携帯 料金 引き下げ。 メインブランドの携帯料金引き下げを求めた総務大臣発言にある問題点とは

法改正後も携帯電話の料金が大きく下がっていないワケ

これは、各社の料金設定が複雑でややこしいため、他社に乗り換えることを面倒がる人が多く、市場の活性化を損なっているからだ。 一方で「政治家がいち民間企業の経営に首を突っ込めるのかな。 そうしたことから、携帯電話各社は2019年から2020年にかけて、料金プランや端末購入プログラムを改正法に対応した形に変更するなどの対応を迫られることとなりました。 講演で使用した電話料金の国際比較などのデータは内閣府が作成したもので、菅氏が周到に準備していたことが分かる。 やり玉に挙げられた携帯事業者はちょっとかわいそう」とも話す。

>

菅総理の「携帯料金引き下げ」にかける執念 人事とデータで「官僚を屈服させた裏側」

これは東京のほか、ニューヨーク、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ、ソウルの主要6都市における携帯電話料金を比較したものになります。 しかし、ネット上では携帯電話料金が下がることには大賛成だが、「首相になるべき人が発言する内容だろうか?」という疑問の声と、「公共の電波云々というならNHKの受信料をなくしてくれたほうが助かる」という声が圧倒的に多く、思わぬ方向に議論が飛び火している。 「高速通信は都市部だけで十分」「災害が起きても復旧は遅くて構わない」「店頭でのサポートは有料でもいい」というのであれば、料金を大幅に下げることは可能でしょう。 携帯大手は要請に応じましたって体裁は取り繕えて、落とし所として完璧」 「加藤官房長官殿!これはサブブランドのみでの新料金プランですよ! 多くの方々が所持しているのは3大キャリアの看板ブランドだという事を承知か?これで一件落着では納得できません」 具体的に自分のスマホの内容を明らかにして抗議する人が多かった。 情報通信に関わる深い見識を持ち、NTT再編成にも携わるなど幅広く実務経験を積んできた人物だ。 ネットでは「こんなプラン、値下げとはいえない」という、落胆の声があふれている。 そうした総務省の方針を受け、携帯各社もいくつかの動きを見せています。

>

法改正後も携帯電話の料金が大きく下がっていないワケ

(2020年9月24日東京新聞に掲載) 菅義偉首相が優先課題と位置付ける携帯電話料金の引き下げ。 吉沢氏は2016年に社長に就任して以来、今年春に発表された人事でも続投が決まり、「2期4年」の慣例を破る5年目を迎えていた。 ちなみにドコモの株を過半数保有しているNTT本体も14. そして2年前には、事業者の間で適切な競争が働けば、4割程度の引き下げは可能だと具体的な値下げ幅にも言及しました。 なぜ各紙この重要なやり取りを書かないのか不思議でならない」 「一つの業種をターゲットに、次期総理がこういう発言することがいいのか疑問だ。 この領域で魅力的な料金サービスの選択肢が提供されるのは、利用者にとって望ましいことだ。

>

気になる携帯料金値下げの行方 菅首相がこだわる理由は…選挙?|東京新聞 特報Web

一方、菅義偉首相の看板政策である携帯料金の引き下げは、日本の実質金利を引き上げ、為替の円高要因となるのではないか。 (木原育子、榊原崇仁) コロナで見直す人増えても…3社で寡占 携帯ショップがひしめく東京・秋葉原。 目くらましはやめて」 「まったく引き下げになっていない。 法律変わっても競争が起きないのはなぜ? 2018年の「4割値下げ」発言後、政府はどんな取り組みを行ってきたのか。 eSIM搭載端末であればSIMの発行も不要で、申し込んでから即日通信サービスを利用できるようになりました。 ですがこれまでの総務省の施策と結果を振り返るに、競争停滞の本質は乗り換えの障壁ではなく、携帯大手の充実したサービスに消費者が乗り換える動機を見出せないことであるように感じます。

>

携帯電話料金値下げへ 「アクション・プラン」発表 総務省

果たしてトップとなった菅氏は昔ながらの構図を破壊することができるだろうか。 それだけに現状を変え競争を促進するには、消費者のリテラシー向上や低価格サービスの認知拡大などに、大きな比重を置いた施策や議論が必要なのではないか、というのが筆者の思うところです。 総務省のアクション・プランは携帯電話料金の値下げに向けて各社の競争を促す政策を盛り込んでいます。 この調査によると、2016年度に引き続き、2017年度も「東京の支払額は2GB、5GBでは中位の水準(諸外国並みの価格)、20GBでは高い水準(諸外国より高い価格)」と結論づけている。 菅総理大臣は、18日午前、総理大臣官邸で武田総務大臣と会談しました。 エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。 他の省庁であれば、上司に隠蔽を迫られたり、自殺する担当者が出ていたかもしれないほど深刻な問題だ。

>

携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想: J

官僚の人事でも、手は打たれていた。 しかしその中で極めて具体的かつ身近に多くの人が感じたであろう政策が「携帯料金の値下げ」だろう。 これを受ける形で総務省は2018年より有識者会議「モバイル市場の競争環境に関する研究会」を立ち上げた。 ここからわかるのは、官庁を動かす際の菅氏の情報収集力と実行力だろう。 確かに2社のサブブランドが打ち出した20GBプランの内容は、従来のプランと比べ大幅に安いという訳ではなく、どちらかといえば消費者よりも政府に向けて打ち出されたプランでもあったことから、SNSなどでの評価は決して高いとは言えなかった。 今回、総務省はアクションプランに「周波数の有効利用の促進」を盛り込んだ。

>

携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想: J

菅氏は一般には「令和」の年号を発表した「令和おじさん」として知られているが、携帯電話業界でも非常によく知られた存在である。 携帯会社を変えても同じ番号が使える「番号持ち運び制度」の手数料(現在は税別で3000円)を、来年度からネット手続きなら無料化する。 携帯電話ビジネスの今後の動きについて探った。 現在この手数料は各社とも3000円程度となってますが、改正案では「番号ポータビリティの利用者が負担する料金の額は、無料とすること」とされています。 料金プランが「わかりやすくなった」と感じたのは13%、事業者の乗り換えをしやすくなったと思った人は26%にとどまった。 高いな…と目につくようになってきた」と切実な様子だ。

>

携帯通信料金引き下げが招く円高

実際の値下げが始まるのは、 早くて2021年1月以降になるのではないかと思いますよ! 菅政権が始まって間もないですが、 早速新しいことが動き始めているので、 携帯料金値下げもスピーディーに進んでいくのではないかと思います! 詳しいことが分かり次第追記していきますね! 携帯料金値下げで格安スマホはさらに安くなる? 大手携帯会社の利用料金よりかなり安く利用できる 格安スマホ。 すると、「電気通信サービスに係る内外価格差調査」をウォッチしている調査会社(MCA)が、総務省の調査報告には、料金を安く見せるためのカラクリがあることを突き止めた。 【NTTドコモ】 「日本の携帯料金が世界でも高いという総務省の調査の内容は、一つの事実として受け止めている。 行政には、サービスの質を低下させることにつながりかねない、大手3社のメインブランドの料金引き下げに固執するのではなく、そうした低価格サービスの認知を高め、消費者が乗り換えやすくするため環境作りをすることこそが、最も求められているのではないでしょうか。 それゆえこのガイドラインがそのまま施行された場合、利用者がMNP申込みの意思表示した後に利益提供は一切できなくなり、引き止めに遭うことなく円滑にMNP手続きができるようになることが見込まれているようです。 総務省は携帯大手各社に電波を割り当てる際にこれらのプランに沿った取り組みを行っているかどうかを審査するとともに、各社の競争が公正かどうかを毎年検証し、必要に応じて取り組みの見直しや追加の対策を取りまとめるとしています。 毎日新聞(10月28日付)「『周波数』政治色濃く 割り当て見直しも」が、こう伝える。

>