ワトフォード リバプール。 リバプール対ワトフォードリバプールのロブレンが叩かれてますけどそんなにひどかっ...

「弱いほうを選んだ」ワトフォードFW、リバプール撃破の“秘策”を明かす

苦境の中でこそチームの真価が問われる。 プレミア [12月5日 21:57]• ブンデス [12月7日 1:48]• ウェストハム戦のクロップの言葉を借りれば「フォーメーションが良くなかった」ことで、こぼれ球を回収することができなかった。 ワトフォードのディーニーはファンダイクを避け、意図的にロブレンとの競り合いに持ち込んでいた。 リバプールに今季初黒星をつけたワトフォードだが、ディーニー曰く、DFに狙いを絞っていたという。 そのため、ライン間で上手く受けることが得意なボビーが、ライン間から追い出されてしまい、相手のギャップを上手く作ることが出来ませんでした。 あとは、選手たちのメンタル面。

>

南野拓実も「すごく残念」。連勝記録ストップのリバプール、2つの敗因|海外サッカー|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

同じく解説者として番組に出演していた元イングランド代表DFマイカ・リチャーズ氏から「バ・シャ・ク・シェ・ヒ・ルだよ! セリエA [12月5日 8:52]• スペイン [12月7日 1:52]• そのスペースにララーナが立ち位置を取っていて、そこに2ndボールが来たので、ララーナはワトフォードのMFが寄せ切る前にフリーでシュートを放つことができたのです。 この時に必ずWGが背後、または足元で受ける動きを加えるので、ここを完全にSBがシャットアウト。 この試合リバプールを苦しめることになったサール、大きな怪我を負ってしまったデウロフェウ、素晴らしい活躍を見せたドゥクレ、そして巨漢トロイ・ディーニー。 スペイン [12月7日 19:26]• スペイン [12月6日 10:47]• この試合はワイナルドゥムのゴールで先制するも、ディオプ、フォルナルスのゴールで逆転を許す。 英衛星放送スカイ・スポーツによると、リバプールは71%のボールポゼッションを記録した。

>

<ロブレンをスケープゴートにはしないが…>リバプール、ワトフォード相手に守備崩壊0

この試合のリバプールの攻撃時の配置はこちら。 一方のワトフォード。 何度もこの形を見受けることができ、しっかりと持っている武器を使う、良い攻撃だった。 チェンバレンの浮き球パスからボックス右に抜け出したサラーが右足を振り抜いたがサイドネットを叩いた。 スペイン [12月7日 18:45]• 面白いと感じていただければぜひ投げ銭200円お願いします。

>

ワトフォードが示した首位攻略法。キーワードはリバプールの「右」~ワトフォード対リバプール レビュー~|14歳のサッカー戦術分析~日本サッカーの発展を目指して~|note

トッテナム、アーセナルに分けた歴代のベストイレブン プレミアリーグ開幕後の1992年以降の選手が対象 と寸評を併せて激闘の歴史を振り返る。 今日の試合で彼らに少しでも恩返しができたなら嬉しいね。 では右サイドはどうでしょう。 これからもどうぞ、よろしくお願いします。 ロマン・アブラモビッチ氏がオーナーとなったチェルシーに2003年8月へ移籍。

>

ワトフォードが“ストップ・ザ・リバプール”実行! セットプレー3発で連勝・無敗記録に終止符《プレミアリーグ》(超ワールドサッカー)

ライン間を徹底的に消す さらにこの日は、両センターハーフがしっかりと下がり、ディフェンスラインとの間にスペースを作らないという狙いがしっかりしていました。 前述のアトレティコ戦、ウェストハム戦とリバプールは空中戦で苦しんだ。 これがいわゆる「3人目の動き」で、ヘンド離脱後のリバプールの中盤に最も欠けている点です。 ・後半は左サイドもマンツーマンにし、より重心を下げた。 ワトフォードは2得点のサールをベンチに下げると、スタジアムからは大きな拍手が沸き起こった。 意外過ぎる展開となった一戦。

>

ワトフォードが“ストップ・ザ・リバプール”実行! セットプレー3発で連勝・無敗記録に終止符《プレミアリーグ》(超ワールドサッカー)

しかし、中には次々と出てくる若き才能に負けず、そのポジションを守り続ける男もいる。 ちょっとふざけましたが、 ロヴレン自身のパフォーマンスがそこまで悪くなかったのは本当です。 通算成績では59勝51分け77敗と大きく負け越しているトッテナム。 いつものはどこにいったのか。 でもこれって、ある意味当たり前じゃありませんか? 実際のところ、ヘンド以外の中盤センターの選手とヘンドのどこが一番違うかと言えば、この「プレーエリアの広さ」だと思います。 ウインターブレイク明けからあまりにも出来が悪い試合が続いているので心配です。 ピアソン監督はこのような考えだったと推測します。

>

リバプール 今季初黒星 連続無敗44試合でストップ、ワトフォードに3失点完敗― スポニチ Sponichi Annex サッカー

それを担っていたのがヘンダーソンでした。 またストーリーでよりプライベートなことも載せているので、気になる方はこちらもフォローをよろしくお願いします!• ベロンとともにアルゼンチン代表として1998年のフランスW杯で日本代表と戦った、FWガブリエル・バティストゥータとDFハビエル・サネッティも同時に登場している。 この意図は、 「相手の左サイドを封鎖し、右サイドから攻めさせる」でした。 このリーグの良さを楽しめる一戦だったのではないだろうか。 ロヴレンは完璧に狙われてました。 それが僕のやり方だ。

>