ルキウス ロンギヌス。 聖杯戦争

宇津見エリセ

聖杯トーナメントでコハルと同じ陣営で戦うはずだった英霊。 のイリヤ世界における聖杯戦争 [ ] 『』のイリヤ世界で本編の時間軸の10年前、アインツベルン家が行おうとしていた儀式。 有事の際、都市管理AIから彼の武器やマントの色に由来する「コード・クリムゾン(真紅の招集)」が発せられるとチトセと共に出動し、外敵を殲滅する。 ローマの氏族名。アルピヌムの名家。 グラニウス アウルス・グラニウス。カエサルの騎士。 グラニウス2 ローマの氏族名。 グラベル ウァリニウスを参照。 グラベル2 若い奴隷の呼称。「髭無し」の意。 グリュコ 医師。43年のコンスル,パンサの治療を依頼される。パンサが死亡すると毒殺の疑いをかけられ拘禁される。 グリケリウス ローマ帝国皇帝。位後473年。 グルゲス 貪食漢 ケーナブム 現在のオルレアン。ガリアの年会議が行われる所。 ケスティウス 著述家。シルスのライバル。作品に「風刺詩」。 ケスティウス2 Cestius. 、キンブリ族らと合流したティグリニ族は、で大カエピオ相手に大勝利を収めることになる。 でポンペイウスが敗れるとカッシウスは他の元老院議員同様カエサルに許され、カエサルの支配するローマでに外国人係(praetor peregrinus)に就任した。

>

宇津見エリセ

主に過去の英雄が召喚されるが、未来の英雄や非実在の存在が召喚されることもある。 オロシウス『異教徒に反論する歴史』、V, 15, 24. ~後287年。靴職人の守護聖人。ガリアで殉教した。クレピアヌスの兄弟。 クレメンス クレメンス1世。4代ローマ教皇。位後90~99 クローディア クロディウスの中の妹。悪名高い淫婦。クァドランタリアすなわち「10円で売る女」と呼ばれる。カエキリウス・メテッルスと結婚するも,のちに離婚。詩人カトゥルス,カエリウス・ルーフス等の愛人を持つ。 クロエー Chloe. 無能な法律家コスタが何も知らない言い張るのを聞いて。曰く「君は法律の事を訊かれているとでも思っているのか。」母親の淫奔さが有名なネポスに父親を問われて。曰く「君にとっては,お母さんがその答えを難しくしてくれたがね。」気まぐれなネポスが師の墓に石の鴉をそなえるのを見て。曰く「実に良い思いつきだ。先生は君に,弁舌よりも飛び回ることを教えたからね。」弁護人アッピウスが「配慮と雄弁,信実の見本を示せと言われた」と自賛するのを聞いて。曰く「それほどまでに鉄のような人間にうまれついたのか。友達に頼まれた事を何一つみせなかったのだもの。」アクィリウスをアドラストスと呼ぶ。解放奴隷出身との噂のあるゲルリウスの大声を聞いて。曰く「みんな驚くことはない。この人もまた自由を求めてわめいていた人々の1人なのだ。」借金に困ったスラの息子が出した,財産競売の告示を見て。曰く「この告示の方が,親父の出した告示より好ましいね。」クロディウスを,カエサル邸事件で不利な証言を行い敵に回す。106年1月~43年12月7日。95年ローマに出て鳥占官のスカエウォラに学ぶ。89年ピケヌムにおいてポンペイウス・ストラボーの麾下で従軍。88年カンパニアにおいてスラのもと従軍。79~77年アシア遊学。75年西シキリア担当クァエストル。70年有名なウェレス裁判の告訴人代理。69年アエディリス。66年プラエトル。63年コンスル。57年以来ウティカのカトーと不仲。53年アウグル。51年キリキア総督。43年オクタウィアヌスと同盟。43年「フィリッピカ」を発表以来アントニウスと不仲。43年後継コンスル。43年三頭官の取引でオクタウィアヌスに見捨てられ,財産没収。43年末カイエタの田舎道で,ヘレンニウスの手により,斬首。享年64歳。オクタウィアヌスのキケロー評。曰く「学問のある人だったよ。そしてまた,愛国者だった。」キケローのオクタウィアヌス評。曰く「誉むべき トレンドゥム 若者だ。」トレンドゥム,すなわち「殺すべき」でもあった。常に微笑と,冗談を備えている。首と右手をローマの演壇にさらされる。 キケロー3 マルクス・トゥリウス・キケロー。有名なキケロの父。アルピヌムの地方政治家だった。95年から,子供の教育のためローマに住む。 キケロー4 マルクス・トゥリウス・キケロー。有名なキケローの息子。キケローの命令で,遊びと弁論の先生ゴルギアスを罷免される。48年のファルサロスの戦いで騎兵隊長。時に17歳。のちマルクス・ブルートゥスにつく。30年オクタウィアヌスの同僚コンスル。2コンギウス 6リットル を一気飲みする酒豪だったが酒癖が悪く,かのアグリッパに大杯を投げつけた事がある。, キルニウス ローマの氏族名。 キンゲトリクス ガリア人。トレウェリー族の指導者。インドゥティオマルスの甥。 キンゲトリクス2 ブリタニアの王。 キンナ ルキウス・コルネリウス・キンナ。87年コンスル。86年コンスル。マリウスと共にマルクス・アントニウス2を殺す。ポンペイウス・マグヌス暗殺の嫌疑から,軍に反乱され殺害される。 キンナ2 ヘルウィウス・キンナ。護民官。カエサルの子分。カエサル暗殺の直後,暗殺者のコルネリウス・キンナと間違われて民衆に殺された。 キンナ3 コルネリウス・キンナ。カエサル暗殺者の1人。カエサルの死後集会で彼を弾劾し,民衆に恨まれる。 キンベリウス ガリア人。スエービー族の指導者。ナスアの兄弟。アリオウィストゥスに招かれ,ガリア植民を図る。 キンベル ティルリウス・キンベル。カエサル暗殺者の1人。カエサルのトーガを掴む。 ギュンニス 女男または男女の意。 クァエストル 財務官。任期1年。定員はスラにより16人から20人に増加。財政並びに警察分野の官僚。政界の登竜門。 クァドラトゥス ルキウス・ニンニウス・クァドラトゥス。58年の護民官。 クァドラトゥス2 ガイウス・ウォルセヌス・クァドラトゥス。エトルリア又はウォルスキー出身か。カエサルの副将。 クィリース Quiris. なぜかと言えば同じくアーサー王伝説の聖杯探索のエピソードに既に登場し、が昇天する際に聖杯と一緒に持って行ったとされる逸話があるため基本的にこちらのエピソードと矛盾するからであろう。 監督役は前回に引き続き言峰璃正。 歴史学者V. コハルのサーヴァントである。 医神と讃えられるギリシャ神話の英雄。

