日本 大学 事務 の 友。 日本大学経済学部

その他

ハンドボール桜門会• 小樽支部• 21 平成27年9月24日に実施した「研究費不正使用防止に係るコンプライアンス教育」を公務等により欠席された方に対し,ビデオ教材による受講を実施いたします。 」としています。 栃木県支部• スペイン• 奈良県支部• 「研究費不正使用防止に係るコンプライアンス教育」における未受講者への対応について 28. 17) 学術講演会当日に特別セミナーとして「特許講座」を開催いたします。 17) 日本大学では,千葉地域に所在する学部の研究者の有する研究シーズを千葉地域に所在する企業関係者に紹介することにより,新たな共同研究等の創出に繋げ,本学の産学連携の一層の活性化を図ることを目的として,説明会を開催いたします。 取りまとめのうえ,本部知財課へ提出いたします。

>

ニュース : 日本大学理工学部

新規採用教員に対する日本大学研究者情報システムへのデータ入力の依頼について 28. 理工学部からは,佐甲徳栄准教授「複数選択肢がある場合の最適経路の実現:光による量子制御」,飯島晃良助教「低炭素エネルギー変換を実現するための革新的エンジン・燃焼技術の研究開発」,芦澤好人助教「磁気・電気・光を操る計測・材料」の3名の研究者が発表をおこないます。 制作物の内容とは一切異なります。 沼津桜門会• 21 若手研究者の学部間交流と今後の共同研究への発展を目的として開催します。 講 師 特許業務法人 志賀国際特許事務所 弁理士 小林 淳一 主 催 産官学連携知財センター(NUBIC),理工学部 協 力 特許業務法人 志賀国際特許事務所 研究活動における不正行為対策に係る関連内規等に基づく公正な研究活動の徹底について(本部通知)(28. 03 日本大学では,昨年より研究費不正使用防止ハンドブックを作成し,配布しています。 また,前年度に「誓約書」を提出していない場合は併せて提出する。 大学院案内• 貸与期限は令和3年2月27日(土)までとします。

>

日本大学芸術学部

岩手県支部• 事業計画(定期総会開催報告)をした会場の開催場所(予定行事)として利用されることが多い。 AMEDの事業に参画される研究者は至急研究事務課までご連絡ください。 全国桜門スポーツ部会 桜門会 [ ]• 04) 現在,大学本部において,平成29年度新規採用者の日本大学研究者情報システムへのユーザー登録を実施しています。 平成28年度版が発行されましたので,各学科等を通して配布いたします。 地域貢献・地域連携• 随時データの更新を行い常に最新の情報とするよう心掛けてください。 12) 新規採用者に対する「研究費不正使用防止に係るコンプライアンス教育」を実施いたします。

>

日本大学の求人

兵庫県支部• 「CITI JAPAN COMPLETION REPORT 責任ある研究行為コース(初回用)(2015)カリキュラム修了証」は,その写しをメールにより研究事務課(skenkyu adm. 福島県支部• 04 現在,本学部を退職された先生方及びメールアドレスを学科アドレスからNUメールアドレスに変更された先生方へのシステムの修正手続きを行っています。 両教育とも専任教員に受講が義務付けられていますのでご留意ください。 27 削減割合の基準等について(通知)【文部科学省】 ・27. 日本大学弓道桜門会• 本大学においては,研究活動状況の報告は研究者情報システムにて行うこととされておりますので,研究業績の入力に関して遺漏のなきよう,改めてご確認願います。 校友会の活動・事業については、全ての校友同士の交流を応援するために日大iクラブを発足し、在学生や卒業生などに対する特典や情報サービスを中心に展開している。 熊本県支部• 両教育の違いをご理解いただき受講をお願いします。 ・27. 社会系学科• ) 平成27年度版研究費不正使用防止ハンドブックの配布について 27. 留学生の方へ• 理工学部では,研究費不正防止計画に基づき研究費の適切な管理運営に心がけ,研究者自身においても研究費の適切かつ公正な使用を図るようお願いいたします。

