東奥 日報 コロナ 速報。 【新型コロナ】12月2日速報まとめ

コロナで患者数減少 中央病院赤字見通し/十和田(東奥日報)

県内の感染確認は累計330人となった。 野坂氏は同町三保野の事務所で「町民は刷新を選んだということ。 任期満了に伴う横浜町長選は6日、投票が行われ、即日開票の結果、新人で前町議の石橋勝大氏(79)=無所属=が1613票を獲得、5選を目指した現職の野坂充氏(69)=同=に313票差をつけ、初当選した。 感染が確認されているのは従業員と客8人の計9人で、ほか17人のうち8人は検査で陰性だった。 宮崎市発表分の4人を含めて県内の感染者は520人となった。 検査結果は8日以降に判明する。 宮崎市新たに4人感染(14:01) 宮崎市は2日、新たに10代~100歳代の男女4人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。

>

【新型コロナ】12月2日速報まとめ

ひむか苑関連の感染者は計16人、黎明荘関連の感染者は計19人となった。 県3人の感染確認 いずれも県外在住者(14:16) 県は6日、新たに3人の新型コロナウイルスの感染を確認したと発表した。 県は職場感染とみている。 上十三管内の20代男性は、同管内で既に感染が判明している30代男性の知人。 間もなく師走を迎え、本格的な降雪シーズンに入る。 電化製品や燃料を扱う弘前市の三栄商会の担当者は「価格はコロナの状況次第だが、売れる量は天候による。

>

青森県内灯油価格 昨年下回る/コロナ影響(東奥日報)

60代男性は同事業所の従業員で外勤業務に就いている。 新たに灯油を買い求める人も増えた」と話す。 このほかの八戸市の新規感染者4人のうち、20〜40代男性3人は、クラスターの損保会社とは別の市内の職場に勤務している。 高鍋町の40代男性、延岡市の20代女性と30代女性、串間市の80代女性。 今年の灯油価格は、新型コロナウイルス感染拡大の影響による原油安などで昨年を下回っており、小売店での売れ行きも好調。 知人らを含む関連する感染者は計19人となった。

>

【新型コロナ】12月6日速報まとめ

自粛要請の期間は、7日から2週間程度。 生活協同組合コープあおもり(本部青森市)の灯油の配達価格は27日時点で1リットル当たり68〜70円(税込み)と、昨年よりも15円以上安くなっているという。 投票率は76. 県内の感染確認は累計330人となった。 これで同事業所関連の感染者は計4人、うち従業員は3人。 消費者は「安くて助かる」と歓迎する一方、「いつまで安値が続くのか」と不安げに先行きを見守る。 story(エーストーリー)」で発生したクラスター関係では、新たな感染者は確認されなかった。

>

【新型コロナ】12月6日速報まとめ

いずれも県外在住者で、東京都の50代男性、神奈川県の40代男性と20代男性。 このうち1人は市内医療機関の抗原検査で陽性となり、確認のためPCR検査中。 このうち、100歳代の女性はクラスター(感染者集団)が発生した同市の住宅型有料老人ホーム「黎明荘」の入居者。 濃厚接触が疑われる職員14人は検査で全員が陰性だったという。 現在は経済が回復傾向にあることに伴い、原油価格も上昇しつつあるという。

>

青森県内灯油価格 昨年下回る/コロナ影響(東奥日報)

値上がりしたときに備えて節約している」と話す。 。 農漁業の振興や小中学校の給食費無料化などを公約に掲げて選挙戦を展開。 2日に感染が分かった三戸地方保健所管内の20代男性もこの職場の同僚で、感染者は計4人となった。 澤谷航一後援会長ら支持者と握手を交わした石橋氏は「大きな岩盤を打ち破れたのは町民のパワーのおかげだ。

>