麻雀 牌 効率。 牌効率(完全イーシャンテンにとる)の基本中の基本の問題です。|《麻雀》秋田県能代市のプロのいる雀荘【まーじゃんカフェパオ】

【麻雀】牌効率について。

自身の振り込みはベタオリすることである程度回避できますが、他家のツモあがりを回避するのは困難です。 まずは、この手にはドラがないということ。 そして感覚的には三人麻雀の染め手は、四人麻雀より聴牌スピードが速いので注意が必要です。 1度で全て理解しようと思って読むのは、難しいと思います。 私も嫌です。

>

麻雀 上達のために 牌効率を考えてるんだけど、意味ある?

面子の作りやすさという観点で考えてみましょう。 なぜ5ブロックが重要なのか? 弱いブロックをフォローし、強いブロックはフォローしない 5ブロック時の何切る 上記画像の手牌を与えられた時の何切るを考えてみましょう。 落としが常に正解と言うわけではなく、もちろん場況を考慮して最終的な判断をしていかないといけません。 一般に「高い手は和がる確率は低く、安い手は和がる確率が高い」と言うことができるが、高い手を目指せばよい、安い手を目指せばよい、という単純なことではなく、「ここで高い手に向かった時の和了点と和了確率はいくつで、ここで安い手で行った時の和了点と和了確率はいくつで、従って和了期待点は何点である」という正しい計算ができて、初めて比較ができて、正しい判断が可能になるのである。 例えば押し引きを勉強して以前よりリーチに対する対応が良くなっても、結果的に放銃してしまっては上手くやれたという感覚にはなりにくいでしょう。

>

牌効率の考え方

安全牌がない場合の対処法 三人麻雀では、四人麻雀よりも 他家リーチに対して安全牌が無くなると言う場合が多いです。 自分が得点することと、 相手の得点を妨害することである。 以前は理解できなかった部分が、実戦を重ねると自然と理解できるようになります。 2、6索切りより4索切りの方が受け入れ枚数が4枚多いです。 計算の結果、以下の結果を得た。

>

牌効率を学ぶ3つのメリット

そこで、本サイトのトレーニングツールが基礎力アップのお手伝いをします。 しかし、ほんの僅かな牌効率の違いを知っていれば、対戦数が多ければ多いほど、知っている人と知らない人の差は出てくるものである。 いわゆる デジタル麻雀に近い考え方です。 1枚多く持っている親が1枚捨てるところから始まり、反時計まわりにプレイしていきます。 4人の戦略や打ち方が流れを形成している中で、自分が1つミスすると、それは負の連鎖に陥ります。 また、聴牌とは 和了形一歩手前の状態のことですが、 和了形は 4メンツ1ジャントウの形ですね(例外:七 対子と国士無双)。 出アガリを期待せずに、ツモアガリを自分の麻雀のベースにしていけば、素直に打つ事に一歩近づくはずです。

>

【麻雀】牌効率について。

このお題は、小僧さんから頂いた。 選択肢としては の3つになってきます。 もう少し詳しく説明します。 誤った打ち方をしてしまうことにより、無駄な牌を手牌の中に生み出してしまうのである。 他家よりも一手でも早くテンパイすることで他家のツモ上がりの可能性を低くすることができます。 ・特定の牌姿において誤ったシャンテン数が表示される不具合が修正されました。

>

【麻雀】牌効率について。

何を切るべきか、考えながらやってみてください。 一つ例を挙げてみましょう。 もちろん、ごくごく一握りの上級者になりたければ細かい牌効率が必要になってきますが、普通に麻雀を打つ分にはそこまでは必要ありません。 ・利用者は、権利者の許可無くいかなる方法を持ってしても、 本ツールの複製、譲渡、販売、貸出、配布を行うことはできません。 これから先、麻雀を楽しみながら上手くなっていくためは「 まずは和了する」ということが必要です。 ですが、大まかな流れを把握できれば問題ありません。 この先1,4mや9sを引いてメンツになるのか頭になるのかわかりませんが、 とにかく既にメンツとして完成しているモノ、 これからメンツや頭になっていくモノ、 手牌を構成していくだろうと考えられる各要素をブロックと呼びます。

>

【麻雀】牌効率について。

誤っている。 麻雀の基本を紹介するので、知っている人もまずは復習のつもりでチェックしていきましょう。 終盤での罰符は意外に勝負に響いてきますので、できるだけ避けたいところです。 例えば、もしこのような全体牌姿であったならば、五筒を切って七筒単騎待ちを仮聴(かりてん)としておけば、次に、一二四五六八九萬・一二四五六八九索の14種50牌を引けば、2面以上(すべての場合において2種6牌以上)の待ちになる。 。

>