反田 恭平 ブルグミュラー。 早い人だとブルグミュラーは習ってどれくらいで弾きますか?

25の練習曲 Op.100/25 Etudes faciles et progressives, conposées et doigtées expressément pour l'étendue des petites mains Op.100

その筆頭となるのがテンポでしょう。 僕は基本的に、ひとつの作品を勉強していてわからなくなったり、壁にぶち当たったりした時、音楽に物語をつけてみます。 。 今回の録音で、私が特に注目したいのは、反田さんがファツィオリのピアノを使用されたということ。 19世紀前半のパリはすでに芸術の都で、ブルグミュラーは外国人ながらピアノ教師として、サロン音楽の作曲家として、そしてバレエ音楽作曲家としても有名でした。 僕はいま、自分の演奏を録音して、留学先の先生に送り、コメントを書いてもらう形でレッスンを受けています。 そして番号が後になるにつれて、作品そのものがフランスっぽくなっていくのです。

>

ピアニスト・反田恭平がウィーン・デビュー(株式会社nexus プレスリリース)

留学して、大きな建造物を見たり、歴史を知ったり、先生に踊ってみなさいと言われることもあります。 語り、演奏はもちろんのこと、機材のセットや音声の編集も反田さん自身で行っていくそうです。 比較するには楽器の年代がまったく違いますが、ショパンが当時愛したプレイエルというフランスの楽器の音色が良い意味で「陰」なのだとしたら、現代ピアノのファツィオリの音色は「陽」。 雰囲気は少しショパンのプレリュード(前奏曲)に似ていて、それぞれの曲に絵画的な要素もあり、25曲がひとつの作品のような趣もあります。 ああ、なつかしい! と思う方もいれば、今バリバリ練習中です! とか、うちの子どもが弾いてます、という方もいらっしゃるでしょう。 名演です。

>

反田恭平インタビュー ピアノを学ぶ全ての子どもたちへ~ブルグミュラー「25の練習曲」音源配信に込めた想い

主な共演オーケストラ ベルリン・ドイツ交響楽団、RAI国立交響楽団、マリインスキー劇場管弦楽団、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、ロシア・ナショナル管弦楽団等世界、NHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団といった国内の主要なオーケストラとも共演。 そんな反田さんがこれまでにも弾いてこられたファツィオリとのコラボレーション・ブルグミュラー! まさにピアニストとピアノの見事な対話が25の小品にギュッと込められました。 外国人のブルクミュラーは、同地の音楽文化の勢いに乗るようにしてピアノ教師、サロン音楽の作曲家、そしてバレエ音楽作曲家として名を馳せた。 聞いてみると「ああそうそう、こんな曲だった!」と思う一方で、僕は一体全体どんなヘンテコな演奏をしていたのだろうと背筋が寒くなりました。 。

>

25の練習曲 Op.100/25 Etudes faciles et progressives, conposées et doigtées expressément pour l'étendue des petites mains Op.100

実際「25の練習曲」の楽譜をよくよく見てみると、「p」や「pp」という強弱記号のなんと多いことでしょう。 。 また、今後の課題も見えました。 ピアノを習っている子供さん、親御さん、ピアノの先生に聴いてもらいたいとのご本人の言葉ですが、小さな子供さんは、危険なので 笑 そのまま真似しない方が良いかな。 40分の収録で、 課金額は300円です。 2019年にはイープラスとの共同事業でレーベルを立ち上げあたり、2020年のコロナ禍ではいち早く有料のストリーミング配信を行うなど、クラシック音楽の普及にも力を入れている。

>

ブルグミュラーコンクール

60分を越える放送ですが、すべて回答し切れなかったので、残りは第4回に持ち越しとなりました。 7「清らかな流れ」:見えた…私には見えた…緑の中を流れる小さな水流が。 終わりの音がたまらんです! No. こんなにもこの音型のチャーミングな特徴、喜びをもって引き出してくれるなんて! No. その流れは世界でも同様で、ウィーン楽友協会もまた、現在収容人数を最大1,000名としています。 併せて聴衆賞を含む4つの特別賞を受賞。 なお、作品100は3巻組みを想定して書かれたエチュードのうちの第1巻にあたる。

>

【音源】ブルグミュラー / 25の練習曲 Op.100|KyoheiSorita 反田恭平|note

2019年にはイープラスとの共同事業でレーベルを立ち上げあたり、2020年のコロナ禍ではいち早く有料のストリーミング配信を行うなど、クラシック音楽の普及にも力を入れている。 *** No. 第9回CDショップ大賞 クラシック賞受賞。 2014年チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院に首席で入学。 後半、低音弦が動くけれども、非常に澄んだ響きをキープされていてさすがであります。 さて、ピアノを習っている子供さんなら誰もが弾く「ブルグミュラー25の練習曲」を、今や人気、実力ともに日本を代表するピアニスト、反田恭平さんがYouTubeで一部の曲を公開しています。 私もそんな一人です。 ジャズやワールド・ミュージックといったジャンルも取り入れることで、時代へのアンテナも研ぎ澄ませています。

>

【音源】ブルグミュラー / 25の練習曲 Op.100|KyoheiSorita 反田恭平|note

特に3拍子のリズムに惹かれました。 国内では兵庫県立芸術文化センター芸術監督、シエナ・ウインド・オーケストラの首席指揮者、サントリー「1万人の第九」の総監督などを務める。 ゆったりとクラシックの話をしながら、当面月3からできれば5回の配信を考えておられるようです。 2020年4月1日(水)にはオンデマンド・コンサート『Hand in Hand』を開催。 第2巻は「18の練習曲 作品109」(1858)、第3巻は「12の練習曲 作品105 」(1854)である。

>