北 朝鮮 爆破。 北、南北連絡事務所を爆破…朝鮮中央通信「完全に破壊させる措置を実行した」 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

北朝鮮の南北連絡事務所爆破を米メディアはどうみたか? トランプ氏は爆破を無視?(飯塚真紀子)

15南北共同宣言」20周年に際し、文在寅大統領が15日に「8000万同胞の前で行った朝鮮半島の平和の約束を後戻りさせることはできない」と述べたにもかかわらず、その翌日に南北共同連絡事務所を破壊したことで、北朝鮮に融和的だった韓国大統領府の態度も変わってくるとの見方も出ている。 今年4月、金正恩氏は祖父、金日成主席の生誕記念日に、主席の遺体が安置された錦繡山太陽宮殿を参拝しなかった。 それは、2019年末の朝鮮労働党第7期第5回総会で明らかにされた「正面突破戦」という言葉から推察できる。 1月末には国境を封鎖し、新型コロナの流入を防ぐといった徹底的な防疫体制を取らざるをえなかった。 韓国政府に対しても、「民間団体の表現の自由、活動の自由であるため政府は干渉できないと詭弁を弄している」と批判した。

>

北朝鮮の「爆破」で韓国がいよいよ正念場を迎えるワケ 国際社会で立場を表明できない

(参考記事). 《韓聯社》16日下午報導,開城工業區 Kaesong Industrial Complex 驚傳爆炸聲響及煙霧。 北朝鮮の対韓国政策は、「朝鮮半島のことは朝鮮半島の当事者だけで決める」のが原則だ。 發表聲明指出,朝鮮當局應避免產生反效果的進一步行動 ,並表示由于朝鮮的行動及政策持續對美國國家安全、外交政策及經濟構成「不尋常及非凡的威脅」,決定延長對朝鮮的制裁一年 ,此次延長為上台以後的第四次。 写真は開城工業地域につながる橋上で警戒に立つ兵士(写真:ロイター/アフロ) 6月16日、北朝鮮は韓国に対して実力行使に出た。 6月17日、軍総参謀部報道官は、軍事境界線に設置されていた「非武装地帯」に含まれる開城(ケソン)工業団地と金剛山(クムガンサン)観光地区に監視所を再建し、軍を進駐させることを発表。

>

北朝鮮、連絡事務所「爆破」に出た本当の理由 実利と感情で韓国に仕掛けた正面突破作戦

隨後,韓國統一部證實,朝鮮於當地時間下午2時49分(北京時間1時49分)爆破聯合辦公室。 日本で言えば、ネット上に氾濫している罵詈雑言のような類いの記述もある。 韓国統一省は最近、軍事境界線近くの国民の安全を守るという名目のもとに、ビラ送付の規制を含む新しい法律の制定にも乗り出している。 もちろん、当局は携帯を厳重に監視している。 これらの措置は、かねて韓国で脱北者団体が対北宣伝ビラを飛ばしていたことに対する報復として、以前から予告していたものだ。 【ソウル=名村隆寛】韓国統一省は16日、北朝鮮が同日午後2時49分ごろ、南北軍事境界線に近い北朝鮮の開城(ケソン)工業団地内にある南北共同連絡事務所を爆破したと発表した。

>

北朝鮮の「爆破」で韓国がいよいよ正念場を迎えるワケ 国際社会で立場を表明できない

米韓両軍は北朝鮮軍の動向を綿密に監視し、即応態勢をとっている。 南から北に風が吹く春から夏にかけ、照準射撃を受けにくい夜間を中心に、北朝鮮にビラを送り続けた。 そこには、韓国政府と文在寅大統領を非難する激烈な文言が並んだ。 今から11月までの間に、北朝鮮は、トランプ氏から譲歩を引き出すために、できるだけ武力で威嚇したいのです」 とイェール・グローバルのアナリスト、シン・ジャエフーン氏は米ニュースサイト「デイリービースト」でコメントしている。 據軍方消息人士表示,16日下午在開城工業區一帶觀測到爆炸巨響及煙霧,目前已經看不見該棟建築,推測朝鮮炸毀聯合辦公室,但消息有待確認。 韓國政府回應朝鮮政府的措施 [ ] 韓國政府獲悉朝方的不滿後,發言人呂尚基在6月4日的例行記者會上表示,散佈反朝傳單的行為威脅邊境地區居民的人身和財產安全,政府正在就此研究有效方案,並呼籲民眾勿在邊境散佈反朝傳單。 南北の当局者が常駐して意思疎通するため、2018年に開設された連絡事務所は、韓国の文在寅(ムンジェイン)政権の南北融和政策の最大の成果の一つだった。

>

北、南北連絡事務所を爆破…朝鮮中央通信「完全に破壊させる措置を実行した」 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

つまり、北朝鮮は爆破することで、韓国にプレッシャーを与えたのだという見方がされている。 韓国の態度に業を煮やした北朝鮮は、2014年には気球めがけて発砲したこともある。 しかし、北朝鮮の行動は基本的に中長期的な戦略に沿って立案され、その予定に従って実行に移すのが北朝鮮のやり方だ。 北朝鮮が、南北軍事境界線沿いの北朝鮮・開城にある南北共同連絡事務所を爆破した。 朝鮮半島筋によると、4階建ての建物の3、4階は失われ、1、2階は鉄骨だけが残っているという。 爆破により、今も権力を握っていることをアピールしたかったのではないかという見方もされている。 計画されていた北朝鮮の行動 北朝鮮にとって今回のビラ散布は、韓国に対する強硬措置に出るよい口実になったのだろう。

>

北朝鮮が弱腰・韓国にやたらと強気な理由。南北連絡事務所を爆破、非武装地帯に部隊配備へ

金正恩氏も金与正氏もスイスに留学するなど、外国経験が豊富だ。 両会議の性格は異なり、発表された内容に具体的な言及はないが、韓国に対する正面突破戦の中身もここで議論されたのではないか。 ただ、こうした韓国政府・軍による心理戦は、時の政権の政策によってしばしば中断した。 だが、南北関係筋によれば、携帯電話の流通に慎重だった父、金正日総書記を説き伏せたのは、金与正氏だったという。 韓国はその間、宣伝ビラの規制強化方針を打ち出すなど、何とか北朝鮮の機嫌を損ねないようふるまってきたが、北朝鮮がそんな文在寅政権からのラブコールを無慈悲に「切った」かたちだ。 今回、北朝鮮はなぜこのような強硬な措置に出たのか。 北朝鮮が実際に何をやるかはいつも国際社会の状況に左右され、現時点では判然としないが、核やICBMの実験を再開する日に備え、自己正当化のための口実づくりを着々と進めていく可能性が高い。

>