K の 部屋 スラムダンク の 続き。 【Kの部屋】あの人気漫画スラムダンクの続編が読めるブログが凄すぎる!

【Kの部屋】あの人気漫画スラムダンクの続編が読めるブログが凄すぎる!

を見てみると、冬のに向けて頑張ることになってるが、 の3大といえば、 「夏の」「秋の」「冬の」だ。 スタスタスタスタ 流川は無視してまっすぐ歩く。 「チューーーッス」 「チューーーッス!. 意外と自分が思っているよりもすんなり事が運ぶ事だってあるんですから。 」 インターハイ2位の海南高校からは1年生ルーキーの清田信長、1試合平均29. あのスラムダンクの続きが読めます。 ですがアニメの方は、原作漫画の最終回である「全国大会:山王戦」までは放送されてません。

>

[B!] スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(0

『Kの部屋』で読めるスラムダンクの続きはマンガのスラムダンクと違い絵で描かれているわけではなく全て文字で書かれており、いわば小説版スラムダンクです。 スラムダンクは今でも人気がある漫画で感動もしました。 バスケを知り尽くした「編集者・K」さん ブログ「」を書いている 編集者・Kさんが「スラムダンクの続きを勝手に考えてみる」を書き始めたのは2005年から。 また、文字だけなのにバスケットボールのスピード感、迫力、そして緊張感がひしひしと伝わってくるため、一度『Kの部屋』でスラムダンクの続編を読み始めるともう止まらなくなります。 パパきんめでした。 俺も負けないぜ」 ガシッ! 再び熱い握手を交わす。

>

Kの部屋。スラムダンクの続きを勝手に考えてみる。

単純計算ですが1ヶ月で360万以上のアクセスを叩き出していることになります。 無視するのが一番〉 「おい!流川!なんかいえよ!」 仙道「ノブナガ君、どうやら流川は集中しているみたいだ。 」 主治医の先生も心配して桜木に声をかけるも、当の本人は余裕な様子。 (ああ、言っちゃったよ…) まあね、国体だけでなく、原作にも負けない熱いバトルが繰り広げられることになります!いやマジで。 ただ1度読み始めると止まらないので、時間があるときに読んでみることをおすすめしますwww 編集者「K」さんに至ってはいろいろ大変かと思いますが、気長に無理せず頑張って頂ければ、ぼくはとても嬉しいです。

>

Kの部屋。スラムダンクの続きを勝手に考えてみる。

高校バスケの3大大会といえばインターハイ、秋の国体、冬の選抜(ウィンターカップ)なのですが、『Kの部屋』では原作のスラムダンクでは描かれることのなかった 「国体編」や 「選抜編」についても書かれています。 悲しいかな、うちの弱小ブログの月間アクセス数など『Kの部屋』にたった1日で抜かれてしまいます。 そのときのマンガが 2009年4月に発行されているので、 気になった人はそちらを読んでいただきたい。 超面白いので読んでください — たかあき Tt1225Again 大学時代に見つけたブログ。 — 市川はな 3086Hana スラムダンクアニメの最終回は原作何巻? スラムダンクアニメの最終回は原作では何巻でしょうか? 最終回の原作は22巻 それは原作漫画の22巻までになっています。 リハビリは順調そうかな?」 桜木「もちろんですとも!このリハビリ王桜木!来月分のメニューを今からやるところです! 見ててください、ハルコさん!!!」 「フン!フン!」 晴子「フフ、この調子なら案外早そうね」 主治医「いやいや、こんなに早く回復する子は初めて見ましたよ。

>

スラムダンクアニメ打ち切りの理由がひどい?全何話で最終回は原作何巻?

続きがあるはずなんだよ。 スラムダンクのリアル感と臨場感が凄い 『Kの部屋』で書かれているスラムダンクの続編はマンガではなく全て文字で書かれているといいましたが、『Kの部屋』に出てくるスラムダンクのキャラは全員が原作の性格や雰囲気が忠実に再現されています。 あとは体を休めましょう。 ただ、鮮明に山王戦後をイメージできる内容になっています。 将来は貸しバスケコート屋のおっちゃんになりたいと書いてあったので、きっと心からバスケが好きなんだろうなぁ。 バスケットを良く知ってる、これ結構重要ですよ、某有名バスケ漫画とかでもゲー吐くぐらいバスケ知らなすぎて、それが玄人からしたら萎えるのね 3. スラムダンクの続きを勝手に考えてみる。 全国制覇 86 流川の野望 87 日本一の高校生 88 バスケットの国アメリカ 89 鬼気迫る! その後ろから、夏のインターハイの覇者・名朋工業のメンバー3人。

>

スラムダンクの続きを書いているブログ、Kの部屋の作者って誰なんでしょ...

の前にがあるんだ。 あの激闘の続きが読める…!? そんな悶々とした毎日を送っている方に朗報です。 文字だけではあるものの、 試合ならではの緊張感も十分に伝わってくるものとなっており、 漫画のファンにとっても漫画を読んだことがない人にも ぜひご一読していただきたいブログである。 もちろん自分自身漫画家のお仕事がどれ程大変なものかは全く知らないので大変失礼な事かもしれませんが、もしかしたらスラムダンクの続きを書いているから、というのも考えうるなと。 それが去年の1月から更新止まってたんですよ。

>

赤木夏紀という人間のブログ

(しんどかっただろうな〜) とにかく読んでみましょう! まあ御託(ごたく)はいいんでとにかく読んでみて下さい。 「チューーーーーッス」 「チューーーーーッス」 にを返す1年生たち。 残念ながらルックスこそ違いますが三井寿のプレイに自分を重ねてスラムダンクを読んでいました。 もしそれが井上氏の真実本心なら、おそらく彼は『プロの作家である以上、作品を発表するのなら商業誌で、あるいはウェブ公開などでも変名など使わずに堂々たる"プロ作家の作品"として発表するのが、プロたる者の矜持』というようなポリシーを持っていると思われます。 井上氏は同人嫌いとして有名らしい。

>