スマート シティ 内閣 府。 スマートシティプロジェクト|スマートシティ官民連携プラットフォーム

スマートシティプロジェクト|スマートシティ官民連携プラットフォーム

【2】東京都港区「ソフトバンクによるスマートシティ実証実験」 東京都港区では、ソフトバンクと東急不動産による実証実験が計画されている。 各都市インフラの人的・物的コストが削減されたため、税金や助成金制度などが一般的な都市より優遇されている…。 「住みたいまち」は人それぞれですが、住民の声を取り入れることが必要です。 国内外への普及促進活動 4.その他 本プラットフォームにオブザーバーとして参画を希望される企業、地方公共団体等は、本プラットフォーム事務局(国土交通省都市局都市計画課)までお問い合わせください。 その後、会津若松市を「全国の先端を行く地方創生のモデル都市」とすることを目標に、スマートシティ領域における連携協定をオランダのアムステルダム市と締結したり、全国からデジタル活用の実証事業を誘致するなどの取り組みによって進展してきた。

>

大阪府/大阪モデルのスマートシティの実現に向けた取組みについて

」とされています。 本発表資料のお問合せ先 大臣官房第四次産業革命政策室長 金指 担当者:赤松、田口、小島、小林 電話:03-3501-1511 内線2691~2693 03-3501-1560(直通) 03-3501-0229(FAX)• 防災意識を高めるスマート防災の推進【スマート防災】• 「スマートシティでは、コネクト化(つながること)をキーワードにしている。 2020. 静岡県裾野市ではトヨタが「ウーブン・シティ Woven City 」と呼ばれる実験都市を開発するプロジェクトを計画しており、新しい都市のあり方そのものに対してトヨタが主導的な役割を果たそうとしている。 今回のスーパーシティ構想や国土交通省のスマートシティプロジェクトも、同じリスクがあるといえます。 どういう法律が必要か、各省庁とスケジュールを含めて検討したい。 パイロット地域分析事業 経済産業省 製造産業局 モビリティと地域・都市の未来プロジェクトチーム 担当者:眞柳、増田、泉 電話:03-3501-1511(内線3831) 03-3501-1618(直通) 03-3501-6691(FAX)• その技術は、自動運転、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)、パーソナルモビリティ、ロボット、スマートホーム技術、人工知能(AI)技術など、人々の暮らしを支えるあらゆるものを対象としている。 スマートシティ構想を先行していたカナダ・トロントは、Googleの兄弟会社である「サイドウォークラボ」が主導し、街に埋め込んだ多数のセンサーやカメラから、交通・騒音・エネルギー消費・人流などのデータを取得・運用しています。

>

宇部市 | 「スマートシティ宇部プロジェクト」が内閣府の未来技術社会実装事業に選定

ソフトバンクのプレスリリース:(2019年7月9日) 最先端のテクノロジーを街全体で活用するスマートシティの実現 プロジェクトが目指すのは最先端のテクノロジーを街全体で活用するスマートシティの実現だ。 医療&介護・・・ITを活用した遠隔診療、介護補助ロボットの実装、医療・介護ノウハウのAI分析・見える化による効率的な人材育成、ラストワンマイルの医薬品ドローン配達など。 国家戦略特別区域法は2013年12月に成立。 内閣府の吉川氏は、「今後進展する自動走行や、パーソナルデータの管理・保護などでは新たなルールが課題になっている。 5 情報提供 スマートシティプロジェクトページを改善しました(プロジェクト一覧表を掲載、分野別の検索機能を追加)• 「DATA-SMART CITY SAPPORO」は、データ登録、蓄積・管理、提供といったデータ関連機能、データ利活用の普及促進を図るためのダッシュボード機能、アカウント管理機能を備えており、地域で発生し、官民が保有しているデータを協調利用する、いわゆる「データの地産地消」を実現する。 また、両社の他にも様々な事業者による最先端テクノロジーの検証も予定されており、都市の課題解決を実現するスマートシティのモデルケースを目指している。

