ストライ ベック 曲線。 軸と軸受(ベアリング)の潤滑

グリース選定の目安と塗布量管理

摩擦という言葉は日常生活でもよく聞きにし、 摩擦 は小さいほうがいいと言われることが多いのではないでしょうか? 摩擦を減らすファクターの一つとして、潤滑があります。 ところで10W-50は粘度そのものではなくてSAE粘度規格の粘度番号を表しています。 みなさんエンジンオイルは何を使っているでしょうか? 僕は写真のカストロールRSです。 この状態で動かそうとすれば、 かなり強い摩擦が起こります。 図1 ストライベック曲線 図1に示したとおり2面間の摩擦状態は、潤滑油の粘度、すべり速度および荷重により3つの領域に区分することができます。 いずれにしても万能なテクスチャは存在しないということを強く申し添えたい。

>

「エンジンオイルとトライボロジー」タツゥのブログ | 今日もバツグン

これは、軸受の材料には、焼き付きにくさや馴染みやすさが求められるためです。 トライボロジーとは、日本語で摩擦摩耗学を意味しています。 この領域で、温度の上昇による潤滑油粘度の低下やすべり速度が低下するか、あるいは荷重が増加すると2面間に介在する潤滑油の油膜厚みは薄くなり摩擦係数は小さくなります。 この状態で使用を続けると、回転軸や軸受が過熱し焼き付きが発生する恐れがあります。 また、軸受内のグリース分布状態による抵抗の違いについても考慮する必要があります。 まとめると,流体潤滑域を広げるには,(1)できるだけ表面粗さを抑えて境界潤滑に遷移するすき間を狭くし,その状態ですき間の約2倍の深さのテクスチャを加工する,(2)親水性表面とする,ことが,また,流体潤滑域での摩擦を下げるには,(1)溝深さを深めにする,(2)撥水性表面とする,ことが有効であると言える。

>

「エンジンオイルとトライボロジー」タツゥのブログ | 今日もバツグン

僕は6年くらい前まで、言葉は聞いたことはあるけど、意味を知りませんでした。 エンジンを長持ちさせたい僕としては、なるべく摩耗させたくありません。 摩擦と潤滑油-縁の下の力持ちといわれる潤滑油は、私たちの社会に決して欠かすことのできないものといえるでしょう。 なぜでしょう。 解説します。

>

ストライベック曲線:実験結果と理論的予測

軸受を潤滑する目的 運動部分がある機械・装置には原則的に潤滑装置が必要です。 これを避けるには回転軸と軸受の素材に配慮が必要で、さらに潤滑油による潤滑にも注意しなければなりません。 I.固い表面同士が連続した潤滑膜でへだてられていて,その厚さは表面あらさに比べかなり大きい。 これは微視的に見て、油膜が破断していくことによる現象です。 柔らかい軟骨を介して運動する生体関節における潤滑や、雨の日に長靴がマンホールの上では滑りやすい、などがその具体例と言える。

>

ストライベック曲線:実験結果と理論的予測

このように、「ストライベック曲線」を用いることで、粘度、速度、荷重について、潤滑状態を考察することができます。 J-GLOBALでは書誌 タイトル、著者名等 登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。 するとその状態点は曲線にそい,たとえばA点からaの方向へ向い,摩擦係数はだんだん小さくなり,流体潤滑理論どおりにいけば原点に限りなく近づけるはずですが,そうはいきません。 固体に挟まれて 潤滑剤は...固体表面にくっつき、 化学反応を起こして潤滑膜をつくり、 摩擦、摩耗を少なくします。 しかしながら,一般的には,流体潤滑領域の拡大と流体潤滑領域での摩擦低減は相対する要求であり,同時に満たすことは難しい。

>

ストライベック曲線

しかしながら,近年のテクスチャ加工の多様化は,流体潤滑領域の拡大や流体潤滑領域での摩擦低減など,高荷重域における摩擦特性向上をも視野に入れ,かつ,それらの効果を意図的に狙うことを可能としている。 その後も各方面での研究開発が進められ今日のころがり軸受工業の発達をみるに至ったのは,一つにStribeckの20有余年にわたる研究結果の賜として,彼の業績の偉大さを賞讃しなければなりません。 ただし、人間関係については取り扱っていないので、注意が必要です。 スライダ軸受のストライベック曲線から見るテクスチャ設計の基礎 はじめに, 図1に示すような傾斜平板軸受(スライダ軸受)を考える。 なのでそのときのために添加剤が入っています。 バランスがくずれ,不安定状態となるとbの方向へ向います。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

>

環境にやさしい省エネグリース|潤滑油研究|ENEOS

このような場合、適正なグリースの選定はとても難しく、トライアル&エラーを繰り返して模索していくことになります。 摩擦係数は0. 2 液体...油、エマルション、水溶液(ソリューション)、グリース(半固体状) 一般にはオイルが代表格になりますが、燃えると危険な場所には水をベースにして 潤滑剤をいれています。 そんなような構造と 思ってください。 摩擦面に働く荷重を油圧で受け止めます。 給油装置: 軸受に潤滑油を供給する装置で、軸受の種類や使用条件によってさまざまな形式のものがあります。 よくオイルに入れられているのは、無機化合物の二硫化モリブデンやセラミックスで、 モリブデンの方は層状結晶構造なので(新聞紙を重ねて積んでおいて、走ってきて その上で急に止まると、新聞紙が、ずれてすべってしまいます。 こうした凸凹面に荷重がかかったら、どういう状態になるでしょうか? 次にその状態を表します。

>