貫 鉄 四 字 熟語。 ~はじめの四文字熟語辞典~

「金 城 鉄 壁 必 赤」漢字を含む四字熟語

この世に生を受けているすべてのもの。 - 一字千金 いちじせんきん 価値の高い文章。 一年を三六五日四分の一、十九年を章として七閏月を置き、四章を蔀とし、二十蔀を紀、三紀を元といった。 元気が元のままで少しもくじけないさま。 - 一宿一飯 いっしゅくいっぱん 一夜の宿と1回の食事を与えられること。 秋波は秋の澄んだ水の波から、美人の涼しげな目もとを指し、転じて人にこびる目つき、流し目の意となった。

>

「貫」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ

綺羅星 きらぼし 空にきらきらと輝く星。 道徳に背く残酷な行為。 一騎当千の用例 一騎当千の彼が加入したことで、チームは絶対的な強さとなり連覇を果たした。 人の嫌うことを好んでし、嫌がらせで喜ぶこと。 (「阿付迎合」「付和雷同」と同意) - 雨栗日和 あまぐりひがき 雨天続きの年は栗の実りがよく、天気の好い年は柿が豊作であるという関西方面での言い伝え。 - 一蓮托生 いちれんたくしょう 結果や物事の善悪に関係なく、行動や運命を共にすること。

>

三字熟語

通りがかりに立ち寄って世話になること。 - 一治一乱 いちじいちらん ある時は乱れ 戦乱)ある時は治まる、戦国時代の様相をいう。 また優れている者 天下無敵の用例 彼が繰り出す上段回し蹴りは天下無敵です。 いっせつたしょう。 一別=前に一度別れること。 絵空事 えそらごと 現実からかけはなれたでたらめ。 「通徹」は「貫徹」の同義語ですが、「脈絡」は物事の筋道のことを指しています。

>

「貫」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ

「いきじ」が転じた。 家族や関係者の全員。 始めから終わりまで。 青海原 あおうなばら 青々として広い海。 これだ!と思うものはありましたか? 当サイトでは他にも心にグッとくる名言や座右の銘をたくさん紹介しています。 「徹頭徹尾」も同様に、頭から尾まで同じ態度や方針に徹していることを指す言葉です。 - 渭樹江雲 いじゅこううん 遠方の友を思う情の切実なこと。

>

「貫」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ

また、全てが平等であることにいう。 全て、全部という意味。 一日の多くの政務をいう。 父親は初登場の事件の際自殺し、母親も初登場以前に他界している。 「朦朧」は、おぼろげなさま。 相手に気に入られようとしてこびること。

>

「初志貫徹」の意味とは?類語や対義語と使い方の例文を紹介

居心地 いごこち そこにいるときの心持ち。 - 一間一花 いっけんいっか 神社仏閣等の格天井、組入天井等の板に花模様を描くとき一間 ひとま)に一個の花を入れることをいう。 - 以夷制夷 いいせいい 自国の武力を行使しないで外国同士を戦わせ、外敵の圧力が自国に及ばないようにする外交政策。 まとめ 「初志貫徹」の意味と、類語・対義語や使い方の例文を紹介しました。 最後のひとふんばり。

>

「初志貫徹」の意味とは?類語や対義語と使い方の例文を紹介

十八番 おはこ もっとも得意とするもの。 非常に心残りであること。 ふとしたわずかな言行。 技法より作者の主体的なモチーフ、意図を重視した言葉。 「貫」を含む言葉 「一貫(いっかん)」「刳貫く(くりぬく)」「千貫(せんがん)」「吹貫(ふきぬき)」「吹貫け(ふきぬけ)」「射貫く(いぬく)」「尺貫法(しゃくかんほう)」「尺貫法(しゃっかんほう)」「指貫(さしぬき)」「指貫(ゆびぬき)」「樋貫(ひぬき)」「櫓貫(やぐらぬき)」「満貫(まんがん)」「目貫(めぬき)」「看貫(かんかん)」「突貫(とっかん)」「練貫(ねりぬき)」「縦貫(じゅうかん)」「胴貫(どうぬき)」「腰貫(こしぬき)」「菅貫(すがぬき)」「裸一貫(はだかいっかん)」「貫(かん)」「貫(ぬき)」「貫く(つらぬく)」「貫の木(かんぬき)」「貫の木(かんのき)」「貫主(かんしゅ)」「貫主(かんず)」「貫属(かんぞく)」「貫徹(かんてつ)」「貫流(かんりゅう)」「貫目(かんめ)」「貫禄(かんろく)」「貫穿(かんせん)」「貫緡(かんざし)」「貫通(かんつう)」「貫長(かんちょう)」「貫頂(かんちょう)」「貫首(かんしゅ)」「貫首(かんず)」「釘貫(くぎぬき)」. 阿衡とは総理大臣のことで、それを助ける者。

>