性 教育 の 本。 性教育に役立つ絵本おすすめ6選!幼児や小学生の我が子に読ませたい

性教育絵本『おかあさんとみる性の絵本』が20年以上読み続けられている理由

「性教育を通じて、あなたは奇跡が重なって生まれてきたのだ、ということを伝えると、子どもは『愛情』を受けとり、エネルギーにしていくことができます。 でも自分が子供の頃の親子関係よりも、今の娘との関係はフランクでオープンな感じ。 特に3冊目の『ふたりのはなし』などは、観念的といいますか。 こんにちは、やまママです。 とりあえず買ってみて、先に読んでみました。 記事でもご紹介していますが、特筆すべきは ・性被害とそうでないタッチとの見分け方が、子どもを主体にして説明されている ・被害者、加害者ともに男女の区別をしていない という2点です。 。

>

【性教育】中学生・高校生は見といた方がええ!オススメする一つのドラマ

どこから話しはじめようかと思った時に、子供たちが本好きなことに注目して性教育の絵本や児童書を探すところからはじめました。 絵本の本編が終わってからの、解説の部分が大変に素晴らしいです。 主人公は「海(かい)」という男の子。 たった一度コンドームを着用せずに性行為を行っただけで、将来子どもが産めない身体になってしまう。 「赤ちゃんはどうやって生まれてきたの?」という問いにも、ためらうことなく真っ直ぐに返答。

>

親子で読む/子供に読ませたい!おすすめ性教育絵本・性教育本 ランキング【2019年・総合部門】

こんなに 身近に「性」に対するモノやコトが手に入ってしまうのは、じつはとても怖いこと。 「悪い人に気をつけて! 周りの同世代のママに「性教育ってどうしてる?」と聞くとだいたい3パターンに分かれます。 そして今度の出産でも、娘を加えた家族全員で立ち会うことを考えています。 聞かれてもふわっとちょっとごまかしてる、もしくは聞かれないし説明していない できれば性教育はアウトソーシングしたいよ…というのが本音だったのですが、間違った知識や認識を持ってほしくないし。 余談ですが、「おかあさんとみる性の本」と書かれていて、やや時代を感じます。

>

子どもの性教育、3大メリットとは?【性教育のはじめどきは3歳!その理由 Vol.2】|ウーマンエキサイト(1/3)

親(とくにお母さん)が知らない、男の子の「おちんちん」の不思議をしっかりと教えてくれる、保健室の先生のような1冊です。 間違っても「あの本読んだ?」など聞かず、見守ってほしいと安達さん。 話は自分の生い立ちからはじまり、両親がどのように愛し合ったかを描く場面が挟まれ、終盤で父親が亡くなった今、「ぼくはぼくとしてうまれたことがいちばんうれしい」と自覚して終わります。 ちなみに我が家で読んでみたところ、「どうして裸なの?」みたいなことを言うだけで「パパとママが仲良しだからだよ」くらいで納得してもらえました。 ですが、そのような態度はやってはいけないことのようです。 ちなみに、のじまさんの話によると、ユネスコが2009年に発表した「国際セクシュアリティ教育ガイダンス」では「性教育の開始年齢」が設定されており、なんと 5歳だといいます。

>

絵本で性教育。5歳息子と2歳娘に読んでみた。恥ずかしがるのは親だけよ。

また近々本の感想を記事にする予定です。 その後民間企業でのマーケティング職を経て、2013年にNPO法人ピルコンを設立。 本の末尾には、性的虐待について著者による解説があります。 さらにこのシーン、裸のママのお腹にはすでに赤ちゃんがいるので、赤ちゃんを作ろうとしているシーンではないみたいです。 今回、3番目の出産が近づいてきたこともあり、いい機会なので、5歳の息子と2歳の娘に読み聞かせてみました。 これを渡す機会を狙っていました。

>

書店員ママが性教育にオススメする絵本7選+α

ママたちも一度はヒヤッとした経験があるのではないでしょうか?」と、のじまさんは警鐘を鳴らします。 『ぼくのはなし』『ふたりのはなし』とシリーズ化されているので、そちらも読んでみてください。 お母さんにとっては息子って特別な存在なんですよ。 例えば、『どうしてお母さんは立っておしっこしないの?』とか『赤ちゃんはどこから生まれてくるの?』とか、そんな質問を受けたときにはしっかりと答えてあげましょう」 ちなみに、今学校では月経や赤ちゃんの誕生などを学ぶ機会はありますが、それ以外のことは教えられないのが現状です。 そのことから身を守るには、きちんと性について 知ることが親子で必要だと考え、興味のある方同士でセッションを始めたのですが、この中でよく話題に上るのがいつ自分の子どもが 加害者に、 被害者になるかわからないという不安についてです。

>

性教育に役立つ絵本おすすめ6選!幼児や小学生の我が子に読ませたい

そういうかたにお勧めなのが、性について扱った絵本を読み聞かせるという方法です。 理由は簡単です。 筆者が活動しているの様子。 もうひとつのメリットは、自分の性や体に対して肯定的に捉えられるようになって自己肯定感の高い人間に育つこと、です。 性教育とは、「いのち・からだ・健康」の学問でだから。 テーマは、「おちんちんの大きさ・形」「勃起」「自慰」「包茎」「セックス」「エイズ」という内容から、おちんちんの洗い方や、異性への関心など日常生活での疑問まで。 女の子だって加害者になるのに、加害者は男性としてばかりの想定しかなかったら、 女の子は自分の加害に気づけないかもしれません。

>

書店員ママが性教育にオススメする絵本7選+α

これだったら渡してもいいかな、と思った本です。 イラスト:おぐらなおみ 「それだけではありません。 本で渡すのがいいかも ほんとはきちんと自分の口で説明してあげればいいんですがどこから説明すればいいのか…、うまく言える自信もなく。 私たちは今、インターネットを通して、あらゆる情報に常に囲まれ、監視し、されながら日常を過ごしています。 具体的には、「口、胸、性器、おしり」の4つがプライベートパーツに当たります。 性感染症の危険性 中高生のカップルがパートナーとそういった行為をするの仕方が無いでしょう。

>