レシフェ 鹿児島。 recife&TEREZA(レシフェアンドテレザ)(地図/写真/鹿児島市/ダイニングバー)

鹿児島・加治屋町のワインショップ&レストラン「レシフェ&テレザ」が刷新

recifeはポルトガルワインをメインに、 ヨーロッパのワインの楽しみ方"cave a manger"を鹿児島で味わうことが出来るビルです。 この天文館・文化通り・ベイサイドにあるのが、パーティーならここ!!「recife&TEREZA」です。 内部は、無料で入場できる博物館です。 (料金は一人5レアル程度です。 地下のワインショップではポルトガルワインの200種類以上を中心にスペイン、フランスなどの白・赤から、スパークリング、ポートワインまでそろえる。 アトリエは午前中から営業しているので、先にこちらをみて、午後からリカルド・ブレナン美術館にいけば効率的です。

>

口コミ一覧 : レシフェ&テレザ (recife&TEREZA)

ここでは、貴重な絵画、彫刻、硬貨などが展示されています。 年に数回、地元の日本人協会が主催する日本市が立つこともあります。 ) レシフェ版、赤レンガ倉庫? フランシスコ・ブレナン陶芸公園から向かって右手には洒落たレストランや酒場があります。 2,500円(通常平均)• mobile メニュー コース 飲み放題 ドリンク 焼酎あり、ワインあり、カクテルあり、ワインにこだわる、カクテルにこだわる 特徴・関連情報 利用シーン | こんな時によく使われます。 カフェ ミュージアムショップ 刑務所をリフォームしたカーザ・デ・クルトゥーラ マルコゼロから車で5分ほどの場所に、刑務所をリフォームした文化センターがあります。 3,000円(宴会平均)• ここで、セルトンに住む人々の素朴な生活を知ることができます。

>

口コミ一覧 : レシフェ&テレザ (recife&TEREZA)

購入して持って帰るもよし、そのままレストラン、屋上テラスで飲むもよし。 ここまで長文お読みいただきありがとうございます。 最上階には、という映画館があり、豪華なソファシートでお酒を飲みながら映画鑑賞ができます。 アクセス• 無料ですし、マルコゼロ広場に面しているので気軽に入れます。 かつて倉庫があった場所を改装したもので、海を眺めながら食事ができます。

>

recife&TEREZA(レシフェアンドテレザ)(地図/写真/鹿児島市/ダイニングバー)

24:00) 定休日• 当時、イベリア半島ではカトリック以外の宗教が迫害されており、悪名高い宗教裁判もこの頃に行われ、ユダヤ教徒も迫害の対象となっていました。 2000年に、ブラジル「発見」から500周年を記念して建てられたもので、32メートルのオベリスクの他、およそ九十点もの作品が展示されています。 「飲み放題付きコース」(3,500円~)もあり、「お薦め」は「マッシュルームクリームのリゾットなどレシェフのお薦めコース7品」(3,500円)で、オーナー自らが仕入れる日置市産の野菜やハーブをふんだんに使った「ハーブソテーチキン」「豚肉と野菜のバルサミコソテー」などの欧風家庭料理などが含まれる。 フレーボは、ペルナンブーコ特有のカーニバルの踊りです。 東北伯の文化を知る際に、セルトンの文化理解は欠かせません。 シナゴーグは火~金曜日と日曜日午後しか営業していないので、訪れる方は曜日にご注意ください。 [広告] 2階のテーブル数は5卓30席。

>

鹿児島・加治屋町のワインショップ&レストラン「レシフェ&テレザ」が刷新

「お薦め」はユズを餌に飼育した豚を使った「大隅ゆず豚のハーブソテー」(1,500円)や、スパニッシュオムレツ、生ハム、オリーブなどがのった「ミックスプレート」、スペインの山岳地帯のハモンセラーノなどがのった「スペシャリティチーズ&ハモンセラーノプレート」(以上1,500円)などがある。 博物館では、最初に巨大スクリーンで10分程度の動画を見ます。 広場の周辺には、かつて倉庫として利用されていた古い建物があったのですが、ここ数年で開発が進み、瀟洒なレストランや博物館、民芸品売り場ができ、観光客のみならず、地元の人にも人気の場所です。 土産物屋は、刑務所の独房の中に入っており、刑務所だったころの面影が残っていて面白いです。 日曜日は、この通りに活気の溢れる日曜市が立ち並びます。 カーニバルには行けないけど、カーニバル気分を味わいたい人は、是非足を運んでみてください。 セルトンというのは、ペルナンブーコ州の西側、バイーア州北部、マラニョン州などにある半乾燥地帯のことを差しています。

>

recife&TEREZA

鬱蒼と茂る森の中を何分か車で走ると、お城の様な美術館が姿を現して感動します。 葛飾北斎の凱風快晴(通称:赤富士)をレシフェで眺めることになろうとは、思っても見ませんでした。 この文化センター内には、ペルナンブーコ州各地から集められた民芸品が展示されています。 この公園は、陶芸家フランシスコ・ブレナンが企画した陶芸公園です。 フレーボ博物館 シナゴーグのある通りの角を曲がって左手の方には、フレーボ博物館があります。

>