だろう。 ただ、問題なのが誰に毒を盛られたのかということです 水が燃料になるということは、石油がいらなくなります。 それをフリーエネルギーという。 1998年3月20日 開発に成功したスタンリーは二人のベルギー人投資家と挙げたクランベリージュースの祝杯を一口飲むと、急に喉を押さえて激しく嘔吐し、「毒を盛られた」と言って、意識を失い死亡する。

>

大企業の利益を損なうエネルギー問題の解決策は葬り去られる ~水を燃料とする燃費40km/Lの自動車~

昔アメリカはオハイオ州の片田舎に スタンリーとスティーブンという名前の双子の兄弟がいました。 - アメリカの神経学者、生化学者。 だが、いくつか集まった これらのニュースは興味深く、 「噂めいた都市伝説」としては面白い、と筆者は思うのである・・・。 日本の各地で、現存する大手企業、中小企業、 世界の各地で、 水で走る車が実現している していた のではないか?という 都市伝説の記事。 そうなれば、いちいちガソリンスタンドまで行く必要がなく、庭先の蛇口からホースで燃料タンクに水を入れればいい。

>

信じるか信じないかはあなた次第です。その2:2019年8月9日|ここもむのブログ|ホットペッパービューティー

ところが彼は突然、苦悶し始め、抱えられて外に出たマイヤーは「奴らに毒を盛られた!」と最後の言葉を残して昏倒し、絶命した。 785L の水道水で100マイル 160km 走る自動車だったらしい。 それは ガソリンの代わりに水で動くエンジンの研究と制作でした。 その理由を一言でいえば、 「ガソリンはエネルギーポテンシャルがメチャクチャ高いが、水はエネルギーポテンシャルがメチャ低いから」 ということです。 私は、電話でその誠実なお声に接したこともある。 バイクにバッテリーを積んでいて、このバッテリーの電気で水を電気分解して水素を得て、その水素を燃料にしてエンジンを動かしています。 ウイルス粒子は内部に直径約4 nmの孔をもつ筒状であることが電子顕微鏡により示されている。

>

水や空気で走る車がすでに実用化されている? 無理

という話。 良く考えてみて欲しい。 宿主細胞内でもこのメカニズムにより会合が起こると考えられる。 1リットルの水から2000リットルの酸素混合の可燃ガス(ブラウンガス)を発生させ、350~400キロも走行できたという。 しかし、不幸にも抹殺された。

>