アレクサンダー ヴォルカ ノフ スキー。 【試合結果|動画ハイライト】「UFC 232」ジョーンズVSグスタフソン|2018年12月30日開催 サイボーグとヌメス衝撃の決着など

【UFC232】計量終了 JJにブーイング。ピョートル・ヤン、メンデス✖ヴォルカノフスキーにも要注目

差し返して引き剥がすホロウェイ。 毎ラウンド彼を叩きのめしていたわけではなかったけど、間違いなく私の方が優勢だったよ」 「もしそれがもっと接戦で、スプリット・デシジョンのような結果だったら、私のコーチは彼が再戦に相応しいと言っていただろう。 自分は別次元だ。 アレックス・ボルカノフスキーとも表記される。 Tim Bissell 2017年6月9日. 28日(金・現地時間)、29日(土・同)にカリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで開催されるUFC 232「Jones vs Gustafsson 2」の計量が行われた。 出典:UFC公式サイト 詳しくは、よりご覧ください。 そこも 、 もう一つのポイントとして挙げておきたいと思います。

>

【試合結果|動画ハイライト】「UFC 232」ジョーンズVSグスタフソン|2018年12月30日開催 サイボーグとヌメス衝撃の決着など

右を打ち込む。 2Rもホロウェイ。 スポンサーリンク 試合が終わった後にUFCのダナ・ホワイトは再戦について言及しましたが、ヴォルカノフスキーは試合内容から再戦を行うべきではないと考えています。 ヴォルカノフスキー飛び込んで右。 今は手が骨折しているからね。

>

アレクサンダー・ヴォルカノフスキー

人物・エピソード [ ]• ホーン。 「だから、どっちが相手の心を折るかの勝負になるかもしれない。 すぐに抜け出したホロウェイ。 タイトルマッチ5分5R。 AUSTRALIAN MACEDONIAN E-MAGAZINE. 間合いを詰めたところにホロウェイのパンチの連打がヒット。

>

アレクサンダー・ヴォルカノフスキー

ホロウェイも手を出すがヒットが少ない。 1コンテンダーとしての地位を固めるべきだ」 「誰かが前に出てきて欲しい。 が、ケージを使ってすぐ立った。 ジャブで出ていくホロウェイ。 closes the show in the 3rd with a beautiful counter right hand! 彼がライト級で戦うのかどうかはわからない。

>

【試合結果|動画ハイライト】「UFC 232」ジョーンズVSグスタフソン|2018年12月30日開催 サイボーグとヌメス衝撃の決着など

ヴォルカノフスキーのパンチを貰ったホロウェイ。 最恐ACBのチャンピオンを経てオクタゴンへ移ったピョートル・ヤンは、9月のロシア大会で戦う予定だったドゥグラス・アンドレージと仕切り直しの一戦に挑む。 男子パウンド・フォー・パウンド [ ] 順位 選手 戦績 変遷 階級 ステータス 1 29—0 ライト級 ライト級王者 2 26—1 ライトヘビー級 3 20—0 ミドル級 ミドル級王者 4 20—3 ヘビー級 ヘビー級王者 5 17—1 ウェルター級 ウェルター級王者 6 22—1 フェザー級 フェザー級王者 7 26—6 ライト級 ライト級ランキング2位 8 21—6 フェザー級 フェザー級ランキング1位 9 15—1 バンタム級 バンタム級王者 10 22—3 ライト級 ライト級ランキング1位 11 20—1 フライ級 フライ級王者 12 22—4 ライト級 ライト級ランキング4位 13 22—5 ミドル級 ミドル級ランキング1位 14 25—4 ライト級 ライト級ランキング3位 15 15—3 ヘビー級 ヘビー級ランキング1位 女子パウンド・フォー・パウンド [ ] 順位 選手 戦績 変遷 階級 ステータス 1 20-4 女子フェザー級・バンタム級 女子フェザー級・バンタム級王者 2 20—3 女子フライ級 女子フライ級王者 3 21-1 女子ストロー級 女子ストロー級王者 4 9-4 女子ストロー級 女子ストロー級ランキング1位 5 21-8 女子ストロー級 女子ストロー級ランキング2位 女子フライ級ランキング1位 6 16-4 女子ストロー級 女子ストロー級ランキング2位 7 10-4 女子バンタム級 女子バンタム級ランキング1位 8 14-5 女子バンタム級 女子バンタム級ランキング2位 9 9-1 女子バンタム級 女子バンタム級ランキング3位 10 15-4 女子フライ級 女子フライ級ランキング2位 11 10-6 女子ストロー級 女子ストロー級ランキング5位 12 9-1-1 女子フライ級 女子フライ級ランキング4位 13 13-1 1NC 女子ストロー級 女子ストロー級ランキング3位 14 18-5 女子ストロー級 女子ストロー級ランキング6位 15 10-4 女子バンタム級 女子バンタム級ランキング6位 ヘビー級 [ ] 王者: 20-3 順位 選手 戦績 変遷 1 15—3 2 14—2 1 NC 3 11—1 4 24—7 1 NC 5 47—18 1 NC 6 32—8 7 21—8 8 シャミル・アブドゥラヒモフ 20—5 9 アウグスト・サカイ 15—2—1 10 59—14—1 11 13—9 1 NC 12 14—1 13 18—4 1 NC 14 6—0 15 30—19 ライトヘビー級 [ ] 王者: 27-8 順位 選手 戦績 変遷 1 32—7 2 21—8 3 12—2 4 13—2 5 27—3—1 6 34—16 7 17—5 8 26—7 9 18—5 10 15—5 11 14—1 12 ライアン・スパン 18—6 13 12-1 14 ポール・クレイグ 14—4—1 15 25—14 ミドル級 [ ] 王者: 20—0 順位 選手 戦績 変遷 1 22—5 2 13—1 3 13—5 4 21—5 5 13—5 6 18—3—1 7 21—7 8 15—6 1 NC 9 16—9 10 15—5 11 11—1 12 オマリ・アクメドフ 20—5—1 13 15—4—1 14 17—6 15 イアン・ハイニッシュ 14—3 ウェルター級 [ ] 王者: 17—1 順位 選手 戦績 変遷 1 16—2 2 19—3 3 18—3 4 35—14 5 15—4—1 6 19—6—1 7 28—10 8 17—4 9 24—7 10 19—7—1 11 13—2 12 23—10 13 17-3 14 28—15 1 NC 15 9-0 ライト級 [ ] 王者: 29—0 順位 選手 戦績 変遷 1 22—3 2 26—6 3 25—4 4 22—4 5 20—9 6 30—13 7 29—8 1 NC 8 17—5 9 17—2 10 14—6—1 11 18—6 12 19—4—1 13 18—1 14 13—1 15 ドリュー・ドーバー 23—9 1 NC フェザー級 [ ] 王者: 22—1 順位 選手 戦績 変遷 1 21—6 2 15—1 1 NC 3 18—1 4 13—2 1 NC 5 16—6 6 22—4 7 16—2 8 T 16—1 8 T 28—18 1 NC 10 11—1 11 14—3 12 13—2 13 8—1 14 14—0 15 21—9 バンタム級 [ ] 王者: 15—1 順位 選手 戦績 変遷 1 19—3 2 13—2 3 23—7—1 4 12—3 5 24—8—1 6 18—6 1 NC 7 28—7 8 23—4 9 27—8 10 22—3 11 17—4 12 12—4 13 18—3—1 14 16—4—1 1 NC 15 16—6—1 フライ級 [ ] 王者: 20—1 順位 選手 戦績 変遷 1 18—5—1 2 28—7 3 12—0—1 4 24—6 5 22—5 6 12—5 7 T カイ・カラ=フランス 21—9 1 NC 7 T ホジェリオ・ボントリン 16—2 1 NC 9 マット・シュネル 14—5 10 ハウリアン・パイバ 20—3 11 ダビッド・ドボジャーク 19—3 12 16—11—1 14 タイソン・ナム 20—11—1 13 ジョーダン・エスピノーサ 15—8 1 NC 15 アミール・アルバジ 13-1 女子フェザー級 [ ] 王者: 20-4 ランキングなし 女子バンタム級 [ ] 王者: 20-4 順位 選手 戦績 変遷 1 10—4 2 14—5 3 9—1 4 11—8 5 アイリーン・アルダナ 12—6 6 9—4 7 11—1 8 13—5 1 NC 9 12—5 10 9—6—1 11 リナ・ランズバーグ 10—5 12 メイシー・チアソン 6—1 13 シハラ・ユーバンクス 7—5 14 パニー・キアンザド 13—5 15 ジュリア・アビラ 8—2 女子フライ級 [ ] 王者: 20—3 順位 選手 戦績 変遷 1 21—8 2 15—4 3 14—4 4 9—2—1 5 18—7—1 6 15—8 1 NC 7 14—5 8 25—17 9 ビビアン・アラウージョ 9—2 10 8—1 11 11—5 12 ジリアン・ロバートソン 9—4 13 19—10 14 アントニーナ・シェフチェンコ 9—2 15 モンタナ・デ・ラ・ロサ 11—6 女子ストロー級 [ ] 王者: 21—1 順位 選手 戦績 変遷 1 9—4 2 16—4 3 13—1 1 NC 4 18—6 5 10—6 6 18—5 7 18—8 8 12—1—2 9 T 11—5 9 T 10—1 11 9—1 12 アンジェラ・ヒル 12—9 13 ビルナ・ジャンディロバ 16—1 14 14-9 15 リビーニャ・ソウザ 14-2 脚注 [ ]. でもナマユナスは、勝っていながら自分の弱点をちゃんと直視して、修正し続けているから、毎回成長しているでしょうね」 ——その進化する王者と、現在3連勝中と勢いに乗る挑戦者の闘いのポイントは、どのへんになりそうですか? 「アンドラージは、今回もどんどん前に出てくると思います。 ホロウェイまた右ハイ。 アルドは、もともとボディブローが得意ではありましたけど、ちゃんと勝負所でボディを打つっていうのは、冷静じゃないとできないことです。 一方のホロウェイも次は絶対に取らないといけない。

>

UFCランキング

2人もぶっ壊すつもりで戦う。 ホロウェイ下がって距離を取る。 「これはあくまで憶測なんですが、エドガー戦の前に1階級上のライト級暫定王座決定戦でダスティン・ポワリエと対戦した時、もしかしたら無理な体勢から打撃を出し続けたことで疲れてしまったので、そこを修正する必要性が生まれたんじゃないかと思うんです。 1コンテンダーだから楽しみだね。 He is once again your Light Heavyweight Champion. ホロウェイまたオーソドックスに戻して出る。 さらに右をヒットさせる。 一方、王者ナマユナスは、スマートな闘い方をしているように見えて、エグイことが平気でできてしまうタイプなんです」 写真:Getty Images ——エグイことというと、具体的にどんな攻撃ですか? 「例えば、グラウンドでポジションを奪いにいきながら、常にパウンドを落とし続けて、その打撃をいちいち相手の目や鼻に入れているんですね。

>

「UFC 245」WOWOW 12/15(日) 正午~ 生中継。ウスマン×コヴィントン、ホロウェイ×ヴォルカノフスキーの見所を髙阪剛が解説

ホーン。 ヴォルカノフスキーは気持ち的にも乗ってると思うので、いわゆる正統的なスタイルだけで勝ちに結びつけるのは難しいと思いますから。 彼は以前と比べて改善されていると思うけど、それでもまだ十分ではないと思っている。 77キロ) <ウェルター級/5分3R> カーロス・コンディット: 171ポンド(77. 両者なかなか間合いに入らない。 プレスしてきたホロウェイ。

>

12月は豪華カードが目白押し!激戦必至の『UFC245』注目ポイントをWOWOW解説“世界のTK”髙阪剛が列挙!!|株式会社WOWOWのプレスリリース

王座初防衛に成功した。 既婚者であり、2人の娘がいる。 Now on a 16-fight tear 6-0 in the , the Aussie … —. 「彼はNo. ホロウェイ受け止めたがケージに押し込まれる。 ケージに押し込む。 アマチュアリアリティ番組の『マレーシア・インベージョン Malaysia Invasion 』にコーチとして出演した。 感じとしては1、2ラウンドを確実に取って逃げ切るような試合が多い。 残り15秒、バックスピンキックを入れたホロウェイ。

>