スウェーデン の コロナ。 スウェーデンの新型コロナウイルス対策が「完全なる失敗」に終わったと言える理由

スウェーデンの新型コロナウイルス対策が「完全なる失敗」に終わったと言える理由

しかし、海外から発信されるコメントの多くは批判的なものである。 東京の地下鉄や電車の中、街中の人々はほぼ100%マスクを着用し、少々異様な違和感を覚えることすらある。 気象状況によって亡くなる人のタイミングがズレていたということか。 「スウェーデンは高信頼社会であり、そこでは国民はルールに従う。 事実は のとおりです。 そのさいの問題意識というのは、はたしてスウェーデン方式(トリアージを含めて)がそのまま日本のコロナ対策に応用できるのかというものだった。 4月中旬にピークを迎えたのを境に、ゼロに向かって一直線に減っているのが分かります。

>

厳しすぎないスウェーデン 都市封鎖なしマスクほぼなし [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

「自ら傷口を広げただけで、経済的に何の得にもなっていない」。 加えて、スウェーデンの国民はほとんどが共稼ぎである。 憲法ではこのような公的機関は「中央政府の外」に独立して設置されており、「政府や議会は公的機関の独立性を尊重し、介入してはならない」とされている。 ただし、 最新情報は常にスウェーデン公衆衛生局のを閲覧することを強くお勧めします。 ビフォース氏は、「春に感染者数が多かった国々は、今現在の感染者数も多い。 しかしながら、現時点でも比較的多くの国民の支持の下で、政策は継続できている。 ノルウェーでは、7100人以上が感染、181人が死亡。

>

新型コロナ 感染対策独自路線のスウェーデンも規制を強化

だが、小・中学校は授業を中止せず、飲食店も営業を続けている。 結局、スウェーデンの政策というのは、エビデンスとプラグマティズムに基づいているのであり、闇雲の原理主義ではないのである」 追記:ロイター10月13日付は、9日ー12日の4日間でスウェーデンの新たな感染者が2203人に達したと報じた。 2020年3月10日14時、が新型コロナウィルスが感染拡大する危険度を「中程度」から「非常に高い」に変更しました。 スウェーデンは「ユニークな」経験 パンデミックとの戦いにおいて スウェーデンは正式な制限措置を導入していない。 この点は日本もある程度は行ってきて、数字上は遥かにスウェーデン以上の成果を上げたが、その時々で判断するというプラグマティズムはあっても、根拠を明示するエビデンスに基づくという点が希薄である。 それはウイルスを阻止するのに十分な免疫が形成されたとはいえないので、ソーシャル・ディスタンスや衛生的方法を組み合わせて、第1波を終わらせたと同じようにストップできると考えている」(ジ・エコノミスト)。

>

新型コロナの第3波に備える(4)スウェーデン方式からのリアルな教訓

こうした国民性の違いも理解する必要がある。 スウェーデンで最も多くの感染者及び犠牲者を出した首都ストックホルムの、最も多くの感染者の治療を行なったカロリンスカ大学病院で、ピーク時には感染者の治療も担当した医師としての経験から、スウェーデンの現状をアップデートしてみたい。 とはいえ、それがすべて成功したというわけではない。 そして、論調は中庸をとるという凡庸に見えるものの、私たちにとっても教訓となる事実をいくつか確実に提示している。 Sweden eschewed lockdowns. 外出に関しては、絶対に必要な場合を除き、店やショッピングセンター、体育館などには行かないように推奨している。 同国の自由は経済を犠牲にはしなかったが、それでも引退した高齢者に多くの死者を出している。 理由として、第1に、専門家の考えを尊重する憲法上の仕組みがあること、第2に、国民の政府に対する信頼があること、そして第3に、自主性を尊重する国民性が底流にあることが指摘できる。

>

厳しすぎないスウェーデン 都市封鎖なしマスクほぼなし [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

一方、同庁の専門家であるサラ・ビフォース氏は、春に制限措置を導入し、秋にも同様の措置を採用した国々では現在、感染者数は増加していると指摘した。 しかし、スウェーデンはこれまでの穏やかな対策を、対象を絞って微調整するだけで対応しようとしている。 2020年3月23日:スウェーデン公衆衛生局が14:00に公表したデータを更新。 ロックダウンした国では、きっと感 染が再発するだけだろう。 また、このウイルスには「長期的な将来性」があることから、何ヶ月間、何年間でも有効な戦略を立てる必要があると指摘している。 大人数の集会を禁じて多くのアドバイスを提示するいっぽう、包括的なロックダウンは拒否した。 でもコロナ死者が多いのも事実で、失敗だったと言われています。

>

新型コロナ・スウェーデンの現状と評価

そして経済も近隣諸国と似たようなダメージを受けている。 ロックダウン政策を選択し、その後ロックダウンを解除した国では、すでに第2波が始まりかけているところも多くあるが、スウェーデンでは今のところ感染の再拡大はみられていない。 そのほかにも、スウェーデン政府はいくつもの対策を準備してきた。 首都ストックホルムの70キロ北に位置する学園都市ウプサラ()では、今秋に入り大学生が街へ戻ってくると新規感染者数が急増。 すなわち政府がそもそも国民の移動を制限することは、憲法上できなかったのです。 よって、死亡率に与える影響は、一過性のものでしかない。

>

新型コロナの第3波に備える(4)スウェーデン方式からのリアルな教訓

その代わり、同国の公衆衛生庁はソーシャルディスタンス(社会的距離)、手洗い、テレワークなどを推奨している。 これら介護施設は市町村が管轄するもので、重度の要介護の高齢者が入っている。 100万人あたりの死亡者数は570名であり、日本の約70倍にもなる。 2020年3月25日:スウェーデン公衆衛生局が14:00に公表したデータを更新。 図1:日毎の死亡者数の推移 しかしながら、これまで、スウェーデンでの死者は5700名を超えた。 スウェーデンの緊急救命室の現場医師の話 恐縮ですが、リツイート希望。 パンデミック中に政府がほとんど行動制限を加えず、通常の生活を続けるとどんなことになるのかは、スウェーデンを見ればわかる。

>