上 毛 新聞 お悔やみ 欄。 上毛新聞 おくやみ: 上毛新聞 おくやみ

上毛新聞 おくやみ: 上毛新聞 おくやみ

9月中に朝日新聞長野版に載ったおくやみ322件のうち、喪主が複数人だったのは78件、全体の24%に上った。 エリア別にみても17年は県内全域に広がっていた、という。 毎年元日には、同紙社長と群馬県知事との新春鼎談が掲載されているのですが、2005年は群馬県を舞台にしたNHK連続テレビ小説・「ファイト」が同年4月から放映されることを受けて、主演者・本仮屋ユイカが出演した。 長野では、信濃毎日新聞を調べたところ、2017年は複数喪主が11・7%で、07年の2・2%から大きく増えていた。 とはいえ、「喪主は長男」が大…. 12月から編集局員 1930年9月1日 - 新潟県六日町に支局開設。 新聞のおくやみはどの新聞でも、地方版とか地方の情報のページに掲載されます。

>

群馬 お悔やみ情報

金沢さんは全国12の地方紙のおくやみ欄を分析。 地方新聞は、私の地方もそうですが、お年寄りのほとんどが、まずおくやみ から見ると思います。 朝日新聞長野総局には毎日、亡くなった人の名前などが記されたファクスが送られてくる。 新聞にある「おくやみ欄」。 大概の新聞社のホームページのトップは、日本での大きなできごと、政治経済とかともう一つが地方のおおきな出来事がのっています。 現社長の高橋康三(2006年8月時点)は、群馬県で起きた事件(大久保清事件や浅間山荘事件)の時に、状況を詳しく知る地元新聞記者としてTVに出たこともあります。

>

群馬 お悔やみ情報

なぜ複数人いる? 佐久市で10月に父親の葬儀を行った男性は、喪主欄に次男の自分とともに、長男、長女の名前を並べた。 今後もますます広がっていくとみています」。 長男だから喪主ではなく、親子やきょうだい、それぞれの顔が立つことが複数喪主の特徴。 新潟版始まる 1931年 - 埼玉版始まる(1月15日)。 ただおくやみの扱いが新聞社によって違うのは、ホームページ上に載せているかどうかがそれぞれの新聞社で扱いが違うところでしょう。 ホームページに載せている新聞社、載せない新聞社 のホームページにはおくやみらんは無いようです。 紙面を6ページにする 1924年11月13日 - 『新埼玉新聞』創刊 1926年2月13日 - 夕刊を廃す。

>

群馬 お悔やみ情報

確かに「妻と長男」「長男と次男」「夫・子・子」といった記載を、喪主欄に見かける。 上毛新聞の発行部数は30万部以上だとされている、県内で一番購読されている新聞です。 非常にたいせつな 情報が地方では実は「おくやみ」なんです。 長野総局で10年以上にわたってこの欄を担当する清水町子さんは、「喪主が2人以上いるお葬式が増えていると感じます」と言う。 上毛新聞も例外ではないです。 北信地域で10の葬儀場を運営する「ブライト信州」(長野市)では、昨年扱った葬儀約1千件のうち、14%が複数喪主だった。

>

群馬 お悔やみ情報

おくやみ 地方版のニュース そしてテレビ欄とかスポーツ欄、最後に一面とかになるんじゃないでしょうか。 名古屋支局(7月)と長岡支局(9月1日)、開設 1932年3月2日 - 上海事変の重大化で特派員を送る 1937年3月13日 - 東京版を設ける 1939年4月1日 - 株式会社上毛新聞社に.。 1887年11月1日に上毛新聞を始めて発行したのが始まりの新聞社です。 上毛新聞(じょうもうしんぶん)は、群馬県の県域地方新聞。 男性は「それぞれ仕事上の付き合いがあるので、名前を出したかった」と話す。 代表作のひとつ『クライマーズ・ハイ』は、著者が記者時代に遭遇した日航機墜落事故取材の体験をまとめ上げたもの。

>

福井 お悔やみ情報

同時に紙面を6ページから8ページにする 1928年4月1日 - 足利支局開設 1929年4月29日 - 草野心平が営業部員に。 長野版では、遺族側に電話で内容を確認し、読み合わせを行った上で、故人の名前や年齢、葬儀の日時や喪主を掲載している。 新聞のおくやみ欄から家族関係の変化を探ろうと分析を続ける、千葉大大学院人文公共学府特別研究員の金沢佳子さんは、こう解説する。 「核家族が主流となり、田舎の親と同居しない長男も多い。 もし知り合いのお葬式にいけなかったら礼節に欠けた人間として扱われてしまうかもしれません。

>