>

グレコ・ローマン コーナー

《秋葉原》を離れるエリセの後任を任される。 自身とは対照的なイケイケ系。 でクラッスス自身が敗死するなどローマ側の大敗となったがカッシウスは生き残り、敗残兵をまとめパルティア側の侵攻を防いだ。 「かの人」の最期に関わったためか「神殺しの槍」としての属性を持つことが多い。 ちなみに彼女のそういう記憶は父親によって ギリシャ神話のレーテーの河の水を飲まされたことにより 消されている。

>

ブルディガラの戦い

赤ん坊の頃から知る相手。 マスターと共に『キュケストック・アイアイエー』というチェーン店をモザイク市全域で展開している。 アニー・オークレイ 『麗人座会館』のサーヴァントの一人。 冥府への案内者。 カタマンタロエディス ガリア人。セークァニー族の王。ローマ国民の友と呼ばれる。カスティクスの父。 カティウス Catius. 『氷室の天地』ではこの聖杯戦争の影でが中心となってやまで巻き込んだ一大事件が起きていた事が語られている。 同僚監察官はであった。 その際に使われた槍がロンギヌスの槍と呼ばれるようになり、イエスの血がついた槍は聖遺物とされ、 聖槍(せいそう)と呼ばれるようになった。 なお、観客への被弾は障壁が防いでくれるので基本的に観客が負傷する事はなく、必要な魔力は観客から供給されている。

>

ルキウス・ヒベリウス

ローマ帝国の百人隊長。 聖杯降臨地は冬木教会。 執政官就任年とウィッリウス法の規定から、ラウィッラは遅くともには(法務官)に就任したはずである。 性格は理知的かつ穏やかで気さくな人物。 都市AIであり、同系期のカレンシリーズが存在するものの、彼女以外は「カレン」と呼ぼうとはしない。

>

Fate/Requiem (ふぇいとれくいえむ)とは【ピクシブ百科事典】

関連項目 [ ]• このヘルウェティイ族の一部が、ディウィックという人物に率いられてを超え、ローマの支配地域を通過して沿いのに到達した。 なお秋葉原の「秋葉」は、伊邪那美を死に至らしめた彼女の最後の子である、そのによる別名「秋葉明神」を祀る「秋葉神社」に由来する。 瑠璃姫 義経のマスター。 戦後生まれは先天的に、戦前の生まれでも後天的に獲得しており、聖杯を持たない人間はごく少数のイレギュラーとなっている。 秋葉原でストリートミュージシャンをやっている冴えない男性。 かつての聖杯戦争を勝ち抜いた実力は顕在で、ンザンビに暴走させられたサーヴァントの集団を一方的に掃討するほど。 ちなみに新世紀エヴァンゲリオンに「カシウスの槍」というものがあり、聖ロンギヌスの本名にカシウスが付いてるためロンギヌスの槍と表裏一体の扱いなのではないかと考察されている。

>

ルキウス・カッシウス・ロンギヌス

コラボレーションイベント「」にて 正確には 準サーヴァントとの事らしいが? として参戦。 「この少年は……わたしのサーヴァントだ! 何も出来なくたっていい……!」 プロフィール 身長 158cm 体重 48kg 年齢 14歳 出身 ・モザイク市《》、《》 好きなもの 落ち着いて本が読める静かな場所、辛いもの 嫌いなもの 英霊を愚弄するもの CV 概要 『』の。 経歴 [ ] 現存する資料にロンギヌスが最初に登場するのはのことである。 なお『アルトリア・ロマンス』のはルーシャスと面識がないように語っている。 また、アメリカで聖杯戦争を執り行われたという公式記録がない。 とある侍のサーヴァントを連れている。

>