Iphone を 探す やり方。 『iPhoneを探す』の設定方法・PCでのやり方 [iPhone] All About

【紛失時】友達・他人のiPhoneを探す方法は?なくした時に便利な機能

大切な友達・家族・・・のiPhoneを探していざと言う時に助けてあげましょう!. 次に「紛失モードをオンにする」をタップすると、電話番号やメッセージを登録することができます。 iPhoneを紛失!悪意のある人は何をする? ちょっとした不注意で紛失してしまったiPhone。 iPhoneで友達を探すには 友達や家族を探すときの設定方法を確認しておきましょう。 紛失したiPhoneを探せる「iPhoneを探す」機能 が別個のアプリとして存在していました。 つまり、アクティベーションロックをかけることで、悪意のある第3者がiPhoneを初期化しようとしても、 本当の持ち主でなければアクティベーションができないようにしてくれるのです。 反対に、この機能を有効にしていないと、赤の他人に好き勝手に使われる可能性があるということです。

>

【保存版】なくしたiPhoneやiPadを探す方法

電源が切れている/バッテリーがなくなった• ただし、これを実行すると 紛失したiPhoneの位置情報もわからなくなってしまうので注意してください。 「>」アイコンをタップすると、iPhoneを操作するメニューが表示されます。 iPhoneが無事手元に戻る可能性が高まるはずだ。 「紛失モード」を有効にして追跡を記録、連絡先を画面に表示させる• 3.次の画面へ遷移するので、「iPhoneを探す」をオンにして完了です。 紛失モード• 1ホーム画面から「設定」アプリを起動 2「プライバシー」をタップ 3「位置情報サービス」をタップ 「位置情報サービス」が有効になってない場合は有効に切り替える 4アプリ一覧が表示されたら、「探す」アプリをタップ 5「このAppの使用中のみ許可」を選択 6「設定」のトップ画面に移動し、赤枠の部分をタップ 7「探す」をタップ 8「位置情報を共有」を有効にして、青枠の「iPhoneを探す」をタップ 93つの設定すべてをオンにする これで、位置情報の設定は終了です。

>

紛失・盗難時に役立つ『iPhoneを探す』機能 使い方や設定方法、注意点まで徹底解説|TIME&SPACE by KDDI

位置情報は随時更新されていくので、相手がいる場所をリアルタイムで知ることが可能です。 My auもしくはお客様センター0077-7-113(年中無休、24時間365日受付)、0120-925-314(無料)から申し込みできる。 事前に設定すること 事前準備となりますが、まずは位置情報サービスをオンにします。 そのために必要となるのはiTunesのみ。 「iPhoneを探す」を利用するには、あらかじめiPhoneに「iPhoneを探す」を設定しておく必要があります。

>

iPhone「探す」アプリがiOS13で登場|設定方法や便利な使い方を解説

近くにあるはずなのに見つからない場合はサウンドを鳴らしてみる• これらのプランは契約時や機種変更時に加入することも多く、月額500円以下なので加入している人も多いだろう。 画面を上にスクロールし、「紛失としてマーク」欄に記載されている「有効にする」をタップ• 「ピピピピーン」という音でiPhoneのありかを知らせてくれます。 もっと知りたい また、iPhoneが第三者によって悪用されないために 通話・通信の利用を一時的に停止することもできる。 紛失した iPhone、iPad が iOS7 以降であれば、位置情報を「オフ」にしていた場合も「紛失モード」にすると検索可能です。 以上になります。 まさかの時のために、一度「iPhoneを探す」を試しておくとよいでしょう。 設定アプリを起動し、「ユーザー名」をタップ• 電話番号やメッセージはオプションのため、入力は必須ではありません。

>

iPhone11/ iOS13で「iPhoneを探す」の設定方法

探す側の方法は? 自分のiPhoneをなくした想定で考えると、他人のiPhoneを借りて探し出す、ということになりますので、家族や友人などの同行している方のiPhoneで以下の方法を行ってもらいます。 ですが裏を返すと、もしもご自身の端末のApple IDとパスワードを知られてしまったら、自分の居場所が知られてしまったり、端末内のデータを遠隔から消されてしまったりする可能性もあります。 3.「このAppの使用中のみ許可」をタップします。 しかし、オンからオフに切り替える際にApple Idの入力を求められます。 紛失してしまったiPhoneがどこにあるのか知りたい このように、「探す」アプリは「人やiPhoneが今どこにいるのか知りたい」というときに活躍してくれます。 これを使うと、 iPhoneのデータが全て消去されるので、人に見られたら困るようなデータを見られる心配がなくなります。

>

紛失・盗難時に役立つ『iPhoneを探す』機能 使い方や設定方法、注意点まで徹底解説|TIME&SPACE by KDDI

実は、iPhoneを拾った人が 端末を初期化して、そのまま自分のものにしてしまうことは可能なのです。 この機能を利用すれば、 iPhoneに保存されているすべてのコンテンツと個人情報が削除され、工事出荷時の状態に戻すことが可能です。 ・ iPhoneに電話をかける(発見者がいた場合コンタクトをとることができる)• またここでは、位置情報サービスがオンになっていることを必ずチェックして下さい。 iPhoneを探しても見当たらず、完全にあきらめた場合/手放すことを覚悟した場合に使うことをおすすめします。 1通知を設定したい相手をタップ 2赤枠の「追加」をタップし、「自分に通知」をタップ 3赤枠の部分にチェックが付いていることを確認し、「追加」をタップ 以上で設定は終了です。 アクティベーションロック機能は、もちろんメリットなのですが、もしご自身で端末を売ろうとしたときにアクティベーションロックがかかっていると、その端末を売ることができません。

>