空 も 飛べる はず 歌詞。 スピッツ 空も飛べるはず 歌詞

空も飛べるはず 歌詞 意味

本番の前日だったので、遅い時間まで考えていたのですが、歌詞の解釈をして、それを伝えるという方針になりました。 きれいで前向きな意味にも捉えられるのですが、個人的には、主人公はやはり亡くなってしまうのではないかと思います。 , 最後、草野は地球を想起させるフレーズを聞かせて、ずっとそばで笑ってほしいの思いの強さをはっきりとここで明示させるのである。 勝手に一人で感動しています。 「ゴミできらめく世界が僕たちを拒んでも」 ここは1番同様、主人公から「君」へのメッセージ。 恐ろしい解釈をすれば、 闘病に疲れ死を恐れ、こんな毎日から逃れるためにふと過ぎる自ら命を絶つという妄想。 それを濡らす涙を流しているのは「君」、理由はもちろん現実となった主人公の死です。

>

スピッツ「空も飛べるはず」の歌詞の意味は?解釈と考察!草野マサムネが表現する出会いと別れとは?

ということは、どっちかが死んだんだよ、となるわけである。 「深い眠りから覚めて」、「僕」は見えすいた嘘をつかないようにしようと思うのです。 それでは今回も詳しく歌詞を見ていきたいと思います。 が、草野はこの歌詞を書き換えた。 , で、嘘でやぶいたことで、髪のにおいを嗅ぐことになった ベッドインした ことを考えるならば、僕と君の距離は縮まったことがよくわかる。 そしてそれを察してか、あえてふざけた雰囲気で慰める主人公に近しい家族・恋人・友人など。

>

『空も飛べるはず』の歌詞の意味|ビーン豆岡|note

スピッツさん『空も飛べるはず』の歌詞 ソラモトベルハズ words by クサノマサムネ music by クサノマサムネ Performed by スピッツ. , ふたつのサビを通して、その思いの本気さを伝えている、この歌はそういう構造なのである。 まず、「おどけた歌」は「懐かしい歌」でした。 , だから、一番では青かった僕は君と出会い、二番では見え透いたウソだったはずの口説き文句がいつしか本当の言葉になって、君とずっと一緒にいるための「本気の言葉」になったわけだ。 そして満月。 仕事とかで上手くいかなくて社会では上手に生きていけなくて君さえいればそれでいいんだよ。

>

スピッツ 空も飛べるはず 歌詞

, 性欲のことばかりだった若い頃の僕は、輝くすべを求めて 夢に向かって 歳を重ねていくなかで、君に出会った。 ただ、哀しく辛いだけの歌ではありません。 それを阻んだものが、すべて片付いたら、ずっと一緒にいてほしい。 島谷ひとみやMs. 僕はもう死んでいるから、君と簡単に会うことができないとでも言うように…。 注 この記事はTAKUMIの妄想、狂言が含まれている可能性があります。 もちろんそれは、冒頭やサビの歌詞にあるように、"君"という存在のおかげである。 でも川の水が「海原へ」流れるように、悲しみもやがて流れたなら、「ずっとそばで笑っていてほしい」。

>

スピッツの『空も飛べるはず』は『めざめ』だった

しかしそれをする必要が無くなった。 スピッツさん『空も飛べるはず』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 song: "", その反対に「愛」ほど実体があるようでつかみどころのない言葉もない。 でも真に「僕」の心をなぐさめてくれたのは、「おどけた歌」だったのではないか。 きっと主人公は、恋人である"君"に「俺はビッグになるぜ!」くらいのことを言っていたのだろう。 「着替えた季節」=季節が過ぎるイメージから、「ゴミできらめく世界」=きらめくほどのゴミだらけの世界=ゴミのような嫌な感情がうずまく現実世界に変わっています。

>

空も飛べるはず/スピッツの歌詞

で、嘘でやぶいたことで、髪のにおいを嗅ぐことになった ベッドインした ことを考えるならば、僕と君の距離は縮まったことがよくわかる。 そして彼は、深い眠り覚める。 それはまさしく奇跡であり、そのことが本当に幸せなことだと思い、今は胸にあふれているわけだ。 そして海原とは広大な海、その中にこの涙を流すということは、つまり完全に無くしてしまうということ。 部の方針で、合宿の時は、いつもと違う楽器で演奏する事になっていました。 「涙」が「夢」を濡らすような悲しいこともあるだろう。 html このサビの捉え方で、この曲がどういう曲になるか決まる。

>

スピッツ 空も飛べるはず 歌詞

丸いモノには終わりがなく、続いていくことから円環=輪廻の印象を与えるモノとして登場させることがよくある。 「飛べるはず」「いてほしい」ということは、現状では飛べていないし、そばで笑ってもらえていないことの表れ。 なんせ、タイトルは「空も飛べるはず」である。 この曲が好かれているのは、ドラマの主題歌だったからだけではありません。 という意味だと、思います。

>

空も飛べるはず 歌詞 意味

その涙のせいで、夢自体は濡れてしまうかもしれないが、その涙は流れていってやがて海原となる。 1番サビ 『君と出会った奇跡が~笑っていてほしい』 君との出会いは、奇跡であり、彼の力となる。 そして最後に、もう一度おなじサビが繰り返される。 html 「切り札にしてた見えすいた嘘」 これは「君」が主人公についていた嘘だと考えるのが妥当。 自分をだましていた。 そして、隠したナイフとは自分のズボンの中にしまって股間そのものであり、おどけた歌とはエロ本とかそういうものなのだろうと考えられるわけだ。 2番Aメロ 『切り札にしてた~夜にやぶいた』 よく満月は、何かを成し遂げたり、機が熟す、準備が整った、等の比喩に使われたりします。

>