気息 奄 々。 「気息奄々」の意味と使い方・類語・例文・読み方|きそくえんえん

気息奄奄とは

「同じ距離を走るのにも去年は気息奄々となっていたのに、今年は余裕を持って走ることができ、成長を感じた」の文は、自分の様子を客観的に語る際に、死にそうなほど疲れ果てていたという状態を描写している文です。 四字熟語は元々が漢語であり、文法に当てはめるのは難しいですが、「気息奄々」は「気息奄々の」や「気息奄々に」といった使われ方は一般的でなく、実際の用例をみてみると、「たる」とセットで使われることが多いです。 いかにも苦しそうで、今にもにそうな様子。 「満身創痍」も「気息奄々」と同じく四字熟語で、「既にチームは満身創痍だったが、試合終了まで諦めなかった」のように使います。 動物が「気息奄々」の状態であるときの例文 寿命が近づいているペットに関する描写や、大自然のドキュメンタリーでの描写などで「気息奄々」と言う言葉が使われているのもよく散見されます。 「気息奄々」の使い方 「気息奄々」は文中で「気息奄々たる様子」や「気息奄々としていた」など、人や物事の状態を指して使います。

>

気息奄奄とは

転じて、国家や家、またなどが苦しい状態にある様子。 「息も絶え絶え」は「息も絶え絶えな」や「息も絶え絶えだ」の形で使われます。 「半死半生」は「半死半生たる」という言い方はせず、「半死半生の」という言い回しになります。 実際に死期が近くて辛そうな様子だけではなく、息切れを起こして死にそうなほど疲れ果てているという状態を表すときにも用いられます。 人の体が極度に弱っている状態を表すが、転じて国や組織が滅びるようなときにも使う。

>

新牛々庵 (シンギュウギュウアン)

同義語 疲労困憊(ひろうこんぱい). 今にも亡くなりそうな様子。 階段急な為、持ち運びは危険です お子様用食器もご用意しております。 出典 四字熟語を知る辞典 四字熟語を知る辞典について. 説明 気息奄奄とも書く。 彼は気息奄々とした状態になりながらも、自立して生きることを最後まで望んだ。 おじいちゃん・おばあちゃん、おとうさん・おかあさん、ボク・ワタシの三世代がみんな笑顔で会話の弾む、おなかいっぱい食べても財布に優しい、安くておいしい店づくりをめざしています。

>

気息奄奄とは

「手は尽くしたが、彼の命はもはや風前の灯火であった」や、「30年前につくられたその制度は今ではほとんど機能しておらず、風前の灯火だといえる」のような言い表し方をします。 当サイトのリンクを設置した紹介記事等を除き、画像を含むコンテンツの無断転載はご遠慮くださいますよう宜しくお願い致します。 たった一人の行いによって組織は気息奄々たる状況になった。 mobile メニュー ドリンク 日本酒あり、焼酎あり、ワインあり 料理 健康・美容メニューあり 特徴・関連情報 利用シーン こんな時によく使われます。 「気息奄々」の代わりに使われる「衰退する」はもうほとんど回復の見込みがないほど廃れている様子を表します。

>

気息奄奄とは

息が途絶えがちになるほど体が弱っている状態。 。 柔らかで風味豊かな「はしっこステーキ」を弊店自慢のタレでご賞味ください。 風前の灯火 「ふうぜんのともしび」と読みます。 「衰退する・衰退期を迎える」 「産業が気息奄々たる様子」のように、物事が「気息奄々」であることを表したいときは、「衰退する」あるいは「衰退期を迎える」といった言葉で類似の意味を表すことができます。

>

新牛々庵 (シンギュウギュウアン)

滅びそうなこと。 物事が「気息奄々」であるときの例文. 「気息奄々」の「気息」は「呼吸」を意味し、「奄々」の「奄」の漢字は「ふさがる、おおう」という意味の漢字です。 「かつてこの土地で隆盛だった産業もすっかり衰退してしまった」や、「A社は主要製品の売上が衰退期を迎えたことで、経営に陰りがみえている」のように使います。 貸切 可 (20人~50人可) 禁煙・喫煙 全席禁煙 店舗外入り口横に吸い殻入れあり 駐車場 有 軽2台、普通車3台、近隣コインパーキングあり 空間・設備 落ち着いた空間、席が広い、座敷あり、無料Wi-Fiあり 携帯電話 docomo、au、SoftBank、Y! 「気息奄々」は実際に人が息苦しそうであるという意味だけでなく、「とうの昔に放棄されたその家は気息奄々たるありさまであった」のように、物事が崩れかけていたり、終わりかけであることを表すときにも使われます。 [使用例] はこの驚くべき知識の収穫を誇り得ると同時に、一敗また 起 たつ 能 あたわざるの神経衰弱に 罹 かかって、気息奄々として今や路傍に 呻 しん 吟 ぎんしつつあるは必然の結果として正に起こるべき現象でありましょう[夏目漱石*現代日本の開化|1911] [使用例] 「こういうわけだから、今日の授業は、うちきらせてください」と 鳥 バードはまさに気息奄奄の声でいった[大江健三郎*個人的な体験|1964] [解説] 「気息」は息、。 おいしいお肉の吟味はもとより、お米や野菜の調達についても腐心しています。

>