ベラルーシ 大統領 選挙。 ベラルーシにおける大統領選挙について(外務報道官談話)|外務省

「主婦」が「欧州最後の独裁者」を追い詰める ベラルーシ大統領選の行方:朝日新聞GLOBE+

週に2~3度でも、効果がある。 夫であるブロガーのセルゲイ・チハノフスキーが大統領選出馬を試みたところ、立候補が当局により受理されなかったため、代わりに妻が立候補することとなったのです。 ストライキを行う国営企業の経営側にも圧力をかけ続け、ある国営企業ではストライキに参加した従業員の入館証を奪い取って出勤できないようにしたうえで、その後任にOBの従業員を呼び戻すという措置にまで出ています。 現地メディアによると、他の都市でもデモ隊と警察の衝突が起きているという。 経歴 [ ] 1954年8月30日当時のの州オルシャンスク地区(コプイシ)村で生まれたとされるが、生い立ちには不明な点もある。 ヨーロッパのサッカーは国内大会も国際大会も3月に相次いで休止してしまったわけですが、そうした中でベラルーシでは3月後半に新シーズンが開幕し(ヨーロッパの主流とは異なり春秋制をとっている)、今のところ平常通り大会が続けられているのです。

>

ベラルーシ選挙「自由でも公正でもない」 EU、制裁の構え 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News

米国は,同年5月より制裁の停止期間を定期的に延長。 しかし、現実にはこの国でもコロナ感染は急激な広がりを見せています。 でのロシアの旧ソ連諸国との軍事的な対立や、ベラルーシのロシアへの併合への圧力をかけるためのの値上げなどの諸政策を受け、再度欧米への接近を図っているとも伝えられるが、およびロシアとはバランスを保った関係を維持し、自らの権力を維持しようとしているという見方もある。 同氏の選挙陣営が11日に明らかにした。 これにより、ベラルーシ経済はロシアに掌握された格好となった。 「」の回で報告したとおり、辺境からも造反の動きが生じています。

>

ベラルーシ基礎データ|外務省

自らについて「普通の女性、母そして妻」と表現するチハノフスカヤ氏だが、集会では変化を呼び掛け、支持者らを鼓舞する。 ずさんな新型コロナウイルス対応で人気が急落したルカシェンコ氏の危機感が中央選管の決定に反映されたとみられる。 ミンスク市と仙台市は姉妹都市関係。 筆者の見立てを述べれば、ロシアのプーチン政権には、現時点でルカシェンコ政権を揺さぶろうという意図はないと思います。 ロシアにおける政権への不服従の風潮が、ベラルーシにも伝染している面は、間違いなくあるでしょう。

>

ベラルーシ選挙「自由でも公正でもない」 EU、制裁の構え 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News

先の国民投票で露わになったとおり、ロシア国民がプーチン政権を見る目は厳しくなっています。 ロシアはそんな「兄弟国」の情勢を、世界のどの国よりも注視しています。 ベラルーシでは、社会主義時代を彷彿とさせる五ヵ年計画すら、いまだに策定されています。 ちなみに、かつてベラルーシではベラルーシ人女性の・海外が問題になった。 「国を売らない」と公言していたルカシェンコであったが、ベラルーシ国内の反政府運動の激化と、ロシアとの対立で国家財政の重要な収入源である天然ガスの国内通過料が得られなくなる可能性が出てきたため、2011年12月、構想への参加を表明(後にに加盟)。

>

ベラルーシ大統領選、反体制派候補の主婦 支持拡大

市民の抗議活動は、9日の投票締め切り後にも発生。 こうしたチハノフスカヤ氏の動きに一部の有権者は冷ややかな視線を送るが、その一方で彼女の存在を歴史的英雄になぞらえる声も聞こえてくる。 抗議集会は10日にも継続した。 しかし、現実にはチハノフスカヤ候補は、強力な求心力を発揮しています。 ウクライナ危機に対しては,和平交渉の場として首都ミンスクを提供している。

>

ベラルーシ大統領選 現職大統領が6選|2020年の最新の時事問題解説

ルカシェンコ氏の対抗馬だったチハノフスカヤ氏も、当局の圧力を受けた末、安全のため子ども2人を避難させていた隣国リトアニアに11日、自らも出国。 このように、最初は確かに民意を背景に成立したルカシェンコ政権でしたが、すぐに強権的な体質を露呈し、国際社会から問題視されるようになります。 ここのプレーヤーたちは、今季が開幕してからずっと、選手入場の際に「We Are Playing Praying for the World」とデザインされたTシャツを身に着けています。 なるほど、そのような役回りなら、政治の色が付いていない「素人の主婦」の方が、意外と適しているのかもしれません。 この国で、1994年の大統領就任以来、四半世紀にわたる長期政権を築いているのが、「欧州最後の独裁者」ことアレクサンドル・ルカシェンコ氏です。 たとえそれが感染拡大のリスクを高めたとしても。 9日夜以来、抗議デモに対し、治安部隊が暴力的に鎮圧を繰り返しました。

>