サーチ コンソール 使い方。 【2019年版】サーチコンソールの登録方法と使い方を画像で徹底解説

【初心者向け】サーチコンソール(Search Console)の登録方法と基本的な使い方

複数の手段があることで、サーバーへのアクセス権限がない場合や特定のツールを使用していない場合でもサーチコンソールにサイトを登録することができます。 報告することでGoogleの検索順位に反映されるようになるので、できるだけしましょう。 これらの検証ができる機能が「検索パフォーマンス」です。 有効: ページはインデックスに登録されています。 悪いリンクは検索順位を下げるひとつの要因となります。

>

【2020年5月更新】サーチコンソールの設置・初期設定方法!初心者向け!|hitodeblog

ステップ1:サーチコンソールアカウント取得 のアカウントを作る前にGoogleアカウントがなければ、Googleサーチコンソールのアカウントも同様に作ることができません。 検索キーワードでフィルタを作成し、調べたいキーワードを入力します。 少し長くなりますが、特に重要なポイントをまとめましたので、ひとつずつ確認しながら活用してください。 修正が必要です。 ファネル分析の具体的な着眼点は、以下のとおりです。

>

サーチコンソール(Google Search Console)の使い方とSEO

ユーザーがサイトに訪問する前のデータを把握できる Googleサーチコンソールは、ユーザーがサイトに訪問する前にどのような行動を取ったのかを把握できるツールです。 フィルタ欄の「新規」ボタンをクリックし、「 ページ」をクリックすると URLを入力する テキストボックスが出現します。 リンクを否認する方法はを参照してください。 この作業を行うには、タグマネージャーのコンテナの公開権限が必要です。 まずは相場の情報を知りたいなどの情報提供のみでも大丈夫です。 サイトの国別ターゲティングができる機能です。

>

【2019年版】サーチコンソールの登録方法と使い方を画像で徹底解説

sitemap. あとは設定を更新するだけで所有権が登録できますので、ぜひ利用してみてください。 記事を更新したあと、すぐにインデックスさせたい記事がある場合や、記事を削除するためにnoindexにして検索結果から除外したい場合などに使用可能です。 特定のキーワードで検索されたページを知りたい場合 検索キーワード毎や検索ページ毎の• 関連記事: 目次• どのページがどのキーワードで検索されているのか、サイト全体としてどのような傾向でGoogleに評価されているのかわかります。 「所有者」と「委任された所有者」の違いは、所有権の確認を自分で行っているか否かです。 有効(警告あり)• しかし、新しいブログや既に書いた記事を書き直した直後はロボットはなかなか来てくれません。

>

完全初心者向け!サーチコンソールの見方・使い方をまとめてみた

に行って「今すぐ開始」をクリックします。 初心者向けではありませんので、以下の設定方法はURLプレフィックスを選んだ場合を記載します。 その代表格がGoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールです。 今回、紹介したのはサーチコンソールの基礎部分です。 ペンギンアップデートに引っかかっている可能性がある時や、スパムサイトから リンクを貼られてしまっている可能性があるときは、「 外部リンク」の「上位の リンク元サイト」の「詳細」をクリックして、被 リンク URL一覧をダウンロードして精査しましょう。 。

>

【2020年版】Google サーチコンソール の使い方。ウェブサイト改善のための活用術!

クリック可能な要素同士が近すぎます• 除外 サイト運営者が、意図的にインデックスに登録していない可能性があります。 ステップ3:サイト所有権の確認 最後のステップになります。 シーサーブログの場合 シーサーブログにログインします。 そして、このFetch as Googleには利用制限があります。 サーバーへの設定が完了した後、「確認」を押すと、次のような画面が表示されます。 モバイルも含めエラーがないか パソコン、モバイルのどちらでもエラーが出た場合はすぐに対処しましょう。

>

【5分でわかる】googleサーチコンソールの使い方【SEOの基本】

「URLがGoogleに登録されていません」の画面になるので、右下の「インデックス登録をリクエスト」を押します。 STEP1:検索パフォーマンスの「ページ」をクリック まず画面左の「検索パフォーマンス」を選び、下の方にスクロールして真ん中にある「ページ」のボタンをクリック。 コンテンツが優秀でも、集合体であるサイトにマイナス要素があると、検索順位も下がる可能性があります。 ブロックされている原因を見つけ、低品質なページを改善できます。 このデータをもとに、ウェブページを検索エンジンに登録(インデックス)しています。

>