Kp スターレット。 最後の小型FRハッチバック!!未だに根強い人気のKP61型トヨタ・スターレットの魅力とは?

トヨタスターレット TS仕様(KP61)【イオタガレージ】

スターレット初の4輪ディスクブレーキをGTに搭載し、オプションのはクラス初の設定である。 4-室内にはフットレストを装着。 廉価グレードのDX-Aに、自動機能の「エコランシステム」 が設定されていた。 以降は在庫対応分のみの対応となる。 LEDピカピカしている車を見てかっこいいなんて誰も思わないですし。 1983年式KP61型スターレットSiの エンジンスワップ中古車となります。 このモデルから全てのエンジンがDOHC化(1N型ディーゼルエンジンのみSOHCを継続)、1気筒あたり4バルブになったが、初期のGTはシャーシに対して出力が上回っていたため、ハンドリングが過激な車だった。

>

トヨタ・スターレット

6リッターDOHC4バルブエンジンの名機4A-Gで、その先代にあたるDOHC2バルブの2T-Gなどへの換装例もあり、「これだけ軽くてコンパクトなFR車にハイパワーエンジンを載せられるなんて楽しい!」としか言いようが無い状況に。 自社生産モデルの設計と組み立ては、トヨタ自動車のルーツでもあるも参加している。 丸目でこそないが、残っているのが最終ばかりなご時世、中期ってだけでも価値がある! キマッているのは外観だけじゃない。 旧車ファンであれば、TS仕様のKP61を目にすることは少なくないと思うが、今回紹介する個体は、1984年式の後期最終モデルで、4K-Uエンジンに改良を加えたLASRE 4K-II搭載車両をベースにフルチューンが施されたマシンとなる。 エンジン、外装の他、内装にも材質、装備の品目等によるグレードが設定されており、内外装色、トランスミッションなども含め、ある程度自由な組み合わせが可能で、ユーザーが自分の好みに合わせられるという販売システム。

>

Kai power KP61スターレット 製作ストーリー セントラルサーキット走行会 第二弾 恐怖の結末

足回りは、フロントサスペンションにオフセットコイルスプリングを採用し、乗り心地を改良。 自社生産モデルは1999年に販売が終了したが、2020年にトヨタ自動車との協業の一環として、スズキがインドで生産しているのOEM供給を受け、を通じてアフリカ市場で「スターレット」の車名で販売されることが発表された。 日本電装製のインジェクションやドライサンプ方式、そして各部にマグネシウム素材も採用していましたが、これらのパーツは、当時は50台生産すればオプション部品として公認されたのでした。 CMソングには、CHARAの「」との「」が起用された。 初代で好評であった「フルチョイスシステム」 にならい、やや簡略化した「フリーチョイスシステム」を採用 していた。

>

【KP47:スターレットTS仕様】DOHC137E搭載スペック

また当初の最高出力は180馬力でしたが、のちに205馬力までパワーアップさせています。 通常、ステアリングを右から左にいっぱいに切る「ロック・トゥ・ロック」は標準的なファミリーカーで4回転前後と言われますが、KP61では3回転と今で言う「クイックステア」でした。 (平成8年) - 販売開始。 エキゾーストシステム:専用エキマニ、専用マフラー• 同時に特別仕様車「ソレイユL "Jeans Package" 」を発売。 生産:1978年~1984年となっていました。 上位モデルのルフレxは、内・外装デザイン以外の性能は自然吸気スポーツモデルのグランツァSと同等であった。

>

【KP61:スターレット1300S】80年代の走り屋入門の理由

そう、まさに「オヤジ世代の魂が震える」佇まいそのものなのだ。 【KP61:スターレット1300S】80年代の走り屋入門の理由 あわせて読みたい記事: あわせて読みたい記事: あわせて読みたい記事: 「トヨタ・パブリカ」のスポーティーな上級派生モデルとして登場した初代モデルが「スターレット」のデビューとなっていましたが、1978年(昭和53年)に2代目モデルの「KP61型:スターレット」が登場しています。 現仕様でも限界に近い。 (昭和60年) - お買い得価格ののソレイユが登場。 デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第55号15ページより。 懐かしいです。 (昭和58年) - 仕様車を追加設定。

>

トヨタ・スターレット

駆動方式は前輪駆動FFに切り替わります。 タイヤとホイールは恐らく純正ではないのですがとてもよくマッチしていてなんだかWRCカーの様でこのデザインなら今でも通用しますよね。 3L車が追加された のに伴い販売終了。 型式名は、モデルはEP82、モデルはEP85、モデルはNP80。 だったら多少値が張っても仕上がっている車を買うのが今の時代に適している。

>

今でも現役なKPスターレット/これからの展開が期待されるRC F

0前後なんか良いと思う。 (昭和53年)2月 - 2代目発表。 2リッターの3Kエンジン シングルキャブレターとツインキャブレター版あり を搭載したKP47が人気となって、モータースポーツでも広く使われました。 しかしトヨタカローラ店扱いのパブリカに対し、トヨタオート店 現在のネッツ店 扱いのコンパクトカー、スターレットとして独立、4ドアセダンも販売されるようになって2代目へのモデルチェンジを迎えます この時点でパブリカはピックアップトラックを除き廃止。 搭載されるエンジンは1. 運転席はさすが昭和という感です。 wikiによると初代はエンジン型式E2、1300リッターSOHC12バルブを搭載、後期型にはターボグレードも設定されていたそうです。 EP82型搭載のEFIエンジンと同型式だが、環境性能・などを重視したにより、最大出力が下がっている。

>

今でも現役なKPスターレット/これからの展開が期待されるRC F

近年では、(平成17年)のに、エンジンや駆動系を大改造した車両が投入された。 他にもTRD製LSD、GABショック、8点式ロールバー、 シャレードデトマソ用レカロシートなど 多数のカスタムが行われております。 ガソリンエンジン全てが仕様となり出力が向上、このため一部グレードの見直しが図られた。 同年10月に特別仕様車としてカジュアルの リミックス Remix (に対抗したモデル。 2010年にはポルシェ ・911 GT2 RSがカーボンボンネットを採用するのだが、日本のストリートのカルチャーに端を発した、あえてクリア塗装したカーボンボンネットを純正状態で採用している。

>