アンドリュー ウェザオール。 アンドリュー・ウェザオールとは

偉大なる賢人アンドリュー・ウェザオールが逝去…享年56歳

あらゆるジャンルをカバーし、音楽の酸いも甘いも熟知した広い知見と愛が生み出すDJプレイは世界中を魅了。 — Warp Records WarpRecords Everyone at Defected is shocked and saddened at the passing of Andrew Weatherall. 作る前段階の、リスナーとして聴いたときの「好きな音楽の感じ」に。 絵だろうが、書物だろうが、全てがインスピレーションの小さなかけらとなって、自分の作品を作るきっかけになっている。 僕の場合、ヴォーカルをのせてみてうまくいかなかったら、インストのままにするし、逆もしかりだ。 アンドリュー・ウェザオールには、神韻たる雰囲気が漂う。 「このひどいニュースを聞いて完全に取り乱している。 トラック自体はすごくダークでヘヴィなものなんだけど、スタジオワークはとても楽しい雰囲気で進められた。

>

アンドリュー・ウェザオール死去

19995年の The Sabres Of Paradise名義の3rdアルバム。 so sad to hear of his passing RIP— Gilles Peterson gillespeterson A true inspiration and hero. DJ時代には当時まだクラブ・シーンに登場したばかりのアシッド・ハウスの隆盛を後押しした先駆者だった。 彼の名は今後も、扉を開き、壁を壊すことで若者たちの脳をダンス・ミュージックの幅広い可能性へと目覚めさせた啓蒙的人物として記憶され続けることになるだろう。 日本で言うとNHKや朝日新聞に該当するようなメディアが、最敬礼の姿勢で追悼の意を表した。 個性的になろうと頑張っても成功しないよ。

>

アンドリュー・ウェザオールとは

プロデュース以外ではビョーク、ニュー・オーダー、ハッピー・マンデーズ、マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、バナナラマ、セイント・エティエンヌ、ジェイムス 他多数のアーティスト、バンドの楽曲のリミックスをしている。 クラブで聴いたインストのサウンドが人の心に残り、10年経ってもかつての情景を呼び戻してくれるなんてことは全然あり得ることだろ。 昨夏、表参道VENTの3周年アニヴァーサリーに出演し、見事なプレイを披露したアンドリュー・ウェザオール。 オリジナルのモノなんてもう何も残っていない。 実はこのふたりは今はなき音楽雑誌『remix』誌上において、8年前に対談をおこなっており、今回はそれ以来となるひさびさの顔合わせ。 通常は120BPMくらいが平均だと思うけど、僕の場合は90BPMくらいの曲もあれば、130BPMの曲もある。 多くの音楽ファンに愛される野外フェスティバル『Rainbow Disco Club』のヘッドライナーにアナウンスされた。

>

アンドリュー・ウェザオール_怪しくダブっぽいミックスが稀有なトラックメイカー|chishu_ryu|note

シングル・カットされたSoonのB面にはなぜか収録されておらず、自分は散々探し回って中古盤で『 Keeping The Faith』というコンピレーションアルバムに収録されているのをやっとの思いで見つけた。 「非常に残念ながら、著名なDJにしてミュージシャンのアンドリュー・ウェザオールが2020年2月17日の早朝にロンドンのウィップス・クロス病院で亡くなったことをお伝えします」と遺族からの声明では述べられている。 そしてと契約し、として活動を始めたウェザオールは、その後流行する事になるムーブメントを先取りした作品をリリース。 90年代初頭のウェザオールを語るうえで、プライマル・スクリームの91年作『Screamadelica』への貢献は欠かせない。 音楽も本もアートもまだまだ知らなくてはいけないものが多すぎて、自分の人生に残された時間では、そのすべてに触れることができないのが悔しいのだとか。

>

Andrew Weatherall (アンドリュー・ウェザオール)|プロフィール|HMV&BOOKS online

とくにあなたが、以下のどれかに該当する人だったら……。 病院で治療を受けていましたが、不幸なことに血餅が心臓に達してしまったのです。 私にとってそれが最大のインスピレーションなんだ」というダニエル・エイヴリーの最新DJセットを再びVENTのフロアで直に体験してほしい。 ここにバースがきて、ここにコーラスがきて、っていうのを完全に忘れて、「自分自身の曲を作る」必要があると思う。 私は優れたミュージシャンだというわけでもないが、子供の頃から35年間吸収してきた音楽をまとめて発表したいだけなんだ。

>

偉大なる賢人アンドリュー・ウェザオールが逝去…享年56歳

つまりクラブ音楽、とくにヒップホップ周辺では常道だった発想と手法を、なんと彼は、ごく普通のインディー・バンドだったプライマル・スクリームのアルバムで 思いっ切り実践してしまう。 一方でDJはテンポ、リズム、小節数といった視点から逃れられないというか、常にそうした制約の中で制作をおこなっていると思うんだ。 現在、相棒キース・テニスウッドと共にトゥー・ローン・スウォーズメンを開始し、そして自身が主宰するロッターズ・ゴルフ・クラブから作品をリリースしている。 Photo: John Barrett アンドリュー・ウェザオールの遺族は彼の死を受けて多くの声が寄せられていることに感謝の意を表明している。 A: うん、たしかにそうした側面もあるだろうね。

>