未来 予言。 コロナで様変わりする日本社会「5つの予言」、秋以降は他人事ではない

未来の予言は的中するか「2047年から来たジジイ」の話

江戸と申すのは東京ばかりではないぞ、今の様な都会みなエドであるぞ、江戸は何うしても火の海ぞ。 ほぼすべての都市で悪臭がする• 「2047年から来たジジイ」は微妙だけど頭の体操になる 全体的に予言としてはハズレてますが、「誰かが考えた未来予想」としては面白いと思います。 だけど、子供時代を思い返せば、「21世紀ってスゴイかも」とワクワクしたり、「核戦争になったらどうしよう」と眠れぬ夜を過ごしたり、頭の片隅にいつも「未来」があった。 国民一人ひとりが判断せざるを得ず、結果として今年のお盆は帰省を自粛する人が多い一方で、例年のだいたい3分の1の人が帰省するといった状況で、国民の判断が分かれています。 ただ、5月29日で完全に終わるわけではなく、徐々に減少していき、本格的に収束するのは7月からだという。

>

【都市伝説】全ては予言されていた8つの証拠と未来予想図

未来というのは誰しもが気になるものです。 1.地震・戦争など、不吉な日本の未来3つの予言 世界有数の地震国である日本においては、まず気になるのが、発生が予想されている大型地震がいつ起こるか、という問題でしょう。 天も地も一つにまぜし大嵐、攻め来る敵は駿河灘(するがなだ)、富士を境に真二つ。 そして、イルミナティカードはこれから起こることも予言していると言われてます。 ダイアナ妃が亡くなる夢を、1992年8月31日に見る。

>

【予言】漫画「私が見た未来」が凄い!東日本大震災も的中!作者「たつき諒」wiki

先づ切り取りて残るもの、七つに裂かん仕組なり。 圧力に体積を掛けたものわ温度に比例する。 フィリップスによると、中国・ロシアの同盟勢力と英米を中心にしたグループとの間で紛争が発生。 未来の大きな出来事その2:オリンピックは韓国との共催になる• 100人の上位資本家が日本の資本のほぼすべてを所有する• 砂漠の緑化でなんとかしのぐ• 大人のほとんどは小数の割り算ができない• 田母神という名前の人が首相になる 2280年未来人• 為替は1ドル300円前後• 岡山県のドリームセラピスト 七曜高耶氏も予知夢で地震を予測 霊感が強いといわれるたくさんの一般人が、今年の大地震を予言しています。 関東の大地震というと首都直下型地震でしょうか。 1923年に起こった関東大震災は、巨大地震が立て続けに起こりました。 2019年3月に北朝鮮は核ミサイルをハワイ・ホノルルに向けて発射 2075年未来人• ・中国人が宇宙に進出する。

>

2019年!自称・タイムトラベラーはこう予言

日本の首都は変わらず東京である 2062年未来人• 極度に快楽主義的になる• アメリカの大統領選挙でドナルド・トランプ氏が再選される 2028年未来人 2021年 第三次世界大戦が開戦 2058年未来人原田氏 2022年 2022年カリフォルニアでマグニチュード9. 新幹線はすぐに復旧するが、東名高速や東海道線はしばらく不通となる。 強奪が町中で起こり、警察までも強奪にスーパーにいるのです。 世界各国では、この対立が大規模な軍事衝突、ひいては「第三次世界大戦」につながるのではないか、との不安が強まっている。 資本家は今以上に建前を作り、メディア会社を所有する。 それも年代、月、時刻、災害内容までピッタリ。 若い人材の海外流出が深刻に 資本家と労働者の差が絶対に埋まらない時代になっている。

>

【2116年未来人の予言】メールで大地震を警告!首都直下地震はいつ起きる? │ 防災の種

日月神示の磐戸の巻第16帖にある「裏の正念場」との記述がそれを示しているとされますが、具体的にどの様に平成の終わりを示しているのか不明でした。 ただし、忠告しておく。 () ここまで5の数字が絡んでいるのは神懸かり的ですね。 テカムセとは、1811年に白人に領土を奪われたインディアン部族、ショーニー族の酋長テカムセのこと。 2040〜2050年の未来 経済• ある日本人が書き上げた予言 岡本天明という人が自動書記現象というもので 日月神示という文書がある。 そして移動が世界史の本質だとそもそも知らないから。

>

たつき諒さん「私が見た未来」の予言・横浜大津波はいつ来るのか・たつきさん直々の指摘の上、記事を書いてます│麒麟Room

2020年以降の日本はどうなっているでしょうか? 2020年から2030年までの未来 社会• 私の夫は横浜の沿岸部に勤めています。 世界史はつまるところ知的階級の進歩主義とそれ以外の対立ですが、日本はそのバランスが崩れることで政治的な危機が訪れ、社会保障がまず壊れ、続いて通貨が壊れます。 内戦後の生存者は図書館や大学の周りに集結してコミュニティを形成している。 船の乗組員は次のようなことを語った。 ほかにも、100年後のウナギの蒲焼きについて切々と説く料理人がいるかと思えば、ノーベル文学賞をもらう文豪は13人に達しているはずだと力説する学者もいて、当時の牧歌的な雰囲気が伝わってくる。

>