特措法。 新型インフルエンザ等対策特別措置法について|内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室

特措法とは分かりやすく解説【新型コロナに関わる特別措置法】

特措法24条9項とは 特措法24条9項の条文は以下になっています。 立憲民主党の福山哲郎幹事長は29日のNHK番組で特措法改正案を国会に提出する考えを明かし、知事が飲食店などに営業自粛を要請した場合の補償について、国の財政支援を裏付ける内容も盛り込むとした。 道府県が作った振興計画が国に認められると、自治体が道路や港湾、漁港、学校などを整備する際の補助率(通常50%)が最大55%までかさ上げされる。 金銭支払い(猶予)・緊急融資などの特例措置(特措法58・60条)• Jewelです。 万が一、次の事態が生じた際に同じような混乱を繰り返さないために、「社会にとって本当に必要なことは何か」ということを社会全体で丁寧に議論していくことが、いまの私たちにとって一番大切なことといえるのではないでしょうか。 特措法45条に基づいた記事もいくつか書いているので、併せて読んでみてください。 こちらの法律はもともと2012年に制定された法律なのですが、 「 新型インフルエンザ等」の「 等」に明確にコロナウィルスを含ませるため、2020年3月に一度改正されました。

>

特措法とは分かりやすく解説【新型コロナに関わる特別措置法】

新型インフルエンザ等対策特別措置法45条1項 「特定都道府県知事は、新型インフルエンザ等緊急事態において、新型インフルエンザ等のまん延を防止し、国民の生命及び健康を保護し、並びに国民生活及び国民経済の混乱を回避するため必要があると認めるときは、当該特定都道府県の住民に対し、新型インフルエンザ等の潜伏期間及び治癒までの期間並びに発生の状況を考慮して 当該特定都道府県知事が定める期間及び区域において、生活の維持に必要な場合を除きみだりに当該者の居宅又はこれに相当する場所から外出しないことその他の新型インフルエンザ等の感染の防止に必要な協力を要請することができる。 その意味では、「補償」の問題は、法律の不備というよりは、「『国民の生活を守る』ことを政治がどれだけ重視しているか」という問題なのではないかと考えられるわけです。 財源は国が全部または一部を負担するとした。 政府が発令する『緊急事態宣言』が発令された地域の知事には、政府と同等レベルの権限が与えられるので、休業要請や外出自粛については更に厳しくなることになります。 以下では、特措法が緊急事態宣言についてどのような定めを設けているかについて確認していきたいと思います。

>

特措法24条9項とは分かりやすく解説【特措法45条との関係は?】

来年の通常国会に法案を提出する。 そして、政府は4月7日に新型コロナ特措法に基づいて「緊急事態宣言」を発令しました。 海外だったら罰金を課すなどの罰則ができたのですが。 これも特措法のなかで決められており、同時に期間や区域、事態の概要を国民におおやけにすることになっているのです。 (湯之前八州). 国が感染を食い止めるために指示をだすのであれば、それで損害を被ることになる事業者に対しては一定の補償を定めないと、 指示を守るだけでは事業者自体がつぶれてしまうという状況が現実すでにおきてしまっています。

>

新型インフルエンザ等対策特別措置法について|内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。 福山氏の主張を受け、橋下氏は「ここは野党に頑張ってもらって、コロナ対応の法的枠組みをしっかりと作ってもらいたい。 (5)今後の課題 特措法やそれに基づく対応などについては、今後もさらにさまざまな意見・批判がでてくるものと思われます。 2021年限りの夏の祝日移動 特別措置法で海の日・スポーツの日、山の日が1年限りで移動し、五輪開会式とその前日、閉会式とその翌日が休日となる。 国民や事業者などに義務が生じるのは、上で触れた• 国などが事前に定める行動計画に関する事項• 緊急事態措置の実施に必要な物資・資材を確保するための措置(特措法50・51・55条)• 識者による「特措法の規定は責任の所在が不明瞭」という批判も、法律それ自体に向けられたものというよりは、「政治のあり方(政治家のふるまい)に対するいらだち」という色彩の方が強いのではないでしょうか。

>

特措法改正で45条の内容をもう一度確認。外出自粛・緊急事態宣言どうなる?|趣味のブログ

そういった意味でも特措法の改正はある程度必要になってくるのでは?となるわけです。 でも、正月休み明けの1週間を乗り切ると、3連休が待っているので頑張ろう! 有給休暇と組み合わせれば超大型連休に ゴールデンウイークは5月1日から5日までが5連休。 特措法などの関連法規ではこのような権限は認められていないからです。 それに対する補償(国民への一律給付)の実施については、政府側の対応はかなり二転三転してしまいました。 秋の行楽シーズン、計画的に休みをとれば夏バテから立ち直るのにピッタリ。 たしかに、一部の有識者が指摘するように、「国は口だけ出して、手は出さない」という仕組みと読めなくもないのですが、本当にそうなのでしょうか。

>

特措法24条9項とは分かりやすく解説【特措法45条との関係は?】

たしかに「外出禁止・営業停止の強制」という手法が「絶対的に正しい対処方法」であったとするのであれば、特措法(および関連法規)の不備と考える余地があります。 そうなると、先ほど罰則がない話をしましたが、見つからなければ営業したいと思ってしまってもおかしくないですよね。 立憲民主、共産、国民民主、社民の野党4党は2日、新型コロナウイルスなどの感染拡大時に、都道府県知事が政府に緊急事態宣言の発令や解除、期間延長を要請できるようにする新型コロナ対策の特別措置法改正案を衆院に提出した。 このあと、片山氏は「責任を持って住民を守っている知事の意見を聞き、地方と国が二人三脚で助け合うことが必要だ」と述べました。 例えば、休業要請をしていたのにもかかわらず、営業を続けていたお店に対しては結局休業させることができず、やったもの勝ちのようになってしまいました。 延長は、玄海、川内両原発のある佐賀県と鹿児島県などが要望していた。 このような状況で最も危険なのは、住民が不正確な情報に基づいた誤った対応をとることで、社会がさらに混乱してしまうことといえます。

>

原発特措法を10年間延長へ 立地自治体から要望、政府が方針|【西日本新聞ニュース】

しかし、新型コロナ特措法や緊急事態宣言について、詳しい知識があるという人はかなり少ないのではないかと思います。 火葬、埋葬に関する特例措置(特措法56条)• 誤解を恐れずに表現すれば、「国民は国のために我慢するのが当たり前」と考えるのか「自粛を求めるのだから生活保障するのが国の責務である」と考えるのかの違いといえますし、そうであれば、「法律」ではなく、「それを用いる運用者(政治)」の問題ということになりそうです。 これに対し、菅総理大臣は「真摯に受けとめたい」と述べました。 まとめ 特措法改正で45条の内容をもう一度確認。 新型インフルエンザ等対策特別措置法というのが正式名称です。

>