くそみそ テクニック wiki。 阿部高和とは (アベタカカズとは) [単語記事]

ノート:くそみそテクニック

道下から「良い男」と評されている。 これをどう思うかしら?」 「すごい…ふたなりですわ…」 「ふたなりはいいから。 「やらないか!「薔薇族」編集長による極秘的ゲイ文化史論」伊藤文學著、彩流社、• 2008年2月12日時点の [ ]よりアーカイブ。 華麗なる復讐 (薔薇族1985年10月号に掲載)• -''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ. 1987年に初めて発表されて以降10年以上の年月を経て、ごろからなどのネット掲示板で作品の1ページをスキャンした画像が出回り、翌にはにて作品がアップロードされ話題となる。 台詞 [編集 ] 「ウホッ! ツナギをで着ており、袖まくりをしている男性。 便意を訴える道下に阿部がツッコミを入れるシーンで物語は終わっている。

>

山川純一

2007年(平成19年)• -- 2008年7月18日 金 11:23 UTC 阿部祐二、阿部寛モデル説の件 [ ]• -- 2008年7月15日 火 11:14 UTC• 1985年(昭和60年)• 「いたしませんか」 そういえば、この学園はスール用のトイレがあることで有名なところでしたの。 「」「にション」などのを残した。 (コメント)分割強行したIPIP:58. 貴方、私の目の前で用を足しなさい」 「えーっ!? 目の前でですのォ?」 「女は経験! 何でもためしてみるものよ。 顔が赤いのは、単に飲酒していたせいなのか、それとも二人の行為に気付いたためなのかは不明。 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. またも活発に行われており、や、、、、などの作品が多数製作されている。 さらに(平成19年)6月には、伊藤文學の自宅から未発表の作品4作品が発見され、 ウホッ! すばらしいテクニシャンなだけでなく、「自分のの中にをさせるなんてなんて人なんだろう」である。

>

阿部高和

そのため単独の項目とするにはどうしても文量が足りませんので、統合して当項目の充実に充てたほうが良いと思います。 地獄の使者たち (薔薇族1983年7月号に掲載)• 同性愛者という、社会的弱者でありながら自分の欲望にあまりに忠実でてらいのない人間的強者というその姿に、人は嫉妬もなく憧憬の目を向けるのである。 職業はちょっとワルっぽい修理工。 具体的に言うといわゆる「兄貴」・・・信義に篤く情にもろく、また腕っぷしもめっぽう強いといったところだろうか。 かつ当時の画風は現在よりも風であり、少女漫画風である山川のそれとは似ていない。 死のロンド -オオカミと羊- (薔薇族1984年春増刊号に掲載)• すると阿部は自らの内でするよう命じ、自らも全裸になり道下を促す。

>

阿部高和とは (アベタカカズとは) [単語記事]

脚注 [編集 ] [] 注釈 [編集 ] 2012年8月21日閲覧。 ワクワクBOY• においてもと呼ばれ広くされており、様々なのに登場している。 強いて違うところをあげるとしましたら、お姉様に興味があるってところですの。 ただし、リョウはその反動で日本に帰国後、男に興味を示さなくなってしまったとされる。 作品中のセリフである「 ウホッ! -- 2008年6月23日 月 22:32 UTC 本記事と を統合することを提案します。

>

阿部高和

『薔薇族』の編集長であるによると、山川は『薔薇族』の創刊の「5年後」に突然原稿を持ち込みに現れた。 (平成15年)3月ごろ、群であるに山川の作品が公開され、ブームの兆しを見せる。 自由奔放で常に自分の性欲をいついかなる時・場所問わず最優先させる。 -- 2008年5月25日 日 12:03 UTC (反対)具体的な提案理由も提示されておらず、分割の必要も無いものと判断し反対します。 -- 2008年10月30日 木 16:00 UTC. (どちらも反対)前のほうの提案は「人数が少なすぎるため」、後のほうの提案は「ほぼすべてが関連性のない短編の登場人物を並べたところで単なる一覧を超えるものにならないため」。

>

阿部高和

物語は彼の回想で進められる。 そう思っていますと、突然そのお姉様は、わたくしの見ている目の前で、 スカートの前をたくし上げはじめたんですわ…。 「やらないか」 阿部が自身の陰茎を見せつけながら道下を誘うときの台詞。 このままじゃ、おさまりがつかないのよね」 ヒョイ! 「あっ…」 「今度は私の番でしょう?」 クパァ 「ああっ!!」 「いくわよ…。 『くそみそテクニック』シリーズとして短編連作または連載が描かれていてその作中に必ず登場するテクニック・道具であるということで無い限り、ウィキペディアで記述の必要の必要の無い事物ばかりなので統合の必要性が見受けられません。

>