安田 記念 追い 切り。 【安田記念】戦い終えて― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

【最終追い切り】安田記念(2019)調教BEST3~実績馬の意地か~

NHKマイルCの時も前で運ぶつもりだったけど、結果的にああいう形(後方一気)になって長くいい脚を使って勝ってくれた。 最終追い切りはサラッとやる程度だと思うが、しっかりと注目していきたい。 4秒先着 追い切り考察 いつも通り坂路中心の追い切り過程。 【池江調教師】 「近走の敗因は馬場、コーナー4つの競馬場とハッキリしている。 本来であれば宴開催中というパターン濃厚ですが、残念ながら今年は自宅待機。 折り合い一つと言う状況だろう。

>

【安田記念 2020】最終追い切り後の追い切り考察

ここを見ても、仕上がりに抜かりはないかなという印象ですね。 好走傾向からは美南W仕上げが良い傾向にあります。 強調出来るような内容は消化出来ていないし、間隔が空いている割にあまり攻めれていないイメージ。 昨年"2強"と呼ばれながら、アーモンドアイ、ダノンプレミアムはともに1400m以下の実績がない"危険な人気馬"だったという事です。 ダノンキングリーも、連対実績としては平坦戦~消耗戦までこなしていて立派だが、その瞬発MAX値たるやここでも抜けていても不思議ないくらいの瞬発タイプ。 土曜の雨も痛かった。

>

【最終追い切り】安田記念(2019)調教BEST3~実績馬の意地か~

それに走るときはしっかり走るが、それ以外は随分と落ち着いてきたね。 早朝にはもうひと雨とも言われていて、執筆時点なんとも言えないが、朝の段階では、ひょっとすると重発表なんてことも? 当日芝は4Rからでまあ良回復しているだろうが、安田記念までに5鞍。 胸も広く、脚捌きもこの馬の過去の動きとの比較になれば非常に鈍く感じるので、当然ではあるがこのままの動きではとても手は出せない。 インディチャンプ 栗東坂路 併せ先着 ダノンキングリー1週前いっぱいに追う/マイルCS。 追い切りでハミを取る馬ではあるけど、今回は取りすぎで折り合える雰囲気がなかった。 決してスムーズなレースではなかった。 中でも、ひときわ強い輝きを放った1頭が、 63年振りの無敗の牝馬2冠を達成した デアリングタクト。

>

【安田記念2020】最終追い切り所見 1/3 元馬術選手のコラム【競馬】

動きは凄く良いですし、前走内容も非常に高く評価していますので、ここでも1発あって不思議ない1頭に感じます。 今回もあっさりと併せ馬をかわしているが、追われた時の伸びは良い意味でJC時と変わらなかった。 ただ、NHKマイルC制覇や直近で掲示板に入ったダービー卿CT、母系のスピード指向からは、今となっては2歳時に積んだ瞬発戦実績にあまりとらわれずに行くべきか。 本来はヴィクトリアマイルを使うというプランだったみたいですが、体調が整わずここに矛先を定めてきたわけで、順調さは欠いた中でも最大限の仕上げで挑めるのではないでしょうか。 史上初の芝GI・8勝目へ向けて盤石の態勢をアピールした。 【木村調教師】 「素晴らしい伸び脚。 馬によっては、少なくとも5馬身は不利があって、しかも1分30秒9の基本前々決着では挽回は到底不能で、残念ながら全体像=度外視の一戦、といっていいほどのレースになってしまっている。

>

安田記念2020予想【追い切り後分析】坂路最終追い快走!充実期に突入し成績安定のアノ馬に◎!終いまで脚を残す形でキッチリ結果を出した前走の内容優秀!

軽めながら力強い動きで、体調は高いレベル安定している印象。 4つ目のGIタイトル獲得へ仕上がりは万全だ。 【猿橋助手】 「前走(クイーンエリザベスS=3着)はかなりの不良馬場で走りづらそうにしていた。 併せ馬はナイトバナレット 1000万下 を相手に併走して最後は0. 7倍をつけている。 その最終追い切りですが、相変わらず素晴らしい動きでしたし、ここに向けて好調を維持出来ていると思います。

>

【安田記念2020】1週前追い切り 全17頭評価&好調馬まとめ

リスグラシューから5万馬券的中を掴み獲った有馬記念で、弊社シンクタンクはなぜ、9着に敗れたアーモンドアイを軽視したのか。 76点 アーモンドアイ 美浦 南W 良 水曜日 併せ 馬なり 5F66. 少し遊ぶところがあるが、(調教で)2回乗ってもらって確認してもらえた。 スタートから行かせると最後に甘くなるので、ハミを取るのを待って、ジワッと行く形が合っている。 一旦は前に出ながら差し返され気味の併入決着。 追われてからの伸びに不満が残る。 今回は 安田記念2020予想:追い切り・調教から見る好走傾向を中心とした記事を書いていきます。 さぁ6年の集大成、見せてくれ、カンパニー! 勝機(しょうき)とは。

>

【安田記念 2020】最終追い切り後の追い切り考察

悔しい思いはあるが、チークピーシーズを着けたことで序盤も進んで行けたのは収穫。 3 と加速ラップを踏むことが至難と言える美南Wで2週連続の加速ラップ。 【猿橋助手】 「この中間は一旦、オフにしてから立ち上げるというイメージで調整を進めました。 単走で軽めだが、間隔を考えれば十分。 ただ、緩い馬場でもスピードを求められる競馬になってしまった。 胸の広さや頸の使い方、走りのリズムも全く崩れていないので、ちょっと物足りなさが残る追い切りとなってしまった。

>