2 月 の 挨拶 文。 おたより季節の挨拶文事例‐2月‐

2月の挨拶文の書き方!季語を取り入れた書き出しや結び例149選も!

今年のバレンタイン、楽しく過ごしましたか? 親しい知人・友達 2番目の例文は、与謝野晶子の短歌の引用で「冬の夜空に輝く星の一つがあなたなのではなくその全てがあなただ」といったような意味になります。 新春とは名ばかりの厳しい寒さが続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。 インターネットでのメールが中心となっている現在ですがこういった挨拶文を書くことで自分自身でも忘れていた季節の移り変わりを感じることができるのではないでしょうか。 寒さの中にも、ようやく春の気配が感じられる季節となりました。 続いて、2月のお便りにオススメなイラストのモチーフを紹介します。 街中に甘い香りが漂っています。

>

おたより季節の挨拶文事例‐2月‐

どうぞお身体を大切に。 8,たどたどしいうぐいすの声が春の到来を告げています。 しかし1月の雰囲気を出すものではなく、2月上旬のみに使えるものにしたいという場合は、節分や季節の変わり目であるというような内容の挨拶文にすると良いでしょう。 風邪などひかれませんように。 大寒と呼びますとおり、寒さの極みといったところです。

>

挨拶文【2月】書き出し・結びの例文!上旬・中旬・下旬の季語と時候

漢語調の時候の挨拶ほど紋切り型ではないですが、やはり定型的な表現が多く見られます。 暮冬の候• 余寒のみぎり、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 立春の候• 13,暦の上に春は立ちながら、春とは名ばかりでまだ真冬のように寒く。 もう少し、個性のあるというか、ひと味ちがった書き出し文にしたい、と思っているあなたに、とっておきの方法をご紹介します。 5,立春とは名ばかり、春はまだまだ遠いようですがお元気ですか。 三寒四温の時節柄、どうかご自愛専一にてますますのご健勝を心よりお祈りいたします。 ) 時候 春寒し、木の芽時、春の宵、春深し、如月、仲春、彼岸、啓蟄、など 天文 春風、春雨、菜種梅雨、蜃気楼、花曇(はなぐもり)、おぼろ月、かすみ、花冷え、余寒、春一番、など 地理 焼山、雪解、春の田、水温む、春の川、春の波、菫野、雪崩、山笑う、残雪、水温む(みずぬるむ)、など 人事 針供養、卒業、入学、雛遊(ひなあそび)、花見、梅見、雛流し、朝寝、新入社員、潮干狩り、朝寝、野焼き、など 宗教 靖国祭、十三詣り、御水取、義士祭、神武天皇祭、伊勢参、薪能、聖母祭、西行忌、兼好忌、春祭、など 動物 燕(つばめ)、春の駒、蛙(かわず)、鰆(さわら)、蛤、うぐいす、蝶、蜂、ひばり、若鮎、桜貝、たにし、蛇穴を出ず、馬の仔、など 植物 梅、桃の花、桜、椿、ライラック、林檎の花、藤、たんぽぽ、土筆(つくし)、若草、菜の花、よもぎ、草の芽、芽吹く、木の芽、など. 親しい間柄の人への手紙でも、 季節に相応しい俳句、短歌などを引用すると品格が感じられる内容になり、おすすめですよ。

>

2月(如月)の書き出しと結びの言葉

」 「またお会いしましょう。 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶• 「先生、みてみて!」「面白い形の氷が出来たよ!」と葉っぱの氷に喜んでいました。 15,木々に注ぐ日の光もことのほか春めいてまいりました。 最も寒さが厳しくなる頃という意味があります。 お身体を大切に。 もしもかぜをひいてしまったら、周りの人に移さないような工夫をしていきましょう。

>

2月の手紙の書き出しと結び!ビジネス・友達への挨拶や季語の使い方のコツを例文で!

これも冬ならではの贈り物ですね。 取り急ぎ書中をもってお見舞まで。 <本文> 時節柄、皆様にはくれぐれもご自愛のほどお祈りいたします。 略儀ながら書中をもちまして一言御礼を申し上げます。 」という感じにして、最後に「取り急ぎお礼まで」としてまとめます。

>

2月の挨拶文の書き方!季語を取り入れた書き出しや結び例149選も!

この時期は寒さが少しずつ弱まり雪や氷が解け始めたり、暖かさが少しずつ増してきて草木が芽生えてくるなど気候が変化していきます。 。 春を待ちわびつつ、ご多幸をお祈りしています。 食べ物は「赤」「青」「緑」の3つのグループに分かれています。 梅のつぼみもまだ堅いようですが• いかがお過ごしでしょうか。 9,今朝は、うぐいすの声で日覚めました。 雪遊びのモチーフは季節感たっぷり。

>