独学 大全 絶対 に 学ぶ こと を あきらめ たく ない 人 の ため の 55 の 技法。 covata.com:カスタマーレビュー: 独学大全 絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法

9割の人が知らない「人に親切にすると損をする」と思ったら知るべきたった一つの事実

短期記憶があまりつよいほうではないようなので、そのせいなのか、はたまたあまり理解ができていないのか、そもそも「理解」とはなんなのか、自分でもよくわからなくなりつつあります。 読書猿氏の過去2冊の著作『アイデア大全』と『問題解決大全』は、 膨大に学んで得た「知識のエッセンス」にあたるでしょう。 戦争の場面があまりにもしばしば出てきて、しかもその一つひとつが微に細に入り語られていてうんざりするくらいであり、…… フリーメーソンに加わったピエールの経験は、退屈なことこの上もない。 読解力や集中力がない自分のせいだと思っているのですが、文面が回りくどくて何が言いたいのかわからない、とも思うのです。 しかしそれらにもコンピュータでできる処理についてはそこまで手厚くない。 非親切行動に繰り返し接すれば、元は親切な人であっても、非親切行動に走りたいと思う可能性があるからです。 およそ「学習者」が遭遇することになる課題について、著者の独りよがりな極論や持論ではなく、 我々の先達である「学習者」たちの知見を著者が吸収し、噛み砕いた形で紹介してくれています。

>

独学大全―――絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法(読書猿) : ダイヤモンド社

【書誌から分類へ】 最後に私がどうやってるかを少し紹介します。 長々と申し訳ありませんが、読書猿さんが本や論文を読むとき、具体的にどのような方法なのか、どう理解して読んでいるか教えていただけると嬉しいです。 ノートに内容をまとめても字面を拾っているだけの感覚で、あまり身になっていると思えず、復習をしても同じような感覚です。 テスト前にマインドマップのようなものを作るのが好きだったので、もしかすると知識のつながりを瞬時に意識する?のが苦手なのかもしれません。 。 なので起源が知りたいときはまずは百科事典を引き、それで駄目なら事物起源ものに当たることが多いです。

>

9割の人が知らない「人に親切にすると損をする」と思ったら知るべきたった一つの事実

レビューとは関係ないところで盛り上がって長くなりましたが、ここまで読んで下さった方々全員の成功を願って、乾杯! 数年前から著者のブログや著書を愛用する1人として、本書の感想と紹介を書いてみます。 時間がない。 コンセプトマップの例 コンセプトマップの作り方は、下記の通りです。 親切な人につけこむ悪い人が入ってくると、親切な行動が適応的でなくなりますから、このことは自然です。 読書は好きで、長く文を読むことも苦痛ではありません。 【本から分類へ】 まず図書館かネットのオンライン蔵書目録を検索して一番近そうな書物を見つけます。

>

【独学者のための読書案内】「身近なモノの歴史を知りたい」ときに便利で楽しい一冊

ですが最強の事物起源本は実は百科事典です。 人気があると聞いたから予約してみたけど、 実物見て、これは期限内に終わらないかもと…。 様々な足の引っ張りも横行して集団としても成果を上げにくいでしょう。 とにかく実行すること。 読む前は、そのテーマについて知っていることや、そのタイトルなどから予想される内容について想像して、コンセプトマップを描きます。 しかし続けることは容易くない(53ページ)」 ですから本書の構成は以下のようになっています。

>

楽天ブックス: 独学大全

尊大で嘘ばかりつき疑心暗鬼で周囲に攻撃的にしか振る舞えなくなります。 続きを読む 新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 著書の魅力を伝えるよりは、ブームを作ることを目的としているかのようです。 で購入した。 他のレビューアー様がお書きのように、そこまでであれば地道な予習や復習などで間に合うからです。

>

楽天ブックス: 独学大全

次は本書で学んだことを使って実践してみようと思います。 また紙面の余白が広く取られていたり、図面も多く収録されているなど、読みやすくする工夫が詰め込まれているように感じました。 その書物につけられた十進分類コードがお探しの分類です。 この連載では、著者の読書猿さんが「勉強が続かない」「やる気が出ない」「目標の立て方がわからない」「受験に受かりたい」「英語を学び直したい」……などなど、「具体的な悩み」に回答。 つまらないところはどんどん飛ばしていい。 小説や論文のストーリーもおそらく問題なく追えます。

>

9割の人が知らない「人に親切にすると損をする」と思ったら知るべきたった一つの事実

。 ここで「野営」にあたる英語がcamping(キャンピング)であること、アウトドアの邦訳が「戸外」「野外」であることが分かれば、相関索引に「キャンピング 786. そして読んでいて面白かったです。 「本や論文を読んで理解する」ことが苦手で、困っており質問いたしました。 黄色い本と赤い本(アイデア大全と問題解決大全)は繰り返し読みました。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• 独学大全 古代ギリシアから最新論文まで、ありとあらゆる「知」を全網羅。 お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。 ギリシア哲学から最新の論文まで、あらゆる「知の先人」から学んだ内容を、著者独自の視点で55の技法にまとめました。

>

楽天ブックス: 独学大全

先に断ると、本書は大学受験などをゴールとした狭義の「勉強」「独学」を目指す方にはオススメしません。 以上を読んで、もう二度と親切に振る舞おうと思わない、尊大で嘘ばかりつき疑心暗鬼で攻撃的な人たちの集団で、その人達と同じように他人を貶め攻撃し搾取する生き方を続ける覚悟と諦めができたら、また私に質問を投げてください。 こうした「勉強」「独学」が念頭にあるのなら、本書は必要なく、ただ「テキスト」に向き合って合格点まで反復学習をすればいいでしょう。 『カラマーゾフの兄弟』は、全体として統一を欠いた書物で、ひじょうに分量が多く、場所によっては冗漫でもある。 そのため、本来ならばA4用紙にまとめられるような内容を無理やり引き伸ばして本にしているという格好になってしまっています。

>