Goto トラベル 出張 利用。 Go Toキャンペーン、出張でも使えるの?(11月から、出張利用は除外の方針)

GoToトラベルのルールが大幅改定。出張利用、コンパニオンなどが禁止へ。変更された制度を解説│お金に生きる

ビジネス出張を目的とする旅行商品については、事業の目的である観光需要の喚起という観点から極力制限するべく、法人の出張手配を目的とした予約サイトにおける割引の適用除外策などを講じる。 11月17日以降に販売される旅行商品から、一回当たりの旅行で割り引き対象となる日数の上限を7泊分までとし、8泊目以降は割り引きの対象から外します。 すでに予約済みの商品は、利用者、事業者への影響を考慮して支援の対象とする。 面倒でも、事業者 法人 は、不課税で処理しておいた方が納税額のトータルは、原則得だと考えられます。 法人用サイトや法人向けクレジットカード以外で、ビジネス目的を対象外にするにあたっては『企業からお金が出る出張目的の宿泊は、Go To トラベルの利用を控えていただきますようお願いします』とご協力を呼びかける形になります。 観光庁、事務局が10月29日に示したGToトラベル事業の支援対象に関する「旅行商品の基準・考え方」では、観光需要の喚起という本来の趣旨を踏まえ、ビジネス出張を目的とした利用を制限することが新たに打ち出された。 この制度は、企業で従業員が出張する際にも適用される。

>

【Go To トラベル】出張・免許などは対象外に|除外の基準は?│HISTRIP Go To トラベルキャンペーンでお得に歴史旅を叶えよう!

なお、支援対象外の部分と旅行代金(宿泊・交通費)を明確に区分して販売するものについては、旅行代金のみ事業の支援の対象になる。 後者は購入額の25%が加算されたプレミアム食事券、あるいは予約サイトを通じて、一食一名あたり500~1000ポイントが付与される仕組みだ。 東京弁護士会所属。 時間がなければ、ランチ券や入浴券を使わないで帰ってきても良い訳ですし。 これにもとづいて適切かどうかを個別具体的に判断してきたというが、その基準・考え方の詳細を記している。 まとめ 今回は「GoToトラベルのルールが大幅改定。 【取材協力弁護士】 鈴木 謙吾(すずき・けんご)弁護士 慶應義塾大学法科大学院教員。

>

GoToトラベル、観光目的以外は除外へ、ビジネス出張やヨガ・ダイビングなど免許取得も対象外、11月6日から

「GoToトラベルの旅行代金の補助金、GoToイートのポイント給付などは、税制上、『一時所得』と見なされ、課税の対象になるのです」(税理士・落合孝裕氏). 法人向けの出張手配予約サイトの割引は11月6日の予約・販売分から対象外とする。 《Go To トラベルキャンぺーンの対象となる旅行》 ・国内旅行に限る。 そのため、 厳密に考えれば社員に対する給与として取り扱うことになると思います。 予約手配の契約者が会社の場合 予約手配の契約者が、会社の場合を考えます。 ツイッターを眺めてみると、職場が利用を促しているパターンがある一方で、制度趣旨や会計処理の関係で利用を禁止する会社もあるようだ。 しかし、今ままではルール的には許容の範囲として問題もなかったので多くの旅行会社が様々なその手の商品を企画、販売してきました。

>

GoToトラベル、出張で利用してる? 「クーポン」利用禁止の会社も…破ったら処分か(弁護士ドットコム)

役員や個人事業主の延長の会社の役員の取得した地域共通クーポンの場合、もう少し違った見解も考えられるでしょうが。 これは実質、ホテル住まいの人がGoToトラベルを利用しているという話が問題になったからのようです。 宿泊旅行の場合 : 宿泊日及びその翌日• そのうえで「『Go Toトラベル』事業は大きな国家予算を投じた観光産業や地域経済の支援であり、不正使用は断じて許されるものではない」と述べました。 日帰り旅行で対象となるのは次のような旅行プランです。 感染防止対策がされた上で支援がされます。

>

GoToトラベル

比較すると、 2 消費税の仮払消費税が減り、法人税の費用を増やす処理となります。 移動時間の都合が良いプランがあればパック旅行で申し込み、時間の都合がつかなければ宿泊だけでもキャンペーンを利用すればお得に出張することができそうです。 通常の宿泊商品の水準を超えたサービスが含まれる商品も対象外。 厳密に区分することは不可能ではないかもしれませんが、厳密なルールをつくると今度は宿泊施設や旅行会社に負荷がかかり、現場で混乱することも増えるでしょう。 しかし、通説として、「単なる労務対価性というよりも、むしろそれが従業員の地位という側面を抜きにしては得られない所得であるという観点を強調すべき」 酒井克彦「所得税法における給与所得該当性の判断メルクマール」中央ロー・ジャーナル 14巻1号85頁との考え方がしっくりくるでしょう。 課税庁側が一時所得として判断しているか、課税技術的な捕捉の問題に難があると考えているかと推測します。 一方で、ホテル直の予約の場合は後日還付の申請を 行います。

>

GoToトラベル、出張で利用してる? 「クーポン」利用禁止の会社も…破ったら処分か(弁護士ドットコム)

10月から東京都も対象に加わった「Go To トラベル」。 ただし、付属するサービスや商品などと、宿泊や交通費といった旅行代金が明確に区分されている場合は、旅行代金部分に限って対象になるとしています。 当館では本件に関して回答いたしかねますのでご了承下さい。 ポイントを就業規則で取得しないように規則化している会社がありますが、ない会社も多いのではないでしょうか。 そのため、将来的には異なる解釈もあり得る前提において、現時点での考え方をお伝えします。

>

Go Toトラベルキャンペーンで出張や社員旅行をする場合〜会計や税務処理はどうなる?〜

日帰り旅行の場合 : 旅行の当日• なお、GoToトラベルの事務局では「 基準・考え方に照らして個別具体的に支援の対象外とするか否かを判断する」としています。 福利厚生費(課税仕入) 26,000円 普通預金 26,000円 給与手当 6,000円 雑収入(不課税) 6,000円 旅行代金の割引部分は消費税の「課税仕入の戻し」となりますが、実際に支払った金額を課税仕入としても差し支えありません。 会社が制限掛けてくれればよいのだが・・・ もちろん国や県、市町村のように会社によっては独自に制限をかけるところもあるでしょう。 一方で「ビジネスか観光か、切り分けにくいところは確かにある」とも話す。 そして、通常必要かどうかは、上記の記事によると「 一般的に、社内の出張旅費規程の金額等の範囲内であるかを基準に判断することになるだろう」とされています。 ビジネス目的の利用はこれまで支援の対象だったが、観光庁は「利用を控えていただくよう必要な措置を講じる」と発表。 お忘れの場合、後日送付いただくなど宿泊施設等の指示に従ってください。

>