ハギノ アレグリア ス。 競走成績:全競走成績|ハギノアレグリアス|JBISサーチ(JBIS

【白川郷S】(中京)断然人気のハギノアレグリアスが抜けて3連勝

次は良くなると思います」 4着 ウェルカムゴールド(吉田隼人騎手) 「ゲートを出てから跳びが大きいので、スピードに乗るのが遅いです。 同レースで記録した1分56秒3は、中京ダート1900m(重馬場)のレコードタイムとわずか0秒4差の好時計だった。 前日に行われたダート重賞のシリウスS(G3)でカフェファラオの勝ち時計が1:57. そういう意味でもハギノアレグリアスは、混沌とした様相を呈している今年の3歳ダート路線に現れた超新星といえるかもしれない。 この走りに、武豊騎手は「他の馬とは次元が違うというか、レベルが違いすぎた」とコメントを残した。 ハギノアレグリアスは栗東・松田国英厩舎の3歳牡馬で、父キズナ、母タニノカリス(母の父ジェネラス)。 さらに勝ち時計は従来のレコードを1秒2更新する驚愕の走破タイムだった。 秋の目標はこの年から外国産馬に2頭の出走枠が解放された天皇賞・秋(G1)に設定。

>

ハギノアレグリアス 先週の結果分析コメント・データ・着度数傾向

道中は無理に焦らず、リズムを整えました。 5秒も上回ったのである。 6の快時計で圧勝している。 松田調教師は「症状の面積は小さいようなので、復帰はできそう」とコメント。 3連勝で白川郷S(3勝クラス)を制し、オープン入りを決めたハギノアレグリアス。 このときの勝ち時計が、タイムフライヤーのマリーンS(OP)の勝ち時計と同タイムだったことでも注目されたダートの大物候補だ。 これに対し、僚馬の3歳牝馬ハギノリュクスは7月の未勝利戦で函館ダート1700mを1:43. 現在、ダートの有力馬を多く管理する松田厩舎。

>

【白川郷S】(中京)断然人気のハギノアレグリアスが抜けて3連勝

普通に良い感じで勝てました」 2着 キーフラッシュ(小牧太騎手) 「勝負所でズブさはありますが、自分の競馬で完璧に乗れたと思います。 松田厩舎には大将格であるタイムフライヤーをはじめ、ハギノアレグリアス、ハギノリュクスというダートの素質馬がいる。 時計も速かったですが、休み明けでも脚を使ってくれました。 同厩のライバル2頭の優劣はつけがたいが、ハギノリュクスがメイショウカズサを破るようならば、間接的にハギノアレグリアスを破ったという見方もできなくはない。 しかし、レースは最後の直線で伸びあぐねて5着に敗れた。

>

競走成績:全競走成績|ハギノアレグリアス|JBISサーチ(JBIS

2着のキーフラッシュとは1馬身半差だったが、3着馬はさらにそこから7馬身離されたことがそれを物語っている。 その前の1勝クラスではハギノアレグリアスの追撃をハナ差凌いで優勝している。 相手が悪かったです」 3着 ネオブレイブ(亀田温心騎手) 「前の2頭は強いです。 過去に松田厩舎が輩出したダートの大物といえば、クロフネが思い出される。 だが、これが伝説の幕開けとなった。 。

>

ハギノアレグリアスの血統表

同馬は前走の九州スポーツ杯(2勝クラス)を2着馬に4馬身差の大楽勝。 レース後のコメント 1着 ハギノアレグリアス(岩田望来騎手) 「ゲートを五分に出て、良いポジションが取れました。 1馬身半差の2着に3番人気キーフラッシュ、さらに7馬身差の3着に10番人気ネオブレイブが入った。 松田師が来年のフェブラリーS(G1)で有終の美を飾る期待を寄せている素質馬だけに、どのような走りを見せてくれるのかは非常に気になるが、ハギノリュクス以外にもメイショウカズサが登録してきたことは見逃せない。 その中でも、ハギノアレグリアスは3歳牡馬のダート勢力図を塗り替える存在と期待されていただけに、無念の戦線離脱となった。 そして、このレースに ハギノリュクス(牝3、栗東・松田国英厩舎)が出走を予定していることもレースの由来同様、ファンに強烈なイメージを残すことになるかもしれない。 当時、フランスに滞在していた武豊騎手がクロフネの騎乗にあわせて、帰国したことも話題となった。

>

競走成績:全競走成績|ハギノアレグリアス|JBISサーチ(JBIS

ダートで新境地を切り開いたG1馬・タイムフライヤー、3歳牝馬のハギノリュクスといった注目馬もいる。 2001年、日本ダービー(G1)が外国産馬にも開放されることになった。 毎日杯(G3)、NHKマイルC(G1)と連勝し、迎えたダービーでは2番人気に支持される。 3という規格外の超速決着だった。 復帰時期は未定だが、引退という最悪の事態は避けられそうだ。 馬群を割っていく脚を確信していたので、外を回らすことなく追うと、良い反応でした。 ハギノアレグリアスが勝利した4日の白川郷S(3勝クラス)は、ダート1900mを1:56. しかし、この2枠にアグネスデジタル、メイショウドトウが入ったことで、クロフネの出走は叶わなかった。

>