スチレン 容器。 職場のあんぜんサイト:化学物質: スチレン

発泡ポリスチレン製容器にしそ油又はエゴマ油を加えた際のお湯もれの可能性について | 発泡スチレンシート工業会

クライミング [1]• 実験動物では、吸入経路ではラットを用いた1年間及び2年間ばく露試験の2試験において、最大1,000 ppmまでの用量ばく露によっても、腫瘍発生の増加はみられなかった IARC 23 2002。 静電気放電に対する予防措置を講ずること。 眼の刺激が続く場合:医師の診断/手当てを受けること。 ・皮膚 または髪 に付着した場合:汚染された衣類を直ちにすべて脱ぐこと。 カップ 蓋なし [34]• 症状が続く場合には、医師に連絡すること。 二軸延伸ポリスチレン OPS [1]• ガラス繊維で補強したものは強い。 加工がし易く軽量で一定の強度を持つことから、軽量化を必要とする装置のの構造材などにも利用される。

>

∴スチレントレー(PSP製)

角型ケース [2]• よって、分類ガイダンスに従い区分1とした。 屋外又は換気の良い区域でのみ使用すること。 ・汚染された衣類を再使用する前に洗濯すること。 皮膚 又は髪 に付着した場合:直ちに汚染された衣類を全て脱ぐこと。 サビレックス [13]• 以上、動物試験における中等度の刺激との記載から、区分2Aとした。

>

発泡スチレンシート(PSP)製食品容器と環境 | 発泡スチレンシート工業会

航空規制情報 航空法に従う。 汚染容器及び包装 容器は洗浄してリサイクルするか、関連法規制ならびに地方自治体の基準に従って適切な処分を行う。 と長期間接するとを変質させることがある。 発泡スチロール再生プラスチックで、や(ボールペンの軸など)などが生産されている。 その後も洗浄を続けること。 回収、中和: 少量の場合、乾燥土、砂や不燃材料で吸収し、あるいは覆って密閉できる空容器に回収する。

>

発泡ポリスチレンシート|食品包材|生活資材|製品情報|株式会社JSP

5.火災時の措置 消火剤: 小火災:二酸化炭素、粉末消火剤、散水、耐アルコール性泡消火剤 大火災:散水、噴霧水、耐アルコール性泡消火剤 使ってはならない消火剤: 棒状注水 特有の危険有害性: 加熱により容器が爆発するおそれがある。 保管条件: 熱、火花、裸火のような着火源から離して保管すること。 消火を行う者の保護: 消火作業の際は、適切な空気呼吸器、化学用保護衣を着用する。 ・喘息、肺水腫の症状は遅くなって現われる場合が多く、安静に保たないと悪化する。 人の調査で色覚への影響が報告されているが、その程度は軽微で日常生活に影響を及ぼすほどではないと評価されている。

>

耐薬品性一覧表

接触回避 : ・『10.安定性及び反応性』を参照。 眼の保護具 眼に入る恐れがある場合、保護眼鏡やゴーグルを着用する。 容器を密閉しておくこと。 TPX [1]• 施錠して保管すること。 喘息、肺水腫の症状は遅くなって現われる場合が多く、安静に保たないと悪化する。

>

スチレン

業界団体からの反発を受け、環境省は11月にこのリストからスチレンダイマーとスチレントリマーを取り消した。 皮膚に付着した場合 : ・ただちに、汚染された衣類を脱ぎ、皮膚を速やかに洗浄すること。 ナトリウム、三塩化アルミニウム等との接触で重合する。 漏洩しても火災が発生していない場合、密閉性の高い、不浸透性の保護衣を着用する。 封じ込め及び浄化の方法及び機材 : ・少量の場合、乾燥土、砂や不燃材料で吸収し、あるいは覆って密閉できる空容器に回収する。

>

職場のあんぜんサイト:化学物質:スチレン

眼に対する重篤な損傷性又は眼刺激性 GHS分類: 区分2A ウサギを用いた眼刺激性試験 OECD TG405 において、結膜の発赤、結膜炎、流涙などがみられ、4匹中1匹で結膜発赤が7日目まで観察されたとの報告がある ECETOC TR48 1992。 EPSより弾力があるため、工作素材として好まれる。 眼に入った場合 水で15~20分間注意深く洗うこと。 非発泡体は工業用ロール・パッキン・ベルト、塗料、防水材、スパンデックス繊維 EP エポキシ樹脂 150~200 良 良 良 良 物理的特性、化学的特性、電気的特性などに優れている。 ビニロン繊維、フィルム、紙加工剤、接着、塩ビ懸濁重合安定剤、自動車安全ガラス PVDC 塩化ビニリデン樹脂 (ポリ塩化ビニリデン) 130~150 良 良 良 良 無色透明で、耐薬品性が良く、ガスバリア性に優れている。 News• TARSONS [3]• ポリスチレンの溶剤では溶けないので分離は可能だが、を見て分別収集することが望ましい。

>

日本スチレン工業会 : SDS

実験動物では、ラットの吸入ばく露で活動低下、昏迷、協調運動失調、振戦、昏睡、マウスの吸入ばく露で呼吸数減少、重度の小葉中心性肝細胞凝固壊死の報告がある ACGIH 7th, 2001 、ATSDR 2010 、PATTY 6th, 2012。 空気との爆発性混合ガスを形成する。 マルチFP 耐熱・耐寒ポリスチレン [1]• 防爆型の電気機器/換気装置/照明機器を使用すること。 塩ビ PVC [3]• ・火災の場合: 消火するために、適切な消火剤を使用すること。 この製品を使用する時に、飲食又は喫煙をしないこと。 都道府県知事などの許可を受けた産業廃棄物処理業者、もしくは地方公共団体がその処理を行っている場合にはそこに委託して処理する。 フタル酸ビス(2-エチルヘシル)を含有するポリ塩化ビニル製手袋は食品への使用を避けること。

>