木村 太郎 アメリカ 大統領 選挙。 「4年前の繰り返し」木村太郎氏は今回もトランプ勝利を予想

米大統領選挙、4年にトランプ当選を予測した木村太郎氏、渡瀬裕也氏、藤井厳喜氏の予測

木村太郎は、戦前、アメリカのカリフォルニア、バークレーで生まれています。 そういう意味で、今の木村太郎は、どの局にも属さないフリーのジャーナリストであることから、何を言っても怖いものがありませんでした。 予想との相違について説明を求められた木村氏は、共和党が上院では、開票途中の現段階で既に改選前と同じ議席数を確保し、さらに数議席伸ばしそうだとして、その重要性を指摘、 「共和党は下院で負けても全体的には大勝利」 と、トランプ大統領の「とてつもない成功」に沿うような認識をみせた。 一方トランプ氏勝利の確率は32%から34%へ上昇した。 当日投票する人はトランプ大統領支持者が多いため、即日開票の結果はトランプ大統領がリードし、その後、郵便投票の票が開くにつれてバイデン氏が挽回していく形になると考えられます。

>

木村太郎・ジャーナリスト

そうした中、木村さんは、トランプ氏圧勝を予測しました。 「僕は昨日の晩、すっごいいい気持ちで一杯飲んで寝て、今朝起きてビックリして。 (後略)」 アメリカン・センター訳) マスコミなどでは、選挙人は大統領選挙の一般投票で最大得票の候補者の選挙人団に勝者総取りで配分されると解説されるが、それは各州の議会がそう定めた慣習に従っているからだけで、 選挙人選出の主体はあくまでも州議会にあるのだ。 133年前の法律がトランプ大統領を救う?!逆転を可能にする奇策が浮上。 その最大の理由が、前回トランプ勝利を予想した世論調査会社・トラファルガーグループが、今回もトランプ大統領再選を予想していること。 一方バイデン陣営は、この策を「トランプのクーデター」と非難しているが、憲法と制定法に規定されていることなので非合法なクーデターとは言えないだろう。

>

米大統領選挙、4年にトランプ当選を予測した木村太郎氏、渡瀬裕也氏、藤井厳喜氏の予測

「各州議会の共和党議員の皆さん。 木村太郎のジャーナリストとしての素養はその生まれにあった?! 木村太郎のストレートで現実主義的な性格は、その出生に1つの鍵があるのではないでしょうか。 が、前回は世論調査の予想を覆してのトランプ候補の勝利でした。 『なんで(トランプ大統領が)負けたか言え』と言われ『わかんない』と言った。 あなた方が選挙人を最終的に決めるのだということを忘れないでください。

>

トランプ氏敗北理由「わかんない」…木村太郎さんが講演で「彼はこれから4年選挙運動やり続ける」(石川テレビ)

この他、再集計が行われるとされるウイスコンシン州やミシガン州、ジョージア州も議会は共和党が多数だ。 「トランプのクーデター」なのか この133年前の法律は、2000年の大統領選でアル・ゴア候補とジョージ(子)・ブッシュ候補のフロリダ州の得票が再集計で長引いた際、フロリダ州議会で共和党が多数を占めていたことからブッシュ陣営が適用することを計画したと伝えられたが、その前にゴア候補が敗北宣言を行ったため実現しなかった。 木村太郎は、そんな一家に育ち、現実的なリベラリストとして、世の中を見る目を培ったのではないかと考えられます。 ジョー・バイデン候補が勝利宣言を行い追い込まれたトランプ大統領は「司法の場で決着させる」とまだ諦めていないようだが、 逆転を可能にする奇策が浮上してきた。 だからトランプが勝つだろうと。 「グッディ!」では木村氏について、2016年の米大統領選の際、「トランプ氏の大統領当選なんてありえない」という予測が主流を占めていた頃から、「そんなことはない」と言い続け、「隠れトランプ支持者」の存在を重視する論評を展開し、「結果は(トランプ大統領の誕生という)その通りになった」と紹介。

>

消沈?の木村太郎氏へ小倉智昭「トランプさんの往生際の悪さと似てる」と苦笑/芸能/デイリースポーツ online

ジャーナリストの木村太郎氏が6日、フジテレビ系「とくダネ!」で、トランプ大統領が会見を行い、選挙に不正な介入があったなどと訴えたことに「言いたかったんでしょうね、不平不満を」と語った。 おまけに木村太郎本人としては、ニュース後の気の利いたジョークとしての駄洒落が、少なからぬ数の視聴者に不興を買っていたのも、また紛れもない事実です。 加えて1887年に制定された「選挙人算定法」には、その運用を具体的に規定した次のような「セーフハーバー(承認領域)条項」がある。 これまで大統領選の結果と付合してきたアイオワ州を「リトマス試験紙」と例え、トランプ氏が逆転したことに注目した。 木村太郎の問題発言が止まらない!ジャーナリストとしての評価は? 木村太郎は78歳にしてトランプ大統領の誕生を言い当てたベテランジャーナリスト 木村太郎は、1938年生まれの78歳。 だから最高裁に訴えて、今日午前4時の段階で開票を全部凍結しようと言ってると僕は思った」 「(トランプが)混乱要素を止めるために最高裁に訴える、というのは、建前じゃなくて本音だと思う。

>

「4年前の繰り返し」木村太郎氏は今回もトランプ勝利を予想

1988年のキャスター降板に伴いNHKを退職した木村太郎は、フリージャーナリストとしてフジテレビと契約。 あなた方の憲法上の義務を果たしてください」 マーク・レビン氏のツイートをドナルド・ジュニア氏がリツイート 保守派の論客で弁護士でもあるマーク・レビン氏が6日こうツイートすると、トランプ大統領の長男のドナルド・ジュニア氏がリツイートした。 「アメリカ大統領選を振り返って」と題し講演しました。 それが前の日に『Qアノン』の話なんかして、盛り上げて欲しくない」とくぎを刺した。 両党の獲得州(11月8日午前9時現在) もしトランプ陣営が、今回の選挙結果を受け入れず法廷闘争などで選挙人確定を12月8日までずれ込ますことができると、州議会の決定次第で逆転するという可能性が残っていることになる。 百田尚樹Twitterより アメリカ大統領選挙は14日にアメリカ全州の勝者が確定し、最終的に獲得された選挙人は、バイデン氏が306人、トランプ大統領が232人と大きな差がついた。 木村さん: 「トランプが負ける理由が見当たらない。

>