私 が 見 た 未来 値段。 【本物の予言者】唯一、「2011年3月」を指定して予言が的中していた本がこちら → 「私が見た未来 (たつき 諒)1999年07月19日発売」

★「私が見た未来」 1999年発刊の漫画に2011年3月の大津波が予告されていた★

俯瞰する夢ではなかったので、近隣の県の被害は不明。 その動画はこちらです。 剛史に記憶しておいてもらいたいのです。 確かに今第二派がやってきていて、収束の兆しは見えません。 「ツイッターでも最新ページ 質問 見れる」の間違いです恥 ゜ロ\ — 「私が見た未来」著者 たつき諒公式ツイッター tatsukiryofusi1 表紙には、 大災害は2011年3月と書かれていたのです。 〇1991年8月20日に見た富士山噴火 〇1981年6月~9月に複数回見た神奈川県大津波 「私が見た未来」を買った方が動画やインターネットで中身を紹介しています。 「私が見た未来」の作者たつき諒さんは、竜樹諒という名前でこの作品の前に、いくつかの作品を描いています。

>

私が見た未来 たつき諒さんご本人からお褒めの言葉を頂きました! | 正しい霊的知識を学ぶブログ

たつき諒さんはこれ以上予知夢を見たくないという思いと、自分の死期を見てしまう恐怖から漫画家を引退し、漫画家を引退してからは予知夢を見ることがなくなったと言います。 1986年11月28日 フレディさんが亡くなり、その人生が映画化される予知夢。 1 神奈川県津波 予知夢を見た日:1981年6月~9月ごろ 現実になった日: まだ 2 クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの死 予知夢を見た日:1981年11月24日 現実になった日:1991年11月24日(10年後) 3 富士山噴火 予知夢を見た日:1991年8月20日 現実になった日: まだ 4 ダイアナ妃の死 予知夢を見た日:1992年8月31日 現実になった日:1997年8月31日(5年後) 5 阪神・淡路大震災 予知夢を見た日:1995年1月2日 現実になった日:1995年1月17日(15日後) 6 2020年頃未知のウイルス(新型コロナ・ウイルス) 予知夢を見た日:1995年1月2日 現実になった日:2020年1月新型のコロナウイルスと確認(25年後) 7 自身の漫画家引退(漫画家としての死) 予知夢を見た日:1995年1月2日 現実になった日:2000年(5年後) 8 東日本大震災 予知夢を見た日:1996年3月11日 現実になった日:2011年3月11日(15年後) まったくすごいとしか言いようがありません。 【阪神・淡路大震災】 予知夢を見た日:1995年1月2日 現実になった日:1995年1月17日(15日後) この予知夢は、漫画の表紙の夢日記と題された3枚目のページに描かれていています。 (夢から 25年後) 「4月がピーク」は外れたとたつきさんが謝られています。 そして、その流れは高度成長期を迎える60年代に加速する。 。

>

【画像】漫画「私が見た未来」の予言がヤバイ!やりすぎ都市伝説でも話題の内容とは?

また、神奈川県を含む関東の大地震の予知夢についてたつき諒さんは、この大地震は 南海トラフより関東の大地震の可能性が高いと言います。 しかも、さらに恐ろしいことに、本作の表紙には「大災害は2011年3月」との日時がハッキリと印刷されていました。 リンクが長くなってしまったので貼れなかったのですが、みおさんすでにご存じかもと思い投稿いたしました。 富士山噴火の予知夢・予言 たつき諒さんが見る予知夢はイメージが出てくる予知夢や数字や文字が出てくる予知夢など様々で、これまで見た予知夢の中で唯一当たっていない予知夢は 富士山噴火と神奈川県を含む大地震と大津波の予知夢だけだと言います。 以下+15年。

>

『私が見た未来』(ほんとにあった怖い話コミックス)たつき諒著を読んでみたいです…

1920年(大正9年)4月、「日本及日本人」(政教社)という言論雑誌が春季増刊号で「百年後の日本」という特集を組んだ。 これはデマとのことです。 だけど、子供時代を思い返せば、「21世紀ってスゴイかも」とワクワクしたり、「核戦争になったらどうしよう」と眠れぬ夜を過ごしたり、頭の片隅にいつも「未来」があった。 その法事に出席したとき、脇で従兄弟が話すのを聞いていると、 ある町の『さくらんぼ娘』の話が出てきた。 でも、 まだ現実になっていない未来をどうしてとらえられるのか、僕には わかりません。 阪神淡路大震災は 予知夢の15日後、東日本大震災は15年後 では、15日後にも15年後にも、来なかった 1981年6月~9月に見た、神奈川県含む 関東大地震・大津波。 昭和の少女漫画を思い出すような昔懐かしいイラストが、かわいいですね。

>

【画像】漫画「私が見た未来」の予言がヤバイ!やりすぎ都市伝説でも話題の内容とは?

1991年8月20日に見た、富士山噴火。 初めてフレディマーキュリーさんに関する予知夢を見てから10年後にまた予知夢を見て、その5年後にお亡くなりになられて、それをたつき諒さんがニュースで知ったのが2度目に見た予知夢の日付と同じだという繋がりがあります。 以下+15年。 東日本大震災 東日本大震災 予知夢を見た日:1996年3月11日 現実になった日:2011年3月11日(15年後) フレディー・マーキュリーの死 クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの死 予知夢を見た日:1981年11月24日 現実になった日:1991年11月24日(10年後) 「友人がファンだったロックスターの死ぬ予知夢を2回見た」とコミックの中で紹介されているがそのスターの名前が「クィーンのフレディマーキュリー」だったとのこと。 更に、表紙をめくると、海に向かって立っている女性の描写も。 この時見た夢で、 「15日後か15年後に神戸にひび割れた大地」の映像+文字 を見たそうです。

>

1999年発売の漫画『私が見た未来』の予言が怖い…作者のたつき諒さんの現在は?

地震、津波、原発事故が見えてたら表紙に描きます。 これについてはたつき諒先生自身が色々語ってます だから違うつーの。 (2020. その直後から、ある漫画が漫画ファンのあいだで大騒ぎになったことをご存じだったでしょうか? その名は、たつき諒の「私が見た未来」… 1999年に「ほんとにあった怖い話コミックス」から発売された、実話系の恐怖漫画です。 この世に物質が誕生するとき、その物質 にはその物質の一生が記録されています。 本が発売されたのが1999年7月。 たつき諒さんの漫画「私が見た未来」は現在絶版になっていて、メルカリで38,000円で販売されていたものが売り切れになり、Amazonでは現在150,000円で売られています。

>

【本物の予言者】唯一、「2011年3月」を指定して予言が的中していた本がこちら → 「私が見た未来 (たつき 諒)1999年07月19日発売」

インパクトある表紙には「 大災害は2011年3月」と確かに描かれています。 勝てば英国と並ぶ大国となり、いよいよアジアの主人たるを得るけれども、負ければ日清戦争前の小日本に成り下がることになる。 2026年は私が思う+10年の法則にも当てはまります。 まだ実現していない予言2件については後述します。 そこで早速、検索してみたらありました。 という意見から意図的にあのように描いた?とも やってみましたが無理でしたw まことちゃんのグワシができる指なのですが、これは無理。 説明に入る前に、少しおさらいをすると、 たつき先生がスレで言っていた 自然災害は、+15の法則があるようだ の部分。

>