ツイン パワー sw 2020。 ツインパワーSWを使ってみた!人気のソルトウォーターゲーム専用リールのユーザー評価をチェック

20ツインパワーが来た〜!!・・・ん??

そして19ステラと同等となるギア構造を取り入れており、巻き心地も最高。 それだけではなく、新たにロングストロークスプールを採用したことでキャスト性能も向上。 パーツ素材の構成や使用箇所を理解せずにXDって名前に踊らされてる人が多過ぎる。 よって、 ショアジギングで巻くリールにはPE3号~4号を300m巻けるスプールが必須 です! 番手は青物狙いだと• ヴァンキッシュだけCI4で軽量。 Contents• 20ツインパワーは複数台オーダーしました。 8-110、10-90、12-80• ドラグつまみの接触箇所が、5000番以上には金属パーツを採用しているんですよね。 ノブ自体もあまり大きくなく、とにかく硬いためやり取り最中のドラグ調整は困難を極めます。

>

使い続けてわかった20ツインパワーの「真」の良いところ、悪いところ。|釣りあび!

ハンドル。 巻き取り長さの短さ 巻き取り力と軽い巻き心地がある一方で、PG(パワーギア)はハンドル1回転あたりの巻き取り長さが短いので、遠投した仕掛けの回収に時間がかかるという難点があります。 来年は8000番も追加してデカいヒラマサにチャレンジしたいと思っています。 。 リール内部に海水が入りにくいので、その結果潮ガミなどのトラブルから長期間に渡って防いでくれますよ。 ギアは前モデルより2倍、防水性アップ、ヌルヌルの巻き心地と最強仕様になりました! ショアジギングリールとしては 260gと軽量なので不安になってしまいますが、強度は最高レベルなのでブリ狙いなら問題なく使えます。

>

ツインパワーSW 14000XG インプレ

17ツインパワーXDはシマノの現行ラインナップです。 実用ドラグ力• 5-400m、2-300m、3-200m ハンドル長:57mm こちらの記事もおすすめ !• 防水の為ではなさそうなパーツです。 ステラSWの価格にちょっとひるんでしまう人も、ツインパワーSWなら購入可能のハードルがグッと下がってくれますから、よし!買おうという気持ちになれますよね。 今日解説するツインパワーはコアソリッドシリーズの二番手。 そしてなんとなんと・・・18ステラ同番手と同等の重量なのですね・・・これには少しびっくりしましたね。 8000番スプールにはPE4号が300m巻ける為、主に大型のブリやヒラマサを磯からショアジギングで狙う時に重宝します。

>

【2020年】ショアジギングリールの選び方とおすすめランキング11選!

NEWツインパワー(2020TWIN POWER) SWシリーズは発表がありませんでしたが、ツインパワーシリーズはフルモデルチェンジの発表がありました。 メーカーの適合表でははっきりと触れられていないので、スプールのカスタムを考えている人は注意が必要です。 ローター アルミニウム製のローターです。 8000HGと同様にリーリング性能・ドラグ性能は圧倒的に良く、5000HGも6000番スプールと互換性があるので替えスプールを用意すればかなり幅広い釣りを楽しめます。 1・剛性の高いリール• これを書いてもシマノはあんまり得しないから怒られそうなんですが(笑)個人的に感じている実情を書いてみました。 Xプロテクト 同じ技術名なのに、汎用スピニングと大型スピニングで構造が違うみたいですw ボディが6000番なので大型に分類されていると思いたいですが・・・ どちらにせよ、説明を読んでも詳しいことはわかりませんw Xシールド、Xプロテクトが合わさることで、防水性は以前の注油式やコアプロテクトよりも高い、ということが体感でわかります。 19ヴァンキッシュと20ツインパワーは同型ボディにし、18ステラだけフルメタルボディにすることでステラの優位性を確保しているようです。

>

20ストラディックSWと15ツインパワーSWを比較してみた!

また、右巻き若しくは左巻きに変更可能となっております。 ドラグも強めに設定します このときの剛性、歪みたわみの無さ、パワーが20ツインパワー最大の魅力です! スピニングリールでここまでゴリ巻きを気持ちよくできるのはSW系リールのみだと思います じゃあ何で20ツインパワーは剛性があるのか?パワーがあるのか? その理由が 金属ローターです! この金属ローターが本当に強い 僕は釣り歴20年あります。 一台あれば海にも川にも湖にも持って行ける。 8000番の巻き取り量があればすごく楽で磯にも当たらなかったのでやっぱり必要だと痛感しました。 HAGANEボディとの組み合わせにより、過剰なまでの剛性感と耐久性を獲得した。

>

2020NEWツインパワー徹底解説!全スペック、機能を紹介!

実際に使用した感想 つい最近の釣行においてツインパワー14000XGを使用してアカナーとやり取りをしましたが、竿もタマンモンスター10号を使用していたということもあり余裕のやり取りでした。 これにより若干の軽量化と、水や落ちたラインがスプールシャフトまで侵入するのを防いでくれています。 すべてバラシてグリスアップ。 【プラスチック=弱い】というイメージが先行していますが、樹脂の中にはカーボンのようにアルミより硬く、剛性の高い材質も存在します。 長期間使ってみるとどのような影響が出てくるかは、まだわかりませんが、いずれにせよ 20ツインパワーは世界のシマノが自信を持って送り出した商品です。 洗浄完了です。

>