>

スマートシティのアーキテクチャ構築に関する内閣府SIPを受託

これまでは、事業計画案の検討時に各省庁で調整が入り、その段階で事業が断念されるケースもありました。 防犯&安全・・・巡回ロボット、遠隔監視など。 企業、大学・研究機関、自治体等の間の情報共有・マッチング支援• しかし、所管が異なる様々な規制を一気に緩和し、住民生活全般に最先端技術を導入することで、一から丸ごと未来都市を作ろうというこの構想には、数多くの課題と達成条件が山積しているようです。 その内容を各省の調整前に公表することで、各省の検討が同時・一体・包括的に進められるように後押しします」 スーパーシティは、国家戦略特区の特性を生かしたより大胆な取り組みとなるのだ。 基本コンセプト3「地方自治体首長のコミット力強化」 スーパーシティー整備法が成立した場合、海外から「一周遅れ状態」だった日本の未来都市構想は一気に進展すると考えられます。

>

政府による令和2年度のスマートシティ関連事業~共通リファレンスアーキテクチャを踏まえた一体的推進~ 科学技術政策

スーパーシティ/スマートシティを構成する様々なパーツが、相互に接続する際に必要なAPIの公開をルール化することで、全てのシステムが、望めば互いに接続しうる状態を確保すること等、スーパーシティが参照すべき事項について有識者で議論を進め、その成果を最終報告書としてまとめました。 16 分科会情報 分科会提案の募集を開始しました。 (株)ミチクリエイティブシティデザイナーズ 代表取締役社長 河野 通長 氏 住民が省エネできる仕組みに、「ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)」があります。 IT技術の進化という、未来都市創生の手段が「目的化」しつつあるスマートシティ構想と異なり、基本コンセプトが網羅されたスーパーシティが誕生すれば、我々の生活は劇的に変化するでしょう。 この美園地区でのプロジェクトは「スマートシティさいたまモデル」の実現に向けた先導モデル地区として期待されている。 これらを踏まえ、内閣府が未来技術等を活用した地方創生に関する提案を地方公共団体から募集し、優れた取り組みについて関係府省庁が総合的な支援を行う事業です。 今回、NEC、アクセンチュア、鹿島建設、日立製作所、産総研、DTAは、SIPを通じて、各都市へ展開でき、かつ持続可能なスマートシティ事業モデルの確立に向けた研究開発を推進します。

>

スマートシティのアーキテクチャ構築に関する内閣府SIPを受託

これまでも、スマートシティの取り組みは進められてきましたが、実証の域を脱しきれない取り組みが多々あります。 具体的には、各企業・機関のこれまでの実証結果を持ち寄るとともに、国内外の先進事例を検討することで、共通スマートシティ・アーキテクチャの構築に取り組みます。 72年に東京大学工学部精密機械工学科を卒業後、(株)日立製作所に入社。 0リファレンスアーキテクチャ図を記載) アーキテクチャは、システム全体を俯瞰する設計図。 この潮流は日本においても例外ではない。

>

スマートシティのアーキテクチャ構築に関する内閣府SIPを受託 (2019年11月8日): プレスリリース

しかし、各地で実証・導入が進められているスマートシティのプロジェクトは、特定の地域や分野に特化したサービス開発・システム構築になっている事例が多いのが現状です。 満員だったディスカッションの様子(写真:行友重治) スマートシティで利用される新技術も多いが、現状の法律が追い付いていない。 。 スマートシティとは、先進的技術の活用により、都市や地域の機能やサービスを効率化・高度化し、各種の課題の解決を図るとともに、快適性や利便性を含めた新たな価値を創出する取り組みであり(注7)、日本政府が掲げる新たな社会像であるSociety 5. 17 プレスリリース 日本版MaaSの取組を加速!~新たなMaaSの構築を牽引するモデルプロジェクトを公募します~• 地域間のコミュニティを介して、地域を超えて共通する課題やベストプラクティスを分かち合い、横のつながりを広げたい」(経済産業省 製造産業局 自動車課 課長補佐の眞柳秀人氏)。 本戦略は、先端技術の実用化に向けた動き、戦略の取組状況、大阪スマートシティ戦略会議における議論などを踏まえ、今後、更新を続ける予定です。

>