Scp 444 ko。 SCP

SCP

特に異常な点はありませんでした。 SCP-444-KO-69 피해자명: 알로이스 니슨 가해자명: 케이티 프리츠 권총으로 머리를 맞아 사망했다. また、発見した手掛かりは研究者が分析することになる。 この第三者がどのような理由でSCP-444-KO-5を殺害したのかは、まだ明らかになっていない。 研究員はこのオブジェクトに対して"殺人劇の主犯"もしくは"主犯に殺されるのを嫌い、自殺した"という二つの場合を推定しました。 山荘に入った時、悲鳴と"大勢"の疑問の声が聞こえるようになる。 このオブジェクトを研究するには、過去に何が起きたのかが非常に重要であり、SCP-444-KO-5に触れたときに現れる特性も同様である。 曝露した人物が全て財団の重要人物だったことを勘案して、SCP-444-KOはKeterに再分類されました。

>

444

この異常的現象の追加特性は以下の通りです。 死因は鋭利なもので複数の場所を突かれたことによる出血多量であり、手に鋭いもので切られたと思われる大きな傷がありました。 現在まで完全に信憑性のある情報は事実上得られなかった。 SCP-444-KO-5を現場で直接目で見ると、目で見た被験者はオブジェクトが人間であり、何者かに殺害されたと確信するような精神操作を受けます。 これにより、SCP-444-KO-5が殺害されたという推論に疑問が発生する。 SCP-444-KO-1〜4が発見されて以来、SCP-444-KOは新たな情報災害を発現させ、これが事件444K-12 事件記録を参照 に繋がりました。 頭蓋骨の背後が酷く損傷しており、首が折れて死亡したと見られ、転落死したという説が立てられました。

>

SCP

事件444K-12当時、曝露した者に記憶処理を行いましたが、記憶消去を受けた者が一日後に全て"殺害された"ように死亡しました。 しかし、事件444K-12以降にSCP-444-KO-5が人間というのは真実であり、山荘の中で殺人劇が繰り広げられたことが明らかになりました。 SCP-444-KO-98 피해자명: 마리 해리슨 가해자명: 잭 하이드 방망이를 뺏겨 위와 똑같이 당했다. SCP-444-KO-101 피해자명: 프랜시스 서츠 가해자명: 로우 제리 체내에 치사량의 수면제를 주입당했다. これにより、殺人劇に関する情報に類推した情報も追加情報として記録されました。 このうち、10人は山荘を調査した調査チームでした。 現在、我々はSCP-444-KO-5が死亡した人間の魂を取り込んでいるという説をベースに研究している。 植木鉢 で後頭部を打たれて即死したものと推定されます。

>

444

SCP-444-KO-5を視覚的に直接目撃した時の現象に対する免疫を得る。 また、各オブジェクトを定期的に監視しなければならず、特にSCP-444-KO-5はより注意を払わなければなりません。 SCP-444-KO-140 피해자명: 케일리 맥티리스 가해자명: 놀런 존 수류탄을 맞아 폭사했다. その後、山荘の至る場所でSCP-444-KO-2〜4が発見され、このオブジェクトに対して記述されている情報はサイト-657に移されました。 しかし、この後にさらなる事件が発生しました。 約10人は火器に脳を貫ぬかれて即死、5人は転落、7人は後頭部粉砕でした。 過去にSCP-444-KO-2が勤務していた居酒屋の店長として勤務していたことが確認されました。

>

SCP

この死体 SCP-444-KO-5を除く は1983年に死亡したと推定されますが、全て腐敗しておらず、これにより死体の身元や死因などの確認が可能でした。 SCP-444-KO-70 피해자명: 허셜 호레이스 가해자명: 로저 헤드라이엄 칼로 찔려 사살당했다. 生きている時に居酒屋で仕事をしており、巨額の借金があることが確認されました。 この死体は異常なほど激しい歪みが原因で身元などの確認ができず、研究員はオブジェクトが女性という仮説を立てました。 しかし、SCP-444-KO-5についてはひどく歪曲しており、確認が不可能でした。 しかし、SCP-444-KO-5がナイフを所持していたのは確かだ。 このオブジェクトに手で直接触れると、原因不明な悲しさと絶望感を感じるようになります。

>

SCP

。 この山荘で最初に発見されたSCP-444-KO-5は当時、単純な精神操作オブジェクトとされていましたが、事件444K-12と山荘の至る所に隠されていた数個のオブジェクトが発見され、その危険性が露わになりました。 SCP-444-KO-5がぶら下げられているロープを解こうとした時、それを試みた職員が突然消失し、再び現れることはありませんでした。 これについては研究記録444K-16を参照 このオブジェクトは最初に発見され、これ自体がSCP-444-KOと命人されましたが、事件444K-12と他の死体が発見された後に番号が変更されました。 SCP-444-KO-5がその山荘で起きた殺人劇の犯人だったと私は考える。 SCP-444-KO-1〜4や殺人劇に関する情報をどの手段であれ認識した時に、認識した人物はSCP-444-KO-5を現場で直接見た時と類似した異常現象をいくつか経験することになります。 SCP-444-KO-5 殺害された後、山荘の地下室の天井に繋がれたロープに首をぶら下げられ、自殺を偽装されたと思われる死体です。

>

444

今後、このような試みは推奨されません。 SCP-444-KOは情報災害です。 SCP-444-KO-2 2階寝室のベッドのマットレスに隠されていた20代の白人女性、ローラ・シャーマンと推定される死体です。 これらの異常特性の危険性により、サイト研究員にこれらの共通点を見つけるための任務が与えられ、死亡した全員がSCP-444-KO-1〜4について記述された文書を読んだことによる情報災害によるものだと明らかになりました。 SCP-444-KO-4 屋根の隅に貼り付けられていた30代の白人女性、サラ・ジョーダンと推定される死体です。

>

444

また、規約を施行するかどうかを決定しなければならない。 SCP-444-KO-70 피해자명: 케이티 프리츠 가해자명: 허셜 호레이스 제657기지 옥상에서 떨어뜨려져 죽었다. おそらくその時、-5が誰かに"復讐する"目的で何かしらの方法を用いて山荘に-1〜-4を呼び出し、それらを全て殺害したが、-5自身も知らなかった自分を殺そうとしていた第三者がいたのだ。 研究員: SCP-444-KO-5を殺害した犯人の身元を明らかにすることを優先する。 SCP-444-KO-3 庭に埋もれていた30代の黄色人男性、フェリー・オーランドと推定される死体です。 しかし、まだ理解出来ない点がある。 保管するために死体を移そうとした時、死体がその場所で離れず、死体を移す試みは全て失敗しました。 まだ我々が知らないことは多い。

>