ラフロイグ 種類。 ラフロイグの種類や味わい・おすすめの飲み方などを徹底解説

正露丸?と比喩されるウイスキー「ラフロイグ」に挑戦してみた! 初心者におすすめの飲み方はハイボール!

アレクサンダーの姉妹キャサリンとイザベラ Catherine and Isabella が相続。 少しハーバル。 ラフロイグ ANCUNMOR(アンカンモア) 免税店向け。 しかしこの「クセ」の虜となってしまうウイスキーラヴァー達は数知れず…。 しかし、二回三回と味わっていくうち、気づけばアイラウイスキーの持つ 強烈な個性の虜になってしまう・・・不思議な魅力を備えたウイスキーの産地でもあるのです。 ラフロイグの18年以上の熟成のモルトを数種類ヴァッティングして作られたウイスキーです。 サルタナレーズンと嫌味のないシェリー。

>

ラフロイグの飲み方と味をレビュー!!正露丸のような風味のアイラウイスキー代表銘柄

アイラ島自体は「ヘブリディーズ諸島の女王」と呼ばれています スコッチ初の女性所長 1954年、ベッシー・ウィリアムソンがスコッチウイスキー史上初の女性の蒸溜所長となりました。 ゆるくシェリーの香り。 ラフロイグ蒸溜所は島の南部、ポートエレン蒸溜所とアードベッグ蒸溜所に挟まれた場所に位置します。 それでも食事と合わせられるような軽いウィスキーのハイボールとは異なりラフロイグの複雑な重厚感は残るので、一つの「炭酸水割りカクテル」として楽しむのがおすすめです。 乾燥が終わると、発酵・蒸溜を経てスピリッツとなり、バーボン樽に詰められて熟成します。 多くのウイスキー好きが病みつきになるバランスのとれた名作。 ラフロイグ セレクトカスク ペドロヒメネスのシェリー樽とヨーロピアンオークを使用したシェリー樽、そしてバーボン樽の3タイプの樽で熟成させたモルト原酒をヴァッティングした後、さらにアメリカンオークの新樽で熟成させた複雑な味を纏うボトル。

>

クセが半端じゃないラフロイグ10年、18年のオススメの飲み方と特徴と歴史をレビュー

甘さと芳ばしさ同居するなんとも心地の良いフレーバーです。 ラフロイグのピートスモークの中に干しブドウのような甘い香りが漂います。 1994年 オーナー:Allied Domecq チャールズ皇太子によりロイヤルワラント認定。 創業者となるジョンストン兄弟らが1810年にアイラ島のラフロイグ地域へ移住、家畜と並行してウイスキー製造をはじめたのがきっかけです。 そんなラフロイグは、現在サントリーがオーナーとなって経営権を握っています。

>

ラフロイグの商品一覧

ベッシーは、なんとスコッチウイスキー史上初の女性の蒸溜所所長になり、また、現在のラフロイグの製造プロセスを確立させました。 大まかに分類すると、そのまま飲むストレート、氷を入れるロック(オンザロック)、水割り、ソーダ割り(ハイボール)など。 アイラ島では、実に124年ぶりになります。 1972年 ベシー・ウィリアムソンが支配人を引退。 作られているのはスコットランドの北西部に浮かぶ小さな島 アイラ。

>

ラフロイグ蒸留所|名前の由来、樽、種類、その味の秘密に迫る!【世界No.1のアイラ】|ウイスキーモンスター!

アイリーク カスクストレングス 58度• 「ラフロイグ ロア」 2016年から数量限定で発売されているのが、希少価値も高い「 ラフロイグ ロア」。 その後ジョンストン兄弟の子孫が蒸溜所の経営を引き継ぎますが、1887年にハンター家が経営権を買収。 このように、チャールズ皇太子が味わい、品質が認められた証として ラフロイグのラベルには、チャールズ皇太子の紋章が描かれています。 つまりクオーターカスクのオロロソフィニッシュです。 通常の樽より小さい樽で熟成することで、樽とウイスキー原酒の接地面積が増えて熟成が早まる効果があります。 ぜひ、試してみてください。 次に18時間、ピートの熱とともに入り江から吹き込む潮風も取り込み、甘みを含んだ燻煙でラフロイグ独自の麦芽をつくりあげていくのです。

>

ラフロイグの味やおすすめの種類/おいしい飲み方/10年・18年・25年・30年・セレクトカスク

「ラフロイグ」の強い主張はシングルモルトウイスキーが 世界的な人気となるほどに人々を魅了してきた。 そしてそれは、決して嫌いではない。 ドナルドには後継者がいなかった為、妹のイザベラ Isabella とその夫アレクサンダー Alexander Johnston が蒸溜所を相続する。 材料である麦芽のスモーキーさを表すフェノール値というものがありますが、ラフロイグにはなんとフェノール値50ppmというスモーキーな麦芽が使用されています。 ずっしりとしたリッチなフルボディは流石の一言でした。

>

ラフロイグ10年が終売?休売?出荷制限?正規品のみ影響とのハナシも

長熟品はストレートで。 はちみつとホワイトペッパーのスパイス。 この2段熟成によって、スモーキさの中に優しい甘みが感じられる仕上がりとなっている。 ラフロイグ好きの方もきっと気に入るはずのラインナップです。 砂糖 少々• スコッチの中でも、ウイスキー好きからは聖地として崇められる アイラ島にある蒸溜所の一つがラフロイグ。 クセが強いためか、ソーダで割っても味が崩れない為ハイボールにしてもオススメです。 ラフロイグ 30年 熟成年数30年以上の原酒をヴァッティングして作られた最高級ボトル。

>