フォード エスコート rs。 フォード エスコート RS レプリカ 1600|ニュージーランドクラシック

フォードエスコートRSコスワース(1992

RS200のカタログと資料は、いずれとりあげたいと考えています。 ヨーロッパフォードが世界ラリー選手権(WRC)のホモロゲーション取得のために少量生産した、WRCで勝つための特別なエスコート。 206• これにコスワースが開発したDOHC4バルブヘッドとギャレット製大径ターボとの組み合わせによって、最高出力227馬力、最大トルク30. スポーティ版のXR3は当時人気が高かったVWゴルフGTIの対抗馬として登場、当初はエンジンも5段ギアボックスも持たなかったが、派手なスポイラーを持ち目立つ外観であったため、ボーイズ・レーサーとして人気を博した。 ボディーカラーは白、黒、赤の他、メタリック系の紺、緑、灰の6タイプで、スタンダードはホワイトのみの設定であった。 ・ヒューズBOXのフタにダメージがあります。 だからオフシーズンテストとかってことじゃなくて、なんちゃってレースカーでした、と。

>

フォード エスコート (マーク2 1975

また、(背後にあるすべての車が来ていないとき)ABSが動作することを確認してください。 ラリー運営を任されたデイビッド・サットンカーズは、ドライバーにアリ・バタネンを迎えて臨んだ。 149• 」っとまぁ無茶苦茶言った欧州フォードのお陰で新規定改造処置を受けて出場。 Reickertの名前からコードネーム"エリカ"として開発され、にデビューした。 構造から変更してしまう大幅な改造により、ベースの数倍の値が張るようになったやんちゃ坊主は、フォードがラリーホロモゲ獲得用として最上級グレードに設定したにも関わらず バカウケ。

>

[フォード・エスコートRSコスワース]個人売買情報

それでいて、あくまでもストリートメインで普通に走れる仕様として製作した世界でも数台しかない貴重な個体だ。 これ以降の欧州版エスコートはいずれも正式輸入されていない。 81年、この年のマニュファクチャラーズ選手権はタルボ(サンビームロータス)vs日産(バイオレット)で終始し、フォードには厳しい一年となった。 要はオートアートが細かく考証せずに実車があるからってことで、まんま商品化したってことだね。 ターボチャージャーを小型化し、ECUもウェーバー・マレリ製からフォードEEC製にしたことで 扱いやすさを大幅に向上させた。

>

1/43 フォード エスコート II RS 1800 ラリー【400758400】

Aのエスコートラリーカーとほぼ同じスペックでありながら、ファーストカーとして普段乗りができるというこの贅沢さが理解できる方だけにお譲りしたい。 ちなみに下の2カットはMk. また、この取り柄のない冴えない見た目は、今でこそファンが多いものの当初は販売を苦しませる種にもなっておりました。 2のWRCファーストウインを記録したマシン 1975年フォード・エスコートは、第2世代目の新型エスコートRS 1800 Mk. なおこの代になってエスコートにも、、集中ドアロック、等が広く装備可能になった。 ワンオフ開発された究極のマシンで熾烈なハイパワー競争が展開されたFIAグループBに代わり、性能の抑制と安全性向上を狙った市販車ベースのグループA車両がWRCにてトップカテゴリとして争われることとなった1987年、ランチア、トヨタ、アウディ、マツダ等がひしめき合いながらバトルを繰り広げていた。 A用 オイルクーラー ー マウント・ブッシュ サス: powerflex エンジン:powerflex デフ:powerflex ミッション:powerflex メンバ-・ロッド ー ドライブシャフト Gr. かつてのGT-Rもこの範疇のクルマでした。

>

[フォード・エスコートRSコスワース]個人売買情報

限定車として規定台数でしか作らないと言っていたにも関わらず、あまりの人気っぷりに再生産されるほど愛されました。 これにコスワースが開発したDOHC4バルブヘッド ギャレット製大口径ターボとの組み合わせによって、最高出力227馬力、最大トルク30. 普通の外観に強力なエンジン 最近、テレビでも連続ドラマ化された『中年スーパーマン佐江内氏』や、そもそものスーパーマンなど、普段はごく普通の人が実は凄い、というのに憧れを感じます。 ルーフから伸びるウイングが特徴的なリヤビュー フォード・エスコートRSコスワース Ford Escort RS Cosworth は、がベースで開発した。 どちらも点火は、長期的、特にコイル非常に信頼性がありません。 運良く本車両を見つけた方は、一刻も早く決断をすることを強く推奨する。

>

フォード エスコート RS レプリカ 1600|ニュージーランドクラシック

クルマの世界でいえば羊の皮を着た狼。 それでもバタネンはアクロポリス、ブラジル、1000湖で優勝しドライバーズチャンピオンを獲得。 また二段リアスポイラーはオプション。 初回はロータス・エラン、そして第2回がコルチナ・ロータスでした。 年 イベント名 ドライバー コ・ドライバー 1975 RACラリー T. 275• ) ・ご注文商品がメーカー在庫切れの場合、やむなくキャンセルを頂く場合がございますので予めご了承ください。 商品詳細• あぁ、9年経って判明したこの事実。 市販車としても希少な車種に加え、グループAスペックの装備となれば、ラリーファンならずとも、見過ごす事の出来ない興味を強くそそられる1台となろう。

>

未完の大器~三枚翼の実力は~(フォード エスコートRSコスワース)

しかし、英国の自動車ジャーナリズムによって、前輪にポジティブキャンバー、後輪にネガティブキャンバーを与えられたMK3のサスペンション設計が不整路面での荒い乗り心地と不安定な操縦性を招くと評されるようになり、にはサスペンション設計の手直しが行われた。 N用(アルミ製) エンジンヘッドカバー(カーボン製) タイミングベルトカバー(カーボン製) ターボカバー(カーボン製) メーターカバー(カーボン製) 車内全景 ストリート仕様だけあって、車内はロールケージもなく、一見すると普通の眺めではあるが、運転席に座れば、スタックメーターやドグミッションなど、Gr. サスペンションは堅牢ですが、摩耗が特にダンパーでは、このような車の中で正常です。 しかし、身体の一部には、エクステリアとインテリア、通常のエスコートを利用することができます。 さらに若干のモディファイとフルメンテナンスが施され、今日まで屋内ガレージで大事に扱われてきた。 フォード・エスコートRSコスワースは、ラリーを戦う上で命題となっていた要素を全てクリアした、まさに「WRCで勝つ為」に誕生した車です。 エンジンはブライアン・ハートチューンのF2レース用BDAエンジンを搭載。

>