鑑みる の 意味。 「鑑みる」意味・読み方・英語表現!「考慮する・踏まえる」との違いも

「鑑みる」と「考慮する」「踏まえる」の違いとは?「顧みる」も分かりやすく解説

「鑑みる」と「考慮する」を使い分ける際は、「比較対象があるかどうか」を考えて使ってみましょう。 … 以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。 参考にする• 使いやすく一般にも使われる言葉なので、何となくわかったつもりで使ってしまっている方も多いのではないでしょうか。 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」• 「先輩の方法を参考にする。 実際にはどのような意味や使い方があるのでしょうか。

>

「省みる」と「顧みる」の違いは?読み方は?「鑑みる」との違いも

踏まえる などがあります。 しかし、古典の平家物語では「〇〇を鑑みて~」という表現が使われており、近年の辞書にも「〇〇を鑑みる」と記載されているケースも見受けられます。 」 この人の思いを様々な視点からみていけば、悲しい気持ちになるってことぐらい分かるでしょ。 実は「省みる」と間違えやすい言葉に「顧みる」があります。 「鑑みる」の類語や言い換え• 鑑みるの意味|「先例や規範に照らし合わせる」 鑑みるとは「先例や規範に照らし合わせる」という意味を持つ言葉であり、「(先例など)に鑑みる」「(先例など)〜に鑑みて…」と使います。

>

「鑑みる」の意味と使い方!「考慮する」との違いは?|語彙力.com

たとえば、「過去の実績に鑑みて、今年度の実績目標を決定する」というように使われます。 難しく書かれていますが、要は「考える」という意味ですよね。 誤用は混乱を招き、ビジネスシーンでは大きな損失となる可能性があります。 「鑑みる」にある 「鑑」という漢字には、 「かがみ」という読み方があります。 新しい日本語も増えてくるこの時世に鑑みて、「~を」を使うのもいいかもしれません。 「鑑」という字は音読みでは「カン」、訓読みでは「かがみ」と読みます。 「〜に鑑みる」とは、事例や先例、すでに決まっていることやすでに結果が分かっていることを分析したうえで、次の行動をどうするべきかを決めること。

>

「省みる」と「顧みる」の違いは?読み方は?「鑑みる」との違いも

「現状のことを考える」のであれば、「を」で間違いないのですが、「現状に照らし合わせ、現状以外のことを考える」ため、正しくは「に」になるのです。 ただ考えることを意味するのではなく、他の例や事柄を持ち出し、比較や検討を行う際に便利な表現です。 「この事件の重要性に鑑みてよ。 例文を挙げてみます。 鑑みるは、「前例や事例 に照らし合わせて考える」と言い換えることができます。 ・Considering the number of failures, improvement is necessary. 」 鑑みるの英語表現とは? 基本的に、鑑みるは文中で「~に鑑みて」と使います。

>

【情勢】と【状況】の意味の違いと使い方の例文

「考える」ことを意味している点は同じですが、先例や規範など参考とする対象がある「鑑みる」に対し、「考慮する」は判断や行動をする前によく考えることを意味します。 「鑑みる」をはじめとして、様々な日本語が間違った意味で捉えられ、誤用され続けています。 厳密に言うと、「鑑」は「金属製の鏡」を表すときに用いられていた漢字です。 鑑とは音読みを「かん」、訓読みを「かんが(みる)」、そして時には「かがみ」と読むこともある漢字です。 失敗事例に鑑みずに行動した結果、同じ失敗を繰り返してしまう。 日本語の使い方というのは時代によって変化します。 他の物と比べて、劣っていれば考え直さなくてはいけないし、他の物と比べても優れているのならば、それでいいということです。

>

【情勢】と【状況】の意味の違いと使い方の例文

「諸般の事情に鑑みて、方針を決定する。 「鑑みる」は「他の例と照らし合わせる」や「他を参考にして考える」という意味が基本となるため、ただ考えるという意味ではありません。 これまで判例 を鑑みて、このような対処が妥当だと思う 彼の性格 を鑑みて、異論を述べることを控えた 前科四犯というその男の悪行 を鑑みて、良識がないと判断した この間違った使い方をしている「~を鑑みて」ですが、「~を考えた結果」もしくは「~を顧みて」という言葉に置き換えることができます。 「~を鑑みる」は間違い? ネットニュースなどを見ていると、「~を鑑みて、」というふうに「を」という助詞が現在は良く使われています。 事例や手本と照らし合わせて考慮するのが「鑑みる」 「鑑みる」は、「〇〇に鑑みる」と「〇〇を鑑みる」の使い分けや、類語が多いことから誤用している人も多い言葉です。 そこで今回は「省みる」と「顧みる」の違いについて解説していきます。 他の例や事柄を引き合いに出して考える、という意味を持ちます。

>

「鑑みる」の意味と使い方・類語・読み方・例文・敬語|謙譲語

「鑑みる(かんがみる)」との違いは? 「鑑みる」の意味は 「手本や先例に照らし合わせる」「参考にして考える」です。 鑑みるの使い方とは? ここでは、鑑みるの使い方についてご紹介します。 「鑑みる」の意味 「鑑みる(かんがみる)」の意味を調べてみました。 それぞれの使い方を見ていきましょう。 ・Considering past cases, this time it is not going well. といった点と、考慮するの場合には、配慮といった風に、誰かに対して気を使うといった気持ちが込められている点です。 去年の実習内容の事例に鑑みるべきだと思います などがあげられます。 AさんもBさんも、互いの評論を鑑みることで更に良い議論が出来る。

>

「鑑みる」という言葉の意味と正しい使い方

私は常に自分のことで精一杯なので、他人を顧みることなどしない。 」 「事件の重大性に鑑み、このような措置を取ることとした。 顧みる• そこで今回は、 鑑みるの本来の意味や定義を解説するとともに、ビジネスシーンでの例文や使い方について解説していきます。 鑑みるの鑑という字は、鑑定する、鏡に照らして観る、真の姿を見極める、手本といった意味があるのです。 一番の違いは 「比較・照らし合わせをしているかどうか」ということと 「何について考えているか」という点になります。

>