>

その他

詳細は,独立行政法人環境再生保全機構 環境研究総合推進費 大学認証評価申請及びresearchmapシステムへのデータ提供に係る日本大学研究者情報システムの確認について(28. 01 平成27年度秋期(10月)ドイツ・ダルムシュタット工科大学への派遣交換留学生の募集に ついて ・27. (平成28年3月14日改正) (学内から閲覧してください) --------------------------------------------------------------------------------------------------------- 千葉エリア日本大学新技術説明会の開催について【本部】(30. 16 既に9月10日教授会及び9月16日付け文書により通知しています研究倫理教育については,日本大学において全ての専任教員が3月までに受講することが義務付けられています。 大分県支部• この文章は文字サイズや文字量を把握するための目安として使用しているダミーテキストです。 日本大学産官学連携知財センター(NUBIC)「教職員のための産学連携の手引き」について (28. 在学生の方へ• 学部間連携を希望される先生方は是非ご参加ください。 researchmap及び本学の研究者情報システムは,学内外からの多くのアクセスがあるため,日頃よりご協力いただいているところですが,本学の研究者情報システムのデータを適宜更新していただけますようお願いいたします。 また,ネイティブ講師による英会話(イングリッシュラウンジ)も行っています。 利益相反マネジメントを実施する必要性 産官学連携をはじめとした社会活動を行う場合,大学の教職員等は学外の企業や団体等と経済的利害関係をもち,活動に対する報酬などの利益を得ることになります。 現在までに受講された先生方から修了証についての問い合わせがありましたので,改めてお知らせいたします。

>

日本大学大学院法務研究科

青森県支部• 日本大學櫻門 三崎倶楽部• 公募情報通知システム(理工学部専用)のメンテナンスについて 27. 「研究機関における不正使用事案について」 「文部科学省に対する不正使用事案に係る指摘事項について」 文部科学省 研究振興局 振興企画課 競争的資金調整室 パリで発生したテロ事件について(注意喚起)【本部通知】 27. 村本建設桜門会• また,科学技術振興機構等が運用しているresearchmapシステムには毎月同システムよりデータを提供しています。 つきましては,制定及び改正された内規等に基づき,研究者等の責務及び研究データの保存について周知徹底し,公正な研究活動を推進すよう通知いたします。 11) --------------------------------------------------------------------------------------------------------- 日本大学における研究費不正使用防止計画(リマインド)【本部】(30. 21 若手研究者の学部間交流と今後の共同研究への発展を目的として開催します。 期 日 平成28年12月3日(土) 場 所 理工学部1号館3階 ギャラリー 時 間 午前は9時30分から12時まで 午後は「特別講座」終了後17時まで ------------------------------------------------------------------------------------------------------- 産官学連携知財センター(NUBIC による特別セミナー「特許講座」の開催について (28. 企業・一般の方へ• 28) 本部知財課を通じて,イノベーション・ジャパン2016の出展者募集について国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)から案内がありました。 及びNEDOの確認番号(中小企業者が本事業申請書に記載する必要があります)をお伝えください。 このような利益相反行為によって産官学連携が停滞することなく教職員等が安心してこれに取り組むことが出来るよう,日本大学では利益相反マネジメントを実施しています。

>

ニュース : 日本大学理工学部

これは,現在ご使用中のメールアドレスに公募情報をお送りするための変更手続きを実施しているからです。 満席になり次第、登録を停止させていただく場合があり、ご希望に添えない場合も ございますので、その旨あらかじめご了承願います。 08) 平成28年度新規採用者の方は,2016年度版のコースを受講していただきます。 なお,不明な点がある場合は,事務(窓口)取扱い期間中にお問い合わせ願います。 まだ未受講の方は期日までに必ず修了するようお願いします。 芸術学部校友会• 配信されるまでに三週間程度の時間をいただきます。 東京都第一支部• 佐藤工業桜門会• 詳細は以下URL及びをご覧ください。

>

日本大学文理学部

組織 [ ] 校友会役員 [ ] 名誉会長 会長 本部長 齋藤正道 副会長 加藤欽也、森 栄一、石井 進、齋藤 貢、鈴木俊雄、筒井隆彌、竹平栄太郎、中礼思無哉、石川孟範、竹内康雄、山下功三、中村克夫、江藤輝一、中川圭造、中村 理、綾部東洋子、相田信次、深澤豊史、高野和雄、手塚公敏、岡野匡雄、小幡 純、阿部正也、内田俊太郎、内倉和雄、白戸忠志、齊間文也、坂上 誠、鈴木三郎、、中野伍朗、馬場邦明、早田卓次、平井要子、廣田健史、高橋義麿 監事 蕪木 豊、渡邉和子 都道府県支部 [ ]• このような利益相反行為によって産官学連携が停滞することなく教職員等が安心してこれに取り組むことが出来るよう,日本大学では利益相反マネジメントを実施しています。 山口県支部• 06 平成27年度科学研究費助成事業(科研費)の交付内定者の手続きについて ・27. 詳細はCSTポータルに掲載していますので,ご確認ください。 25) 平成28年1月21日開催の教授会においても通知いたしましたが,両教育とも受講締切日は平成28年3月18日(金)までとなっています。 01 研究事務課のホームページをリニューアル 暫定版)しました。 理学系学科• 旭川支部• 日本大学桜門水泳会• マニュアルについて をご覧ください。

>