11 ぴき の ね こと あほうどり。 11ぴきのねこ

「11ぴきのねことあほうどり」(馬場のぼる 著) あらすじと読書感想文

コロッケお願いしまあす」 (化け物サイズのあほうどりに、気球をくわえられてしまう) (辛そうに、せっせとコロッケを作るねこ達) おお、11ぴきのねこ、鳥の丸焼きどころじゃない。 11匹のネコたちは、あほうどりにお腹いっぱいコロッケを食べさせてあげました。 子供の頃に、私自身が読んで、大好きだった絵本。 パン粉• 子供が思わず数を数えたくなります。 しかもそのあほうどりは、全部で11羽の兄弟だと言うではありませんか。 3~6才の男の子と女の子にこの絵本で読み聞かせしましたが、子ども受けが最も良かったのは、やはりストーリーのオチである 11羽目のあほうどりが登場するシーンでした。

>

馬場のぼるさんの「11ぴきのねことあほうどり」のコロッケを作ってみました。

1,2,3,4,5,6羽・・・。 狙っているようで、全然違う展開へとすすんでいく。 演出:• ねこたちがあほうどりを食べようとする、けれど、大きなあほうどりがでてきてびっくりして逃げるというしくみはシリーズの他のお話よりも、小さな子どもにもわかりやすいと思います。 息子はシリーズの中でも、「あほうどり」のこのお話が一番好き。 山猫D:• シリーズ全般に子ども向けでありながら、11ぴきいることによる、団結することによる効果、「とらねこたいしょう」によるリーダーシップなどが描かれている。

>

11ぴきのねことあほうどり (こぐま社)

2001年4月永眠。 11匹のネコ捕まる• こちらはあげずにネコの顔のかたちに成型。 (1972年)• 発行された本は、下記の通り。 11ぴきのねこが、コロッケの店を始めました。 ねこたちのコロッケ屋は大繁盛。 IT業界の職場は、どこもどうしてこんなにハウスダストが多いのか…お掃除しようよ、みんな。 「11ぴきのねことあほうどり」のコロッケ再現レシピまとめ 絵本を読んだ方みなさん、様々に工夫されて、「11ぴきのねことあほうどり」のコロッケを再現されています。

>

11ぴきのねことあほうどり (こぐま社)

ネコH:• 」第6回 ダ・ヴィンチニュース• ジャンボアホウドリ:• 今日もコロッケ、明日もコロッケ。 鳥の丸焼きの絵が11個も出てくる絵本なんて他にあるでしょうか 笑 面白すぎます。 」と、愚痴がでます。 11ぴきのねこたちが、コロッケ屋をはじめます。 今日もコロッケ。 本作『11ぴきのねことあほうどり』は2作目。 シリーズ作品 [ ]• ネコF:• 町のネコA:• 当のねこたちは家の形をした宇宙船に乗り込もうとするが、へんなねこが扱う星の花火に夢中になり、食料の魚を宇宙船に置き忘れたため、へんなねこは魚をプレゼントされたと勘違いしたまま、呆気にとられたねこたちをよそに宇宙へと旅立つ。

>

11ぴきのねこ

狙っているようで、全然違う展開へとすすんでいく。 なつかしすぎる〜! そりゃもう、目はキラキラ輝くし、舌なめずりしちゃうのはしょうがないですね(笑) 11ぴきのねこたちはあほうどりの故郷に行って、兄弟にコロッケを食べさせた後に、あほうどりを食べてしまおう! っという魂胆だったのですが・・・。 国にいる兄弟の数を伝えるときには 「おりますとも、わたしらは 3ばと3ばと 2わのきょうだいでして」 こんな具合です。 余ったコロッケ食べ過ぎて飽きた• いつもお腹を空かせ、欲深くて、ちょっとずるいねこたちと、疑うことを知らない純心なあほうどりのやりとりを、読者は緊張しながら見守ります。 見るのも嫌なぐらいコロッケに飽きてしまった11ぴきのねこ。 あまりにも美味しそうなコロッケが、子ども達の心に鮮烈な印象を残す人気の1冊です。

>

11ぴきのねことあほうどり(絵本)のあらすじや感想は?対象年齢もチェック!

そこで、11匹のネコたちは、11羽のあほうどりの兄弟にもコロッケを作ってあげる約束をして、気球に乗ってあほうどりの故郷に向かいました。 「さあ、できたてのコロッケはいかが」 コロッケ屋は大繁盛! ねこたちは毎日せっせとコロッケをつくります。 キッチンがやや荒れましたが…… 1. 模様の色は普段は水色だが、気分によって色がピンク色や黄色に変わる。 だんだん大きくなってる、そのことに読み手もわくわくしてきます。 『11ぴきのねことあほうどり』は、『11ぴきのねこ マラソン大会』はエルバ賞を受賞している。 ヒゲ長じいさん:• 1949年、上京し漫画家としてスタートした。

>

商品

操演:• あまりの巨大さに、最初ねこたちは「あほうどりのオバケだ」と驚いて逃げ出してしまうが、ねこたちのを咥えて「コロッケお願いしまぁす」と阻止する。 鳥の丸焼きどころじゃなくなってしまいました。 アニメ映画のみ登場。 黄色でめがねをかけている。 するとなにやらあほうどりには11ぴきの兄弟がいるそうで、遠くに住むその兄弟にもおいしいコロッケを食べさせたい。 。

>