笠井 アナ の ブログ。 笠井アナ涙のブログ・山下達郎からの奇跡のクリスマスプレゼントが泣ける

笠井信輔アナ、がんは全身に散らばっている状況「生存率は7割」

笠井アナは2019年10月からフリーとして活動するタイミングで健康診断を受け、悪性リンパ腫であることが判明しました。 とは言うものの、「抗がん剤治療を始めると、そんな考えは甘くて甘くて。 スポンサーリンク 【笠井信輔アナウンサー】「顔が変わった」を画像で検証してみた 笠井アナウンサーは大村正樹キャスターのインタビュー中に自分で「顔が変わった」と話していました。 予めご了承ください。 「新たに分かったことは、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の中でも、私は『予後の悪いタイプ』だということ。 Contents• 1.がん保険の必要性 元フジテレビアナウンサーの笠井さんのがんは、悪性リンパ腫という血液のがんの一種です。

>

悪性リンパ腫闘病の笠井アナ、ブログを開設!今日から抗がん剤治療が開始

」と写真を公開した。 病室にいても世の中に対して訴えることができるし、世の中とつながることができるんだと思って。 この日、「帽子を取ってニュー笠井です!!」と題してブログを更新。 実は、この 保険料免除特約は請求もれが多い特約の1つです。 都内で血液内科があって入院できる病院を 調べてみましたら5つありました。 病状については、「体の痛みは日々いろんなところが痛くなるんですよ。

>

【笠井アナ】死亡率(ガン)はどのくらい?悪性リンパ腫と闘う姿に密着!

編集部が選ぶ関連記事• その後、入院生活を送ることになるが、「もしテレビ復帰が難しいとなったら、執筆活動で生きていくことになるのかなとも思って、入院しながらでも書いていこうと考えていたんです」。 今回ご紹介した笠井アナのブログ記事を読んで少しでも自分の保障内容に不安を感じた場合は、是非、保障内容の確認をしてみてください。 一時は死を覚悟しながらも、生きる希望を求めて奮闘した闘病の記録や、その中で感じたことなどを記した新著『生きる力 引き算の縁と足し算の縁』 KADOKAWA刊 を18日に刊行した。 笠井信輔(56)が19日、東京都内の病院に入院した。 例えば、サラリーマンからフリーランス(自営業)になった場合、傷病手当金が出ないので、仕事ができない間は完全に無収入になってしまいます。 悪性リンパ腫の完全寛解を果たしたが、右胸あたりに「まだCVポートといって、抗がん剤を注入するための器具が手術で埋め込まれているんですよ」と説明。

>

笠井アナが実感した「がん保険」の大切さ 退社もあって「半年間は無給」の中で...: J

自分は何の計画性もなく、運がよかっただけ。 本当に同情します。 その直前、車中でサンケイスポーツの取材に応じ、 「毎日3回、鎮痛剤を飲むけど腰はシクシクと内側からしょっちゅう痛む。 笠井アナは早速Instagramのフォロワーが300人から一気に3万人を超えたことについて触れ「この数、皆さんはどう捉えますか?」と質問。 特に若い時は、自分は「がん」なんてならないだろうと決めてかかってましたから。

>

笠井アナのがん闘病ブログから分かる生命保険見直しの必要性

改めて、当時書いていたものを見返すと、「あんなに痛みで苦しんでいたのか、というのに気付かされました。 していた。 「ニュー笠井」ヘアを公開した。 発災してから2日目に会った人でもそうだったんです。 一番身に応えたのが、「入院中の生活費はどうするの?」と、 入院中の生活費を賄ってくれる保険のCMです、 「あー!入っときゃよかったかなぁ」 と、その都度、家族に申し訳なという気持ちになってました。 医療保険は不要? 入院による治療は短期化の傾向があり、 医療保険は不要と考える方も多いのですが、がん保険については加入したおいた方がいいと私は考えています。

>

悪性リンパ腫闘病の笠井アナ、ブログを開設!今日から抗がん剤治療が開始

— もっきー 46b306fddab94da さん頑張ってください😊🌸 — うさくまS. 腐ってる場合ではありません」と奮起したようだ。 が・ん・ば・る! 是非、実際に笠井さんのブログを読んで頂ければと思います。 でも、自分が「がん保険」に入っているかなんて、全く記憶にありませんでした。 笠井さんのように4ヶ月間も入院が必要であれば、入院給付金だけでも大きな額になるので、非常に助かると思います。 カスタマーセンターの人も、それを患者本人に伝えなきゃならない。

>

【笠井アナ】がん(悪性リンパ腫)で激やせ!?「顔が変わった」を画像で検証してみた

「一時は死ぬことを覚悟した」 笠井アナは2020年6月5日にブログを更新し、 「とても嬉しい報告があります」 「昨日、病院の診断で主治医の先生から『完全寛解です』とのお言葉をいただきました!」 と、主治医から完全寛解の診断をもらったことを報告。 自分の文字に負のパワーがあって、書いていくうちに沼にハマっていってしまう。 元フジテレビの笠井信輔アナウンサーが2日、フジテレビ系「とくダネ!」で、新型コロナの感染拡大の余波を受け、悪性リンパ腫に絡む治療スケジュールの変更を余儀なくされていることを明かした。 絵も素敵。 今回の笠井さんのブログ記事からも分かりますが、現状、がんは治療に時間がかかり、お金もかかる病気です。 個室で治療を受ける際に、日数無制限で入院給付金が受け取れるがん保険は非常に強い味方になってくれます。

>