チャーリー ウィーズリー。 【ハリーポッター】ウィーズリー家を一覧化!フレッドとジョージはリアル双子

チャーリー ウィーズリー

バーノン同様金持ちで、ダドリーに20ポンドの束を小遣いに与える。 愛称はチャーリー。 であり、純血主義者でもある。 そして1926年12月31日、マグルの孤児院に飛び込んで男の子を出産し、トム・マールヴォロ・リドルと名付けたあと、約1時間後に死亡する。 色付きは新作です。 由緒正しい骨董品を収集しており、ボージン・アンド・バークスで働いていたトム・マールヴォロ・リドルに、とを見せたその2日後に、突如死亡した。 好きなこと:ドラゴンの観察など• 以後、ダドリーを溺愛する一方でハリーを冷遇するが、それでも11歳になるまで自宅で育てていた。

>

【ハリーポッターホグワーツの謎】杖の種類と選択肢|見た目は変わる?【ホグミス】

ダーズリー一家 [ ] ハリーの伯母であるペチュニア・ダーズリーの一家。 職業:グリンゴッツ銀行エジプト店• またハリーに恋をするがあきらめる。 ダンブルドアの要請を受け、ハグリッドとともに巨人の説得を試みる。 髪は埃塗れで目は小さく外斜視であり、歯が数本欠けているという不気味な風貌の男。 噂話が好きで、つねに体裁を気にしており、長い首で近所を覗き見ることが趣味となっている。 また、子供のいたずらに対してあまいためモリー・ウィーズリー夫人とたまにけんかしてしまう。 ダンブルドアも認める秀才であり、自由自在に姿を消せたといわれている。

>

【ハリーポッターホグワーツの謎】杖の種類と選択肢|見た目は変わる?【ホグミス】

彼女の死については、彼女に仕えていたのが誤って夜食用のココアに猛毒を入れたということで処理されたが、ハッフルパフのカップとスリザリンのロケットはどこを探しても見つからなかった。 ルーピン家 [ ] テディ・リーマス・ルーピン リーマス・ルーピンとニンファドーラ・トンクスの息子。 カラクタカス・バーク 「ボージン・アンド・バークス」の創設者のひとり(もうひとりはボージン)。 ハリーに出会えたことを光栄に思う。 ゆーて監督生とかなってるし。

>

【ハリーポッター】ウィーズリー家を一覧化!フレッドとジョージはリアル双子

ダドリー・ダーズリー 演 - (映画版) 日本語吹き替え - 忍足航己(映画版) ハリーの従兄。 ミュリエル・プルウェット 演 - マテロック・ギブス(映画版) 日本語吹き替え - (映画版) ロンの大叔母で、第7巻の時点で107歳。 主要人物および、(、、、)、、、に属する人物、のキャラクターについては、それぞれの項目で詳述する。 第7巻では性格がモリーに似てきているとハリーに評される。 その後バーノン・ダーズリーと結婚し、息子のダドリーが誕生。

>

【ハリーポッターホグワーツの謎】杖の種類と選択肢|見た目は変わる?【ホグミス】

優れた職人だが、オリバンダーは製法に少し気に入らない部分があったようすである。 詳しい生涯は不明であるが、ヨークシャー生まれで、豊かなあごひげを蓄えていたとされる。 縦より横の方が長いと言われるほどの肥満体形で運動も嫌いだが、いじめを率先しているだけあって腕っ節は強い。 第7巻では、ハリーと別れる際、自分を救ったことに感謝を示し、別れの握手を交わして和解する。 容姿、口数の少なさから誤解を招きやすいが、実際は他者への感謝や賞賛を惜しみなく表す心優しい青年であり、原作ではハリーの飛行技術を賞賛し、ダームストラングの生徒である自分に対しても礼儀正しく接したセドリックにも好意を示し、その死を嘆く。

>

【ハリーポッター】ウィーズリー家を一覧化!フレッドとジョージはリアル双子

かつて若き日のグリンデルバルドに、所有していた「」を奪われた。 取材相手以外には高圧的な口調で話し、ハーマイオニーを「馬鹿な小娘」、ビル・ウィーズリーを「長髪のアホ」呼ばわりする。 本人は闇の魔術によって殺害されている。 第4巻の時点では8歳。 これについて作者のローリングは、「ペチュニアはハリーの幸運を願おうとし、魔法界への嫌悪は嫉妬によるものだと言おうとしたが、まともが一番という振りを長年してきて頑固になってしまったため、言えなかった」とコメントしている [ ]。

>

ハリー・ポッターシリーズの登場人物一覧

マージョリー・ダーズリー 演 - (映画版) 日本語吹き替え - (映画版) バーノンの姉妹でダドリーの伯母。 その後の消息は描かれていない。 その後は2人でで暮らしていたが、やがて懐妊した彼女を棄て両親のもとに帰る。 マグルの家の生まれで、ハンサムだが傲慢で礼儀知らずだったため、両親ともども村人に嫌われていた。 ダーズリー家 [ ] ハリーの母方の伯母で、マグルであるペチュニア・ダーズリーの一家。

>

STORY

彼自身も、自身が制定した「聖28一族」のひとつ、ノット家の出身の人物。 ミドルネームの「ビリウス」は亡くなったおじさんの名前です。 穴あけドリルの製造会社「グランニングズ社」の社長。 心優しい少女だったが、6歳のころに魔法を使っているところをマグルの少年たちに見られ、暴行を受ける。 同席していたビクトール・クラムは、自分の祖父を殺したゲラート・グリンデルバルドもその印を着けていたため、ゼノフィリウスをグリンデルバルドの仲間だと思い、論戦を吹っかける。 3人の子どもを授かった。 ドミニク・ウィーズリー 次女。

>