篤志 家 読み方。 「篤志:とくし」(篤が入る熟語)読み

「篤志家」の意味とは?ボランティアとの違いと類語・英語も解説

「篤志家」を使った英語例文• 「篤志家」の「篤」の漢字に使い解釈• 人への思いやりを忘れず、損得勘定抜きで社会や弱者に貢献する、人々の尊敬を集める人物を指す言葉です。 There was so many benefators gathering together and sent essential iteam off to 3rd countries. 自然災害が残した傷跡は深い。 その他 [ ]• 自分は二の次で、常に他人を助けようとする志が先に出ているところが特徴でしょう。 人には人情というものがありますが、このような姿勢も持っている人は、周囲の人々から尊敬されたり、好意を持って迎えられますね。 「篤」を使った単語には、 「篤実」、 「篤厚」、 「篤行」、 「篤志」、 「篤信」、 「篤学」など色々なものがありますが、いずれにしても、 「篤」の意味合いが色濃く出ていることは言う間でもありません。 時代遅れでダサいファッションをあえて好む彼は、好事家意外の何者でもない。 ( 、1948年 - 2007年) - 実業家• 彼女は 篤志家と呼ぶのにふさわしい人物だ。

>

「篤志:とくし」(篤が入る熟語)読み

このように意味を解説しても、「篤志(とくし)」という言葉の意味を知らないので結局分からないという人は多いと思われます。 しかし、自分の幼かった頃に経済的に苦労をされてきた人達の中には、大人になってから大きく2つのタイプの人間になるような気がします。 自称好事家の兄は風変りな趣味を誇りに思っている。 彼は山岳地帯の農家を支える篤志家としても知られる。 この漢字には、 「真心がこもって念入りである」や 「手厚い」といった意味があります。 「篤志家」の意味とは? 「篤志家」の意味は「慈善事業や奉仕活動に熱心な人」 「篤志家」とは「慈善事業や奉仕活動などを熱心に行う人」のことを意味します。 または、特定の活動や事業のために、長い年月をかけて労力や資金を支援するようなこと。

>

「篤志家(とくしか)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

しかし、もう1つには、苦労しただけあって、他人にも愛の手を指しのべることができる人です。 この時に浮かんでくる言葉が 「篤志家」でしょう。 フィランソロピーは現在の需要と将来の需要の両方に応えるものといえる。 「その心、その行動」ということを指しています。 「好事家」の意味と読み方・語源とは? 「好事家」の意味は「風流好きな人」「もの好きな人」 「好事家」の意味は「風流好きな人」「物好きな人」となります。 私は金銭的に恵まれた環境で育ったわけではないが、篤志家の支援によって海外へ留学することが実現できた。

>

「篤志家」の意味・類語・対義語【使い方や例文】

日本では個人による支援の側面より、の社会的貢献(企業自体の貢献、企業社員による貢献、および企業が一般市民の貢献の媒介となる活動)をさして使われることでこの言葉が広まった。 まさに篤志家と呼べる人でしょう。 一方で、重みのある様子から派生した解釈もありますが、 「ある1点に重点がある」という理解から 「もっぱらである」、 「熱心である」という意味も出てきています。 ( 、1930年 - ) - 投資家• 「篤志家」の語源 篤志家の語源を知るためには、まず「篤 あつ い」という言葉の意味や成り立ちを知る必要があります。 「博愛主義者」の人は、とても穏やかな性格の人が多く、相手を思いやり大切にする気持ちが強い人です。 フィランソロピーに対する反応 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。

>

フィランソロピー

アイドルの追っかけは子供を持つ私でも続けるつもりだ。 kanji to hiragana and hiragana to romaji. 医療系のヘリコプターを増やすため、多くの篤志家が募り、今年その夢を果たすことができた。 意味は「人情にあつい。 ワインのコルクを集めて20年。 従来日本語では「 慈善活動」「 」「 人類愛」などとも呼んできた。 、、等々)を改善したり高めることを目的とした、的活動や的活動、等々を指しており、またそうしたことを目的とした組織も指している。 そして、「篤志を持っている人」を意味する「篤志家」が誕生しました。

>

「篤志:とくし」(篤が入る熟語)読み

上記の例文のように、「篤志家」は「呼ぶ」「なる」などの動詞とともに使われます。 フィランソロピーには慈愛からのものと憐れみからのものとがあり、いずれも結果的には有効であるものの、後者はともすれば上から下を見下ろすような視線があり、前者における「他人に対する自分の想い」が自分のためになるという貢献心の力が発揮されないとする見方も存在する。 「篤志家」という言葉を使う場面は、日常生活はおろか、ビジネスの世界でもあまりないのではないでしょうか? 「篤志」とは「他人への思いやりなど、志があついこと」という意味です。 「篤」という漢字は音読みが「とく」、訓読みは「あつ・い」です。 「竹」には「太い、丸い」というような意味やニュアンスがあり、それが「馬」と合わさって、丸い馬、太っている馬、という意味になりました。

>

「篤志家」の意味とは?ボランティアとの違いと類語・英語も解説

たとえば差し迫った災害に対する慈善的反応は、フィランソロピーの基本的な機能である。 お金持ちは資産家や1代で立身出世を果たした人たちですから世に還元と云う意味もあって書生を抱えるわけです。 多くの国では、チャリティーマッチ活動に寄付した場合が控除される。 誰しもがイライラする時でも、落ち着いて寛容な態度を取ることができます。 そのため、「好事家」を使う時は、相手や相手の物事に対する受け止め方、またものごとへの感覚意識、そして状況などを踏まえることを忘れないようにして下さい。 ( 、1955年 - ) - 共同創業者 脚注 [ ]. 概説 [ ] フィランソロピーとは、基本的に、人々のwell being(心や体が健やかな状態で人生を送れること。

>

「篤志家」の意味・類語・対義語【使い方や例文】

( 、1986年 - ) - を支援し、となった。 また、争いや悲惨な事件も嫌っており、痛ましい事故や事件のニュースをテレビやネットで見ることで、大きく心を痛めてしまうほどです。 ぜひ「こうずか」と正しい読み方をするように気をつけて下さい。 あるいは的な目的を援助するために、、労力、、などをささげる行為のことである。 気になった方は、ぜひ調べてみてください。

>