Ts2 ユーティリティ。 構えてみると? 安定した高弾道とビッグキャリー「タイトリスト TS2 ユーティリティ」|マーク金井の試打インプレッション|GDO ゴルフギア情報

タイトリスト TS2 ユーティリティ (カスタム)

また(両モデル共通で)フェースが16%薄くなったことで慣性モーメントもやや増え、アクティブ リコイル チャネルがなくなったことにより、さらに重量を低く深い位置に配置した。 シャフトはスティールも打ってみましたが、年齢を考えカーボンを主体に試打しましたが、MCI70は先が少し動いて掴まりやすそうな印象、T60の方が癖がなく振り易く感じました。 ゴルファーはプロが使っているものを欲しがる傾向にあるため、フィッティングイベントで多くの人がユーティリティアイアンを試すようになるはず(自分は違うが)。 マーク金井が試打を行い、その飛距離性能と寛容性を詳しくインプレッションする。 この、形と性能の一致が、テクニックのあるゴルファーほど安心感として受け入れられると思います。 両モデルに言えることだが、ゴルファーが望む飛距離アップを実現しながらも、ハイブリッドに必要な操作性の良さは損なわいクラブとなった。 ノーマルだと打ち出しから左に飛ぶことがありますのでセッティングは、ライ角を少しフラットにした方が良さそうです。

>

構えてみると? 安定した高弾道とビッグキャリー「タイトリスト TS2 ユーティリティ」|マーク金井の試打インプレッション|GDO ゴルフギア情報

ハイブリッドについていくつか質問がある。 つまり、他のクラブは飛距離アップしているのに、ハイブリッドの飛距離はそのままというわけだ。 最近では915H(24度)を使用していました。 アイアンからの流れで打ちやすい「」と、はっきり差別化されている。 5 ボールスピードを極限まで高めるTS(タイトリスト スピード)シリーズの「」が、優れた飛距離性能と安定した高弾道でロングゲームをよりやさしくすると話題になっている。

>

TS2

もう少し安いといいのですが。 全体的に丸みを帯びた形状で、これまでのタイトリストのUTと比較すると、トウ側のボリュームがなくなっている。 編集N:大人気ですよね。 「プレーヤーの大部分は、ハイブリッドを持った方がより良い結果になる」とラットレル氏。 やはり、タイトリストはこういった配慮が至るところに見られるメーカーだと思います。

>

構えてみると? 安定した高弾道とビッグキャリー「タイトリスト TS2 ユーティリティ」|マーク金井の試打インプレッション|GDO ゴルフギア情報

打感はTS2と同様、余計な振動のない心地よい感触。 スペックは長さ39. ツアーでも人気の形状で、今でもそれなりにプロたちが使用。 長く使えそうです。 『TS』は、タイトリストが、改めて飛距離性能を最優先して開発を進めているブランドです。 ヘッド体積は公表されていないが、ユーティリティ(以下UT)としてはやや小ぶり。 丸顔が好きで、グースが入ったものは嫌いなので、TS2はとても構えやすく感じます。 これにより商品名もウッドと分け、816、818と続いたが、不要な混乱が続いていた。

>

新・貧打爆裂レポート『TS ユーティリティメタル』

打った後に確認すると、ヘッドターンを穏やかにする、重心距離が長めの仕様になっていました。 たしかに硬めですが振りやすいです。 編集N:なるほど。 G410は、ドライバーを中心とする、もはや言わずと知れた人気シリーズ。 ちなみに、ユーティリティーではどれくらいのレンジを打つ感じですか? 城:だいたい、200~230、もしくは240ヤードくらいまでですかね。 ぜひ試打してみてください。

>

タイトリスト TS2 ユーティリティ (カスタム)

『TS2』は、丸みがあり、大きめのシェイプですが、タイトリストらしく締まっています。 5度アップライトになったからなのか、コスリやプッシュが出にくい。 高い許容性と抜群の安定感• シャフトは、純正で十分満足のスペックですから、私のようなハードヒッターであってもカーボンでいいと思いました。 最近ではサッカーの現場でもゴルフの話題で持ちきりだとか……。 スイング傾向どおりの打球を打ちやすい TSシリーズのユーティリティーメタルは、好みに応じて選べるアスリート向きのモデルでした。 でも、ユーティリティーもツアープロの間で評価が高く、契約外の選手が好んで使っていたりします。

>

【スペック】TS2 ユーティリティ メタル/タイトリスト|ゴルフクラブ評価ナビ

フェースからトレーディングエッジまでが長く、2つのTSモデルの中では投影面積が大きい。 TS3ユーティリティメタルは縦の安定感があるので、上級者からすると使いやすいと思います。 キックポイントは先中調子ですが、試打データを見ると捕まりはあまりよくなさそうです。 TS3ユーティリティメタルはグリーンを狙えるハイブリッドでしょう。 200ヤード先でも迷わず狙って行けそうなやさしさがあります。 個人的には好きです。 「Titleist MCI Matte Black 70」(上)、「Titleist TOUR-AD T-60」(下)。

>

新・貧打爆裂レポート『TS ユーティリティメタル』

また、構えたところにストレートで飛んでいくシンプルさも、米国のメーカーですが、令和の時代らしいクラブだと惚れ惚れしました。 コンパクトながらも丸みのあるヘッドシェイプはロングゲームに自信を与え、ナイスショットの成功確率を高めます。 TS2はドライバーもオートマチックなフェードバイアスでしたが、それはハイブリッドでも同じだと思います。 ・あなたはハイブリッドを持っている? ・持っている本数は? ・どのモデル? ・ハイブリッドを買い替えた時期はいつ? ・ハイブリッドについて、自分に合っているか悩んだことはある? 今こそ、現在使用中のハイブリッドについて真剣に考える時期なのかも知れない。 TS2はベーシックな大きさ、形状という印象です。 城:やっぱり、決めつけないで実際に打ち比べてみてこそわかることがあるんですねえ……。 結果はJ15HYより少し重くしっかりしたことで、左への曲がりは格段に少なくなりました。

>