東武 バス。 東武バス

北千住駅のバス時刻表とバスのりば地図|東武バスセントラル|路線バス情報

東武バス [C] 日光駅行• 西口・東口・北口 -• 東武バス [Y] 日光駅行• 東上線方面• 35分• 北千住駅のバスのりば・時刻表(東武バスセントラル 2番のりば 西新井大師方面 西新井大師~北千住駅 4番のりば 西新井大師方面 北千住駅~西新井大師 4番のりば 西新井駅西口方面 北千住駅~西新井駅西口 4番のりば 江北駅方面 北千住駅~江北駅 4番のりば 花畑車庫方面 北千住駅~花畑車庫 4番のりば 六町駅方面 北千住駅~六町駅 東武バスセントラル以外のバスのりば 北千住駅前 1番のりば 千住車庫前方面 都バス23区 北千住駅前 1番のりば 足立区役所方面 都バス23区 北千住駅前 1番のりば 足立清掃工場前方面 都バス23区 北千住駅前 3番のりば 王子駅前方面 都バス23区 北千住駅前 3番のりば 駒込病院前方面 都バス23区 北千住駅西口 11番のりば 北千住駅西口方面 新日本観光自動車 北千住駅西口 11番のりば 荒川鉄橋方面 新日本観光自動車 北千住駅西口 11番のりば 北千住駅西口方面 新日本観光自動車 北千住駅西口 12番のりば 鹿浜五丁目団地方面 新日本観光自動車 北千住駅西口 13番のりば 北千住駅西口方面 新日本観光自動車 北千住駅西口 13番のりば 北千住駅西口方面 新日本観光自動車 北千住駅西口 13番のりば 博慈会記念総合病院方面 新日本観光自動車 北千住駅の周辺バス停留所• 高速バス 東武バスセントラル [ ] 以下の9路線を担当する。 2017年10月22日から運行開始したリバイバルカラー 社番 [ ] 9 919 記号 固有番号• 35分• 12:01 発 12:36 着• 13:16 発 13:51 着• カラーリング [ ] (昭和45年)までは青と革色()の塗装で、一般路線車と貸切車・長距離路線車では色は同じであるがデザインが異なっていた。 ・本サービスは、多くのお客様にご利用いただけますように運営されておりますが、全ての携帯電話端末機に対応することを保証するものではありません。 17:18 発 17:53 着• 詳細は「」を参照 なお、東武により廃止された路線でも、地元自治体がやとして東武グループ以外の事業者に運行委託し、路線が維持されているものがある。 さらに同年、傍系会社の京水モーターバス、埼玉自動車、英自動車の3社を合併、それぞれの事業を南千住、、下館の各営業所を設置して継承した。 足立一日フリー乗車券• なお、東武グループ内朝日自動車グループへ東武バスから譲渡されるケースは、近年数を減らしている。

>

東武日光駅から神橋 バス時刻表(日光駅

35分• 前橋営業所・渋川営業所(出張所)・沼田営業所• ミッドナイトアロー柏 2748 深夜急行バスは、「ミッドナイトアロー」の愛称で10路線が深夜の帰宅の足として運行されている。 東武バス [Y] 日光駅行• 往路と同じ経路で運行するが、 「豊春駅入口」は通過する。 以下の定義がある。 18:16 発 18:51 着• 15:56 発 16:31 着• 東武バス [YK] 日光駅行• 1939年に東武鉄道の直営バス事業を東武自動車が引き継ぐことでバス事業の一元化が図られることとなり、旧:東武直営バスの車庫は、草加営業所となった。 停留所時刻表で発車時刻を確認してください。 沿線の住宅路線を主力とし、足立、草加の2営業事務所と6営業所を有する。

>

北千住駅のバス時刻表とバスのりば地図|東武バスセントラル|路線バス情報

35分• 16時• は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 スカイツリーシャトル上野・浅草線が1日乗り放題となる乗車券。 戦後の発展 [ ] 1970年代の路線バス(旧塗装、) しかしに入ると、群馬県を始めとする地域での急速なモータリゼーションとそれによる道路渋滞の発生、鉄道網の発達による利便性の向上、山間部における化など、日本全国の各地で見られた問題が影響し、徐々に東武鉄道のバス事業は縮小していくこととなった。 内は共同運行会社。 - ミッドナイトアロー岩槻を運行開始。 35分• このため1990年以降は、さらなる路線の縮小や東武グループ以外の事業者への移管を推し進めた。 いずれの路線も平日のみの運行である。

>

東武日光駅から神橋 バス時刻表(日光駅

35分• 「」および「」も参照 地域分社化 [ ] しかしこの急速な路線撤退にもかかわらず、東武鉄道のバス事業は赤字へと転落することとなった。 管轄営業所は、組織改正のたびに変更があった出張所も多いため、最終時の管轄のみ掲載。 東武バス [YK] 日光駅行• 本社() 本社所在地 〒131-8522 二丁目18番12号 東武鉄道本社内 設立 (14年) 事業内容 運行会社に係る事務の代行、動産および不動産の賃貸借等 代表者 柏倉 則行 2019年6月21日就任 資本金 25億7,635万円 売上高 24億4848万円(2020年03月31日時点) 営業利益 1億8373万5000円(2020年03月31日時点) 経常利益 1億9597万2000円(2020年03月31日時点) 純利益 1億8315万9000円(2020年03月31日時点) 純資産 85億2931万7000円(2020年03月31日時点) 総資産 89億2948万9000円(2020年03月31日時点) 主要株主 関係する人物 外部リンク 東武バスの高速車両 (あだたら号) 東武バス(とうぶバス)は、が運営するバス。 東武バス株式会社(とうぶバス、英称:TOBU BUS CO. 13:41 発 14:16 着• (平成18年) - ミッドナイトアロー久喜を北千住駅西口始発で運行開始。 を受託運行している• 埼玉県内や千葉県内、東京都内は利用不可(指定区間を超えて乗車の場合は区間外乗車分の追加運賃が必要)。 以降に導入された新車は「東武バス」の表記に戻っている。

>

東武バスの時刻表

方面への高速路線の運行も担当している。 また、東武鉄道が一括で行っている「東武交通広告」のバスメディアの部でも東武バスグループに阪東自動車を除く4社を加えて案内されている。 JR武蔵野線方面• 15:31 発 16:06 着• 14時• バス停を検索 路線バスを検索 検索 バス経路や運賃をお調べしたい場合はをクリック。 LED式のメーカーは、基本的に日野自動車製の車両では製、いすゞ自動車製の車両では製を採用している。 前後扉車と3ドア車の後扉は折戸で、窓が前扉の折戸より窓が小さいのが特徴であった。 16:36 発 17:11 着• また東武バスにおける営業事務所と営業所の違いは、規模やエリアなどではなく会社組織的な都合で区別されているものであり、運行上は営業事務所と傘下となる営業所の間に関係はない。 東武バス [C] 日光駅行• 東武バス [Y] 湯元温泉行• : - 西口 - 西口 -• 出発する場所が決まっていれば、北千住駅バス停へ行く経路や運賃を検索することができます。

>

東武バスの時刻表

では前面の1枚ガラスを嫌い、中型車の同様の2枚ガラスとした特注仕様を導入し、この特徴的なフロントマスクは「東武面」と呼ばれた。 35分• (平成27年) - ミッドナイトアロー春日部の始発停留所を東京駅に変更。 下のサイトに移転後しばらくして東武グループ全体のバス事業者を紹介するページとなった。 深夜急行バス 東武バスセントラル [ ] 東武伊勢崎線(含む、東武スカイツリーライン)及びJR沿線の3路線を担当する。 18時• そして、営業所・路線を継承した11社(現7社)に加えて別途2社の関連子会社による朝日バスグループである。

>

東武バス

東武鉄道 『東武鉄道百年史』 東武鉄道、1999年。 記号 奇数(9999の次は5000)…製と製 偶数(2999の次は6000)…製 3000番台…製 8000番台…製• 東武バス [YK] 日光駅行• 主な譲渡先は、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・などである。 - ミッドナイトアロー和光・志木を廃止し、ミッドナイトアロー川越に統合。 35分• 東武バス [C] 日光駅行• 埼玉県よりに基づく指定地方に指定されている。 (平成28年) - ミッドナイトアロー吉川・三郷を南流山駅へ延伸し、ミッドナイトアロー吉川・三郷・南流山に名称変更。 毛武自動車は当初、群馬県に営業所を置き、太田・桐生・熊谷周辺に路線を有していたが、創業から1年が経った1934年には早くも両毛回進社、東毛自動車、毛武遊覧自動車の3社を合併し、事業規模を拡大した。 かつて東武バスといえばバス事業本部の運営するバスを指す呼び名であったが、2002年4月に同事業本部が分社化され、現在の東武バス株式会社が設立された。

>