レセプト コメント 2020。 レセプトに記載が必要なコメントが分かりやすくなった【別表Ⅰ】

レセ電通信|国民健康保険中央会

297• 長期処方の場合のレセプト|薬局のコメントは 各種PPIとタケキャブの投与日数制限は前述の通りですが、それを超える期間で処方が来た場合、薬局側ではまずは疑義をかけるのが良いでしょう(もちろん、クリニック側との距離感もご考慮いただいてですが。 ただ、それでも不備があるようで、2020年8月31日に訂正が入ってます。 [PDF]. 小さなクリニックでも、結構チェックしておかなければならないところがありました。 161• なぜ今のタイミングに・・・?ということですが、今年度中に支払基金のシステム更新が予定されておりこれに伴い、 審査がますますシビアになることが予測されます。 215• 296• 810000001のフリーコメントで「第1回目のカウンセリングYYYY年MM月DD日」のように入力• 112• 閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。 元々は、手書きの請求書を前提としていたレセプトの記載要領が説明されていました。 246• 平成30年の診療報酬改定に伴い、記載要領通知の内容が見直されたのです。

>

レセ電通信|社会保険診療報酬支払基金

249• 入力方法については、電子カルテ/レセコンのメーカーにより異なってくることになりますので、早いうちに確認してみてください。 これは、この9月までが準備期間だったという風に考えていただけばいいかと思います。 。 レセコンは対応済みと思われますが、メーカーによってシステムに差があり、実際に入力をする事務職員の理解度によってミスが生じる可能性もあります。 電算コードはレセプト上には表記されませんが、紐づいていないと返戻になるのです。 ちなみに20mgを1日2回という最大用量は長くても8週までであり、それ以外の例外がないため、20mg1日2回が8週を超える場合は必ず疑義をかけるのがセオリーです。

>

2020年10月診療分より 電子レセプトの摘要欄記載 コード入力が必要に

2020年改定コメント入力対応 [PDF] 上記資料は、2020-07-27に更新しましたので、削除しました• 230• ちなみにオメプラゾールは他のPPIで認められている「低用量アスピリン投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制」や「非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制」の適応がありません。 そして他のPPIと同様に再発・再燃を繰り返す場合は継続可能となる。 229• 全国保険医団体連合会では、10月請求分以降でコード不記載があっても一律に返戻することがないよう厚生労働省保険局、社会保険診療報酬支払基金理事長及び国民健康保険中央会会長に要望を行いました。 128• もちろん、どの項目に点数の変化があったのかは意識しながら、なるべく覚えるようにはしています。 143• [PDF]• 勤務先情報を登録しますが、勤務先に電話とかがかかってきたり、本人確認が来ることはないでその点は安心してください。

>

レセプトに記載が必要なコメントが分かりやすくなった【別表Ⅰ】

283• [PDF]• 令和2年4月診療報酬改定対応 レセプト 四版 [PDF] 上記資料は、2020-06-25に更新しましたので、削除しました• [PDF]• ・胃潰瘍、吻合部潰瘍は20mgを8週まで ・十二指腸潰瘍は20mgを6週まで ・逆流性食道炎は20mgを8週まで、再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法は10~20mgで継続 ・非びらん性胃食道逆流症は10mgを4週まで。 医療機関によって必要な項目などが違ってきますが、独断と偏見で 笑 小さな医院で必要そうな項目を2、3取り上げていこうと思います。 だって、院外処方の場合、そもそも薬剤名は表示の必要がないですもんね。 記載コードの入力が、もっと簡単にできるとのこと。 216• 知り合いのクリニックのレセプトコンピューターの入力は、そんなに難しいことでもないと言っていましたが・・。 272• これ、医療事務をめざす人が、初めて手書きでレセプトを作成するときって、必要な内容なのですよね~~。

>

【令和2年度診療報酬改定】レセプトのコメント入力

241• 医療機関によって該当する項目は違うと思いますが、9月までには調べておいた方が良いでしょう。 147• 厚生労働省通知はこちら• 199• 195• 別表「選択式コメントコードによる自動記載 記録 対応」 [PDF] 上記資料は、2020-10-27に更新しましたので、削除しました• ・低用量アスピリン投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制は15mgで継続 ・非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制の場合は15mgで継続 タケプロン(ランソプラゾール)では、15mgの場合は投与期間制限がないケースもあるため、ある程度長期でもレセプトコメントはなくても大丈夫と言えそうです。 選択する撮影部位がない場合はその他を選択し、具体的部位を記載する。 [PDF]• [PDF]• 2020-06-25:選択式コメントコードによる自動記載(記録)対応• [PDF]• 今日は、院外処方の小さい医院に関係がありそうなコードについて少し取り上げてみました。 医業経営支援課. 令和2年10月診療分のレセプトからは、これまでフリーコメントで入力していたものが、厚労省のマスタを使用して、入力しなければならなくなりました。 224• 186• 全角数値や文字を入力すると 会計時に「入力時の数値エラーです」とエラーが表示されますのでご注意ください。 [PDF]• タケキャブ(ボノプラザン)の投与制限 ・胃潰瘍は20mgを8週まで ・十二指腸潰瘍は20mgを6週まで ・逆流性食道炎は20mgを4週まで、効果不十分の場合は8週まで、再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法は10mg、効果不十分の場合は20mgで継続 ・非びらん性胃食道逆流症は10mgを4週まで。

>

ORCA Project: コメント入力対応

[PDF]• A000 初診料 ここでは、同じ日に同一患者さんが2つ目の診療科目を受診された場合。 2020-06-30:2020年改定コメント入力対応• 133• 平成30年の診療報酬改定に伴い、記載要領通知の内容が見直されたのです。 レセプトについては事務さんに任せっぱなしの無知な薬局長の私です。 けれど、先生方に請求の仕組みが変わっていることを説明して、何とかコード化し、いまでは、「未コード化加算」のご褒美をもらっている医療機関も増えていると聞いています。 』 うちの医院では、今までも元々、撮影部位は記載されてはいたのですが、令和2年からは決められたコードで入力しなくてはなりません。

>

レセ電通信|国民健康保険中央会

しかし、個人的にはネキシウムも8週を超えた場合はコメントを入れるのが無難でしょう。 これだけでした 笑 あくまでも、うちの医院の話し・・。 114• (オーダー内容や点数に関しては、令和2年度診療報酬改定時の情報となります). 診療報酬点数はレセプトコンピューターや電子カルテなら、もう4月1日から早々に変更になっていて、特に暗記が必要というわけでもありません。 810000001のフリーコメントで「月の途中まで乳幼児」と入力したレセプト電算では、請求時にエラーとなります。 レセプト自体の画面では載ってこないのですが・・。 より詳しい情報はポータルサイトでも 今回の記事のような、薬剤師の専門情報はネット検索でもなかなか見つからなかったりします。 292• 厚労省が運用しているレセプト電算処理用マスタが掲載されているサイトはをご覧ください。

>