コルト ux。 【ポチっとシリーズ】オリムピック「20コルトUX」

話題沸騰中!噂の“ハイコスパ”なアジングロッド『コルトUX(オリムピック)』を編集部員が徹底ガチインプレ!!

・それ以外の場合は送料はお客様負担となります。 5gまでのジグ単はフルキャストも問題なし。 その付与上限を超えた場合、対象期間中は表示されている付与額では付与されません。 改めてスペリオルシリーズを触ったのですが、 以前のソルセンシリーズよりも、 感度などワンランク上に上がった感じで やっぱりいいですね。 ただ、実釣には問題ないですが、おさまりが少ないのでリールフットの先端の塗装は剥げやすいと感じます。 耐久性 さすがにこのロッドを3m以上の足場での抜き上げで試していないが1m位の足場での尺手前のアジやヒラセイゴの抜き上げは問題なし。 ロッドバランス 水平バランスが保てるのは月下美人2004 改 をセッティングしてスリーフィンガーで握り込み人差し指と中指の間、もしくは中指。

>

コルトUX レビュー 実釣インプレ2

GCRTS-612L-HS ・長さ=1. 総合評価 コルトUX572は、1万ちょいという値段からするとアジングロッドとして十分な機能を持っていると思います。 しかし今年出ていた新しいモデルは 5フィート台で40g台になってました。 下記の時間帯でお届け時間のご指定をお受けいたしますが、地域によってご希望のお時間にお届けできない場合もありますのでご了承ください。 7㎜の高弾性ソリッドを搭載し、水中での繊細なリグ操作が可能。 IPSのリールシートなので、このようにおさまりが少なく感じるのだと思いますが、20コルトUXを含めて今までIPSのリールシートのロッドを使って、使用中にリールが外れたことは1度もないので、問題ないかと思います。 しかしベリーやバットの張りが強く、 魚を掛けてからもロッドが 魚の引きを吸収せずに反発するので、 やり取り時に腕へ負担が かかりやすいですね。 キャスト 張りがあるブランクのおかげで 強風でも風に負けずに 振りぬくことができます。

>

(2020年新製品・再入荷予約)オリムピック/Olympic 20コルトUX 20GCORUS

アジがジグヘッドを吸い込んだ時の コンッという明確なアタリはもちろん、 アジが首を振ってジグヘッドを吐き出す時に出やすい カサカサっというアタリも感知でき、 アタリを感知して合わせを入れて掛ける アジングの楽しさを満喫できます。 ここまでコスパのいいロッドは 他にないんじゃないかなと。 7月末~8月中旬まで広島湾エリアでアジングに勤しんでいました。 24m ・重量=63g 18コルトの中で最も長い仕様。 ただ、ご多分に漏れずマイクロガイドなのでお爺さんのナイトエントリーにはちょいと不向き 笑 これさえ我慢できればお買い得です! あっ、どこかのブログに日本製みたいな事書いてありましたが、オフィシャルサイトでも書いてありますが 立派なMADE IN CHINAですのでお間違いなく。

>

(2020年新製品・再入荷予約)オリムピック/Olympic 20コルトUX 20GCORUS

各モデルのスペックはコチラ! アイテム アクション 全長(m) 先経(mm) 元径(mm) 仕舞寸法(cm) 継数 適合ルアー(g) 適合ライン(lb) 希望小売価格(円) 20GCORUS-572UL-HS RF 1. もしくはこのロッドをフロントエンドにして 来年あたりにバックエンドとなる 高級モデルのアジングロッドが 新しく出るのかな?と予想しています(笑) ヌーボコルトプロトタイプの出来がいいので それを超えるモデルの開発は大変そうですね。 18レガリス(185gのリール)に 合わせた設計をしたんじゃない?と思うくらい、 18レガリスが絶妙に合っており、 産卵のアジのテンション抜けの辺りも バッチリ感知できました。 「いい設計してるだろ?」とドヤってる 設計者さんの顔が頭に浮かびます(笑) そして今回見ておきたかったのが 20コルトUXシリーズ。 失礼ですが、私は既に過去のメーカーさんだと思っていました。 ソルセン スペリオルシリーズもチェック 僕の手持ちのロッドの中でも一番多い ソルティセンセーションシリーズ。 このロッドよりも価格は高いけど、 感度、バランスが悪いアジングロッド、 他メーカーにあったような気が(笑) 今回の20コルトUXシリーズは ただ価格の安いだけのロッドを 作ったというのではなく、 安いけどアジングに必要な性能を 詰め込む工夫がされてるのを ロッドから感じました。 もう一つはこの83Tは 30gまでを投げることができるので、 今までエギングロッドじゃないと 投げれなかった重量の飛び道具も扱えて 探れてなかった場所も探れるようになり、 今までよりポイントの視野が広くなって 釣果アップに繋がる可能性が 高いと感じているから。

>

【アジングロッドの常識が変わる!?】オドロキの良コスパ「20コルトUX」に大注目【オリムピック】

ゴチ君がテストしているロッドは 66と610の2本。 7㎜と言う極細過ぎないティップのおかげかベリーも比較的スムーズに曲がり込み投げやすい。 いつものフィールドは32~33mも投げれば岩礁帯に届くエリア。 コンセプトは 最先端ロッドを最高のコストパフォーマンスで。 20GCORUS-572UL-HS 「20GCORUS-572UL-HS」は、シリーズの中で最軽量、最短レングスのモデル。 今年はいつも話を聞いている 18コルトの設計者の方が居なかったので、 数年前にお話ししたことがあった 営業さんに色々と説明してもらいました。 それを叶えてくれるかもしれないのがコルトUXというわけだ。

>

コルトUX 572インプレ

8 88 2 0-3 MAX2lb 12,100 20GCORUS-612L-HS XF 1. こんにちは、矢野です。 」 と言ってましたが、 その言葉通りお値段以上の 素晴らしいロッドでした。 ジグ単0. お電話、メールでのお問い合わせに関しては、下記の時間内での対応とさせていただきます。 しかし20コルトUX、612L-HSでは テンション抜けのアタリが取りやすいように ロッドバランスが取れており、 産卵期の繊細なアジの テンション抜けのアタリを感知できるなど、 自分が予想していた以上に アタリを感知することができました。 グリップ部を最小限にすることで軽量化を実現し、繊細なリグ操作を可能にしています。 基本的に高弾性のアジングロッドは ロッドを上に立てすぎた状態で抜きあげると、 ロッドのベリー部分に負担がかかって、 簡単に折れる可能性があります。

>

ぽけっとの小物GOMOKU日誌 〜博多湾〜 : オリムピックのコルトUX・・・・・・こりゃ2020年は、アジングスタンダードラインが変わってくるかもしれませんねぇ〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

特に尺くらいのアジになると 抜き上げ時にロッドへの 負担が大きくなり、 破損に繋がる可能性も高くなるので、 ネットで掬うことをおすすめします。 通常は入門クラスのロッド、 次に中堅クラスのロッド、 そしてハイエンドという流れで お勧めすることが多いのですが、 20コルトUXは中堅クラスのロッドと ほとんど性能に差がないので、 このロッドの後は一気に ハイエンドモデルまで ランクアップしたほうがよさそうです。 まとめ というわけで今回は 20コルトUX、612L-HSのインプレでした。 このページはインラインフレームを使用しています ご注文は24時間・年中無休でお受けいたします。 そして、気になる希望小売価格は、なんと1万円代前半! 各パーツの特長を紹介しましょう。 5-5 MAX3lb 12,500 20GCORUS-6102L-HS XF 2. キンキンの高弾性なチューブラー程では無いが 18コルトやプロトでは0. 6号 ランディング、抜き上げ 結論、全然抜ける。 1,5g以上のジグヘッドを メインで使う場合や、 5m以上の水深でのアジング、 0,5g前後のジグヘッドをよく使う場合は、 それぞれの釣り方やポイントに合わせて、 別のロッドを選んだ方がいいですね